登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
ブナの新緑を見たくて三頭山へ 三頭山(関東)
img

記録したユーザー

モーちゃん さん
  • 日程

    2015年5月10日(日)

  • パーティ

    2人 (モーちゃん さん 、妻 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:奥多摩周遊道路「都民の森駐車場」(無料)を目指す。土日祝は大変混雑するので、早めに到着したい。周遊道路は、急カーブが多い。オートバイに注意したい。月曜日は、定休日のため、駐車場は閉鎖。夜間通行禁止。

  • 天候

    晴れ時々曇り
    [2015年05月10日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

都民の森駐車場(8:00)…鞘口峠(8:30~8:35)…見晴らし小屋…三頭山東峰山頂…三頭山西峰山頂(昼食11:15~11:40)…三頭大滝…駐車場(12:10)


水平移動距離 約6.0km 積算標高差 上り:約644m
下り:約646m
 気象情報を収集し、晴天の日を選んで決行した。朝から気温がぐんぐんと上がり、駐車場を出発した8時には17度もあった。
 ブナの新緑は、太陽光線が当たると黄緑色に輝いていた。ブナの生命力を感じた。疲れた時に眺めているだけで飽きなかった。
 都民の森駐車場から入ると、売店前にヤエザクラが咲いていた。ヤエヤマブキもツツジもきれいだった。
 葉が茂り始めていたので、かんかん照りにはならなくて良かった。稜線に上がると、やや涼しい風が吹いていて、気持ちが良かった。
 三頭山西峰山頂からは、富士山が眺められ、登頂した人から自然と「ワー、富士山だ!」との歓声が上がっていた。
 落差30mに及ぶ三頭大滝は、展望できるつり橋からの眺めが、大変良かった。帰路の森林館の100メートルほど手前には、ヤマシャクヤクの群落があり、白い花が咲いていた。今回の山行には、大変満足した。
(参考にしていただきたいこと)
 都民の森駐車場は、無料。水洗トイレと飲食できる売店がある。月曜日は、どちらも定休日。トイレは、他に三頭山西峰から西原峠方面へ5分位下った避難小屋にもある。また、三頭大滝にもあるが、どちらも清掃してあるが、汲み取り式。

登山中の画像
  • 都民の森駐車場とトイレ・売店。8時開門であるが、休日のためか定刻前に入ることができた。すぐ先の奥多摩周遊道路は、ゲートが閉鎖されたまま。ブナの新緑が日光にあたり、まぶしい。
  • ブナの新緑に映える売店前のヤエザクラだ。この時期にも、花見ができて、うれしい。
  • オドリコソウである。駐車場から50m進んだ沢沿い。
  • 森林館へ向かう階段脇には、幹回りが4メートルもありそうなトチノ木が葉を茂らせていた。
  • ヤマツツジがきれいだ。
  • 三頭山西峰から眺めた富士山だ。鞘口峠方面から山頂に着くと、堂々と見えるので、みんな「富士山だ!」と歓声を上げていた。
  • 三頭山西峰から西原峠方面へ下ってすぐ登山道脇に見えた不思議な樹木。幹が一度折れたにもかかわらず、また天に向かって伸びたようだ。くじけない生命力を感じた。
  • ヤマシャクヤクの花だ。場所は、森林館から三頭大滝方面へチップを敷き詰めた道を百メートル位進んだ所。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モーちゃんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    今朝は-5℃まで下り、水が凍りつきました。クマ情報がありました。活発な夕暮れ時には行動しない方が良いです。
    17年11月17日(金)
    東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    谷側は落ち葉を踏み抜く危険性に留意。ストックを突く時も注意を。紅葉は奥多摩湖や御岳渓谷が見頃。日没早く下山は早めに。
    17年11月16日(木)
  • 御岳ビジターセンター ~御岳・大岳山
    御岳ビジターセンター
    御岳渓谷の紅葉が見頃。山の上もまだ彩りがあります。日没早く無理は禁物。早めの下山を。ライトは必携です。
    17年11月16日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モーちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年11月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報