登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
子連れ百名山〜037八ヶ岳(前夜泊) 硫黄岳(2742m)、横岳(2825m)、赤岳(2899m)(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

unchikutareo さん
  • 日程

    2015年8月2日(日)

  • 利用した登山口

    美濃戸  

  • パーティ

    4人 (unchikutareo さん 、ほか3名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:往路:東京→中央道→南諏訪IC→八ヶ岳山荘→美濃戸山荘泊
    復路:美濃戸山荘→八ヶ岳山荘(入浴)→南諏訪IC→中央道→長坂IC→とんかつ二葉(夕食)→長坂IC→中央道→東京

  • 天候

    晴れ!
    [2015年08月02日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

美濃戸(06:28)・・・堰堤広場(07:08)・・・赤岳鉱泉(08:00)・・・赤岩ノ頭(09:38)・・・硫黄岳(10:00)・・・大ダルミ(10:20)・・・横岳(11:43)・・・赤岳天望荘(12:55)・・・赤岳(13:56)・・・行者小屋(15:20)・・・美濃戸(16:57)

水平移動距離 約14.6km 積算標高差 上り:約1,655m
下り:約1,655m
コースタイム 標準:590分
自己:569分
コースタイム倍率 0.96
北沢コース:赤岳鉱泉後、ジョウゴ沢の橋が崩落したところでルートを間違え沢沿いに進む。途中でロストしたことに気づきGPSを頼りに林をショートカットしました。正しい迂回路はどこだったのだろう。
硫黄岳~横岳:横岳手前の鎖場の先が一番、高度感あります。
赤岳直前の急登~文三郎尾根:急なガレ&ザレ場ですので特に下りの人は落石をおこさないように注意しましょう
南沢コース:こちらも少しルートがわかりにくいところあり(江頭2:50の矢印があるあたり)

美濃戸山荘(前泊):泊まると自家用車で美濃戸山荘まで入れる(が、八ヶ岳山荘前の分岐を見落とさないように!道は皇海山皇海橋までの林道が短い感じなので4WDの車が無難)渋滞のため、夕食開始18時直前の到着でしたが、対応良かったです!お風呂にも入れるし、昼飯のちまきが美味しかったな。トイレも綺麗でウォッシュレットです!
赤岳鉱泉、硫黄岳山荘、赤岳展望荘:休憩で利用。トイレ水洗で綺麗、軽食~飲み物まで充実
八ヶ岳山荘:風呂(一人¥500)、女子の風呂(小さい方)は清潔感含めイマイチだったそうです。

八ヶ岳の美濃戸から硫黄岳、横岳、赤岳を縦走しました!
8月後半の奥穂高へ向けた岩場練習。素晴らしい天気で、朝の早いうちはかなり遠方まで見渡せたようです。
やはり、硫黄岳山荘~横岳~赤岳が核心部で、子供達も高度感、鎖&ハシゴには大分慣れたようです。
それにしても、要所要所に素晴らしい山小屋があり、皆さんリピーターになっていくのがわかる山でした。また別の山、別のルート、別の山小屋で楽しんでみたい、と思いました。
中央道の渋滞は行きも帰りもでした。これがなければいいのにな~!

詳しくは
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/#entry522
でどうぞ

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ライター
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

unchikutareoさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    今日、明日と雨が降りますが、週末は好天の予報。雪解けが進みますので、足元に注意
    17年05月25日(木)
    黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    例年より残雪多め。凍結箇所や、雪解けで川になっている場所もあります。軽アイゼンと防水対策が必要
    17年05月23日(火)
  • 硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    夏沢鉱泉から、夏沢峠、箕冠山、赤岩の頭までの各方面は、樹林帯で約50cmの残雪。トレース踏み外すと股までもぐります。
    17年05月19日(金)
    オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    毎朝、野鳥のウソ、ルリビタキ、キクイタダキの囀りが聞こえてきます。オーレン小屋前の雪は融けて地面が見えています。
    17年05月16日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

unchikutareo さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2017年5月29日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 日本の雨に適したレインウェアをテスト
日本の雨に適したレインウェアをテスト 高橋庄太郎さんが気になるアイテムをフィールドテストする連載は、パタゴニアのレイン「クラウド・リッジ」をテスト!!
NEW 山ジップロック研究所 夏の山で食べたい・・・
山ジップロック研究所 夏の山で食べたい・・・ 山に便利なジップロックの使い方。今週は夏の山で冷たい「ぶっ掛けおろしそば」。食材の運び方、調理法にも注目!!
NEW ホグロフス、あの人気シリーズが復活
ホグロフス、あの人気シリーズが復活 雪山から夏山まで、シーズンを通して活躍する万能ソフトシェル「リザードⅡジャケット」。バージョンアップしたホグロフスの人気...
NEW 思わず「軽っ!!!」SWIXの新作をモニターレポート!
思わず「軽っ!!!」SWIXの新作をモニターレポート! 1本あたり167.5gという驚きの軽さ! SWIXが新たに投入する、独自開発のカーボンを採用した「AT101-00 ソニ...
NEW 尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開!
尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開! 尾瀬ってどんなところ? なにがあるの? そんな疑問にお答えします!尾瀬の魅力を紹介するサイト「尾瀬ナビ」!
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック 快適性はそのままに、軽量化を実現! 軽さをコンセプトにした新シリーズ「エアリアル」に「SL35」が登場しました!
サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート!
サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート! 約30gの軽量化を実現! 大人気シューズの新モデル、「XA プロ 3D ゴアテックス」の実力は…!?
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン 全天候型ストレッチレイン「ティフォン50000」シリーズ。高い透湿性、しなやかで肌触りよい生地を採用。詳しくはこちら
グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」
グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」 新開発の背面システムで、軽さと背負い心地を両立させたライトウェイトモデル、その特徴は…!
新緑が美しい季節の高尾山
新緑が美しい季節の高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
山に咲く花の名前、知っていますか?
山に咲く花の名前、知っていますか? 山をさまざまな色に染める花たの名前を、どれだけ知っていますか? 山でよく見る、ぜひ覚えておいて欲しい山の花を紹介
新緑とツツジの季節が始まった奥多摩
新緑とツツジの季節が始まった奥多摩 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目 山岳会に入っていたり、登山専門店で働いたりしている「山センパイ」が、安全に山を楽しむコツをレクチャー!