シリオ2016
4/32

靴選びのポイント1.ソックスを履くソックスの厚さや素材によってフィット感は大きく異なります。ソックスは、山歩きのときに履くものを使用してください。靴と一緒にソックスを購入することをおすすめします。2.店頭でシリオ専用のワイズゲージを用い、足の幅、長さを確認①必ず両足で乗り、膝を少し曲げて足裏に均等に体重がかかるようにしてください。②かかとをヒールバーに密着し、ゲージバーを動かしてつま先を当てます。③ゲージの中央の窓に足のサイズが表示されます。安全な登山を楽しむには 目的に応じた靴を選ぶ自然を相手にする長時間歩行は靴選びが一番重要となります。舗装路をハードな登山靴で歩くと足が疲れます。高山をローカットのシューズで登ると転倒したり、思わぬけがをしたりと大変危険です。登山靴といっても里山や低山対応の物から、高山や冬山対応の物まで様々な種類があります。標高、季節、荷物の重量など、目的に応じた靴を選ぶことが大切です。ソールスタンスソールスタンスが長い:ソフトフレックスで屈曲性が良く、緩斜面や平坦な道での歩行がリズミカルになり、足に余計な負担をかけません。特別な脚力も必要なく山歩きの入門用として適しています。しかし急斜面や重装備、不整地では足下が不安定になり、適しているとは言えません。ソールスタンスが短い:全体的に靴のフレックスが硬いので、急斜面で地面に対するつま先のホールドがよく、また重装備で足下がぶらつかず、不整地でも非常に安定します。しかしある程度の脚力が必要なうえ、平坦な道を歩くにはフレックスが硬いので足が疲れやすく、適しているとは言えません。※ソールスタンスとは、靴の硬さ (フレックス)を測る目安です。硬い靴ほどソールスタンスは短くなり、柔らかい靴ほど長くなります。※ゲージの表示サイズはあくまでも目安です。詳しくは店頭でお尋ねください。※シリオブーツは、すて寸(約1.3cm)を考慮して製作していますので、ゲージ表示サイズと同じサイズのブーツをお選びください。ゲージで測る4

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 4

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です