シリオ2016
2/32

企画開発設計・生産設計店頭生産シリオのこだわり、 日本企画→イタリア設計海外ブランドの靴が優れた製造技術によって作られていても、欧米人向けの幅の細いラスト(木型)で作られているため、なかなか足に合うものは見つかりません。また、日本人向けに幅広のラストを採用していても、ソールは欧米人向けの幅の細い既製品を使用しているので、アッパーとソールの形が合わず、歩きにくい靴になります。シリオは、日本人の足型を研究した専用ラストを用い、足の長さと幅の比率10対4のソールを基準として日本人の足型に合った3つのワイズを企画、開発。これらをもとにイタリアで設計、メイン生産を行っています。イタリアでは、靴作りの技術と伝統が世代を超えて受け継がれています。革のなめし技術、染色技術に優れ、またホックや靴ひもなどの製造技術が発達し、今もなお靴作りの頂上に君臨しています。日本のニーズに応え、イタリアの技術と伝統が靴に命を吹き込む。それが「シリオ」です。2

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 2

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です