登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
伊豆 天城山縦走 万三郎山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

shine4153 さん
  • 日程

    2016年5月8日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:修善寺駅から東海バスの河津駅行きで天城峠下車、登山口は停留所のすぐ目の前にある。日曜日なのに乗客は登山者6名のみと寂しい。
    下山後は天城高原ゴルフ場前から天城東急リゾートシャトルバスで伊東駅へ、乗客は登山者2名+1と極めて寂しい。

  • 天候

    晴れのち曇り
    [2016年05月08日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

天城峠バス停(8:58,9:08)・・・重文天城山トンネル(9:18)・・・天城峠(9:33)・・・向峠(10:00)・・・コマドリ歩道入口(10:57)・・・展望台入口(11:19)・・・八丁池(11:40,12:15)・・・白田峠(12:47)・・・戸塚峠(13:12;13:17)・・・ヘビブナ地点(13:49;13:54)・・・小岳(13:58)・・・万三郎岳(14:32,14:47)・・・馬の背(15:34)・・・万二郎岳(15:50,16:05)・・・四辻(16:39)・・・天城縦走登山口(16:54)


水平移動距離 約16.8km 積算標高差 上り:約2,018m
下り:約1,602m
5月連休とはいえ最終日ということで混雑はないだろうという予想で出かけてみましたが、混雑どころか寂しいくらいの少ない人出でした。
今回は縦走ということで登山口へのアクセスは公共交通機関の利用となり、ここのところの膝痛のため最終バスへの不安がありましたが、トラブルもなく無事完走できました。
コースはよく整備されていて迷うようなところもないうえ平坦部も多く、あまり苦労せず山行することができました。
この日は好天に恵まれ、新緑と相まって清々しい山行を楽しむことができましたが、山頂を含めコース全体が樹林帯の中ということもあり雄大な眺望を楽しむことは困難でした。だた、歩行中遭遇するブナやヒメシャラの木々は立派なものが多く、目を楽しませてくれました。

登山中の画像
登山画像
天城峠縦走登山口、バス停の直ぐ脇となる。
登山画像
登り始めると直ぐに苔むした石段が待っていた。
登山画像
重要文化財の天城トンネルと休憩舎の間を登って…
登山画像
暫く進むと天城峠の分岐に到着、八丁池方向の左…
登山画像
ブナやヒメシャラが生い茂っている。
登山画像
樹木の中をなだらかに進んで行くと向峠に到着。
登山画像
コマドリ歩道との分岐に到着。
登山画像
木々の緑が瑞々しく輝いている。
登山画像
八丁池手前の展望台入口に到着。
登山画像
立派な展望台が設えられています。
登山画像
展望台から八丁池を望む、池の向こう側に広場が…
登山画像
八丁池広場に到着、かなり広い。
登山画像
広場から八丁池を望む、新緑と合わせて気持ち良…
登山画像
八丁池から万三郎岳方向へ少し進むと大きなヒメ…
登山画像
なだらかな道を進んで行くとやがて戸塚峠へ。
登山画像
戸塚峠の案内板、万三郎岳まで残り2.3kmと…
登山画像
少し進むとミツバツツジが咲いていた。
登山画像
ヘビブナへの道標、ヘビブナって?
登山画像
これがヘビブナ、不思議な形をしている。
登山画像
小岳山頂、なだらかなブナ林を形成している。
登山画像
ブナ林はこんな感じだ!
登山画像
小岳から下ると最鞍部の片瀬峠。
登山画像
万三郎岳手前、ここにもアセビが。
登山画像
万三郎岳山頂、眺望は期待できない。
登山画像
セルフタイマーで記念撮影。
登山画像
万三郎岳を下るとアセビの花が待っていた。
登山画像
これがアセビのトンネル。
登山画像
馬の背から見た天城高原ゴルフ場と遠笠山。
登山画像
万二郎岳山頂、かなり広い。
登山画像
四辻、もうすぐ縦走も終わりだ。
登山画像
天城山縦走路の終点、ゴルフ場側登山口、バス停…
登山画像
登山口の駐車場、広さにびっくり。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ライター
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

shine4153さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

shine4153 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年11月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報