登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
7月の北穂高岳登山 北穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ふたちゃん さん
  • 日程

    2017年7月15日(土)~2017年7月16日(日)

  • 利用した登山口

    上高地バスターミナル  

  • パーティ

    4人 (ふたちゃん さん 、ほか3名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:沢渡第三駐車場で仮眠。5:00沢渡バスターミナルよりタクシーにて上高地バスターミナルへ。4200円。帰りも同様。

  • 天候

    初日晴れ。二日目早朝晴れ、9:00よりガス発生。沢渡第三駐車場到着後通り雨。
    [2017年07月15日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(06:10)・・・河童橋(06:15)・・・明神(06:45)・・・徳沢(07:30)[休憩 5分]・・・横尾(08:20)[休憩 15分]・・・本谷橋(09:45)[休憩 15分]・・・涸沢(11:30)

【2日目】
涸沢(03:10)・・・南稜取付(04:40)[休憩 15分]・・・南稜テラス(05:20)[休憩 10分]・・・北穂高岳(06:00)[休憩 30分]・・・南稜テラス(06:50)・・・南稜取付(07:05)[休憩 5分]・・・涸沢(08:20)[休憩 50分]・・・本谷橋(10:10)[休憩 5分]・・・横尾(11:15)[休憩 20分]・・・徳沢(12:10)[休憩 30分]・・・明神(13:15)[休憩 5分]・・・河童橋(13:55)・・・上高地バスターミナル(14:00)

水平移動距離 約35.2km 積算標高差 上り:約2,611m
下り:約2,611m
コースタイム 標準:970分
自己:765分
コースタイム倍率 0.79
出発からついていました。沢渡バスターミナルからタクシー利用したため、予定より早く到着。気をよくして出発できました。1泊目の涸沢ヒュッテでは、4人宿泊のところ3人部屋に押し込まれましたが、交渉の末1名別部屋に宿泊できたおかげで熟睡できました。感謝。おでんセットと生ビールで気を良くして少し飲みすぎました。飲みすぎ注意ですね。
北穂高岳ルートは、よく整備されており道迷いはしません。上り約3時間の山行であるが非常に快適に登れました。雷鳥にも会えました。早朝の出発につき、天気に恵まれたことが幸いしたようです。
朝食に北穂高山荘を利用しましたが、小ぢんまりとした良い宿のようです。早朝のコーヒーを頂きました。格別でした。次回は是非宿泊したいものです。
二日目11時間以上の山行のため、全員疲労困ぱいでした。沢渡大橋そばの日帰り湯で労を労いました。ご苦労さまでした。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、軽アイゼン、ライター、カップ
【その他】 軽アイゼンを持参したが、雪渓でも使用せずなんとか歩行できた。7月のせいか、気温も思ったより低くなく、頂上を除いてTシャツで過ごせるほどであった。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ふたちゃんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ふたちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2017年11月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 誌面をピックアップ!『ワンダーフォーゲル 12月号』
誌面をピックアップ!『ワンダーフォーゲル 12月号』 特集「雪山の基本 ①②③」から、「雪山の歩き方Q&A」、「低山で雪山ハイキング」、「ワンレコ」を公開!
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
「ジップロック」利用についてのアンケート
「ジップロック」利用についてのアンケート 連載「山ジップロック研究所」の終了に終了に伴い、アンケートのお願いです。抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報