登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
ロックガーデンから有馬温泉へ 六甲山,ロックガーデン(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

matsup さん

この登山記録の行程

芦屋川駅(8:38)→高座の滝(9:07)→風吹岩(10:10)→雨ヶ峠(11:18)→東おたふく山(12:10)→蛇谷北山(13:30)→石宝殿(13:23)→六甲山最高峰(14:07)→有馬温泉のへり(15:43)→太閤の湯(16:00)→神鉄有馬温泉駅(18:05)


水平移動距離 約14.4km 積算標高差 上り:約1,402m
下り:約1,028m
 2016年11月5日(土)に高校の時の友人たちとロックガーデンから有馬温泉へのルートを歩きました。去年も一度歩いたので,今回は東おたふく山経由で六甲山最高峰までは歩き,そこから有馬温泉に下りました。東おたふく山からは,距離が近そうという理由から蛇谷ルートを登り,蛇谷北山を通過して,石宝殿(いしのほうでん)経由で行きました。あまり深く考えずに行ったら,思ったよりもハードなコースで意外と疲れました。

 出発は阪急・芦屋川駅に午前8時半にしました。近くのコンビニでおにぎりなどを買って,出発しました。芦屋川駅から芦屋川沿いに北上して高座の滝のそばを通りました。そこまではアスファルトの道だったのでみなさん余裕でした。高座の滝から先,ロックガーデンに入りますが,みんなの想定以上に急な斜面が続く急登ルートで,参加者のみんなは「なんでこんなに急なん?」とぼやいていました。いやぁ,申し訳ないっ!岩場を登る場所が何箇所もありましたが,みんなしっかり登ってましたよ。また,絶好の登山日和だったので,登山道は人だらけでした。我々のチームはゆっくりだったので,たくさん休憩をいれ,何度も後ろの人に抜かしてもらいながら上を目指しました。

 急斜面をしばらく登ると風吹岩に着きました。風吹岩では渋る人達を岩の上に上がらせて記念撮影しておきました。さすがに我々だけで写真を撮ることはできませんでしたが…。あそこは登ると景色がよく見えるので,登って損はないと思います。風吹岩の後は道が少しゆるくなり,みんなご機嫌で歩くことができました。そんな道を雨ヶ峠に向かいました。 去年行った時にはその辺りでイノシシに会いましたが,今回は会いませんでした。

 雨ヶ峠で11時半ごろだったので,そろそろお腹も空いてきて,おにぎり休憩にしました。六甲山最高峰に向かうには雨ヶ峠から直進するのですが,今回は東おたふく山に登ってみました。木が少なく,ちょっと雰囲気が違うので行ってみたかった,というのが理由です。東おたふく山は思ったよりも木があり,また,笹薮が広がっている感じでした。どうやら数十年前は一面のすすきが原だったみたいで,今その再生を目指しているとどっかに書いてありました。東おたふく山の最高点付近で分岐があり,右に行くと奥池のバス停に下りて芦屋にバスで帰るルート,左が土樋割峠から蛇谷北山,石宝殿経由で六甲山最高峰へのルートでした。今回は予定通り六甲山最高峰に向かいました。

 東おたふく山からはいきなり急に下がって土樋割峠でした。土樋割峠からは少し下って七曲り経由で六甲山最高峰に行くこともできましたが,せっかくなので蛇谷北山ルートを歩いてみました。このルートが思ったよりも急な斜面が続き,同行者には不評でした…。でも,文句を言いながらでも,みなしっかりした足取りで登り,いい感じのペースで石宝殿まで登りました。そこで一服したのち,車道を通って六甲山最高峰下の一軒茶屋前に向かいました。一軒茶屋前でトイレ休憩したのち,六甲山最高峰に登りました。六甲山最高峰ではせっかくなので他の人に頼んで全員で記念撮影してもらいました。

 六甲山最高峰からは予定通り有馬温泉に下りました。以前の感じではすぐに有馬温泉に着いた気がしてたけど,意外と長く感じました。足元もこぶし大程度の石がゴロゴロしている場所もあり,思ったよりも疲れました。ただ,傾斜はあまりきつくないので,みんないろんな話をしながら下りていきました。そして無事,午後4時前に車道に出ました。有馬温泉まで来たら,せっかくなので温泉に入りたいとなり,太閤の湯に行きました。太閤の湯では,水風呂で足の筋肉を冷やしておきました。効果はどの程度あったのでしょう?

 温泉で汗を流した後は,神鉄と北神急行を乗り継いて三宮に行き,そこらの居酒屋で打ち上げをしました。なかなか楽しい1日でした。

登山中の画像
  • ロックガーデンから見た風景
  • あっちのコースも楽しそう
  • ロックガーデンにて
  • ロックガーデンから見下ろした
  • 風吹岩にて(わざとぼかしてます)
  • 風吹岩からの眺め
  • 風吹岩にて
  • あれは荒地山?
  • 東おたふく山にて
  • 西おたふく山が見えた
  • 六甲山上辺り?
  • 蛇谷北山を通過
  • これより六甲山最高峰へ
  • 途中,大阪平野が見えた
  • 阪神競馬場も見えた
  • 六甲山最高峰にて(わざとぼかしてます)
  • 六甲山最高峰のアンテナ
  • 登山後は太閤の湯で汗を流した
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

matsupさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

matsup さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2017年6月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 進化したスマートウォッチをフィールドテスト!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト! カシオのスマートウォッチが進化しGPS搭載に! ギア好きライター礒村真介氏がフィールドテスト。その使い勝手は…。
NEW ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々 ファミリー、初心者でも短時間で絶景を堪能! ロープウェイ、ゴンドラを使ってアクセスできる5つの山を紹介!
NEW 「山ジップロック研究所」今週のテーマは「移動しながら…」
「山ジップロック研究所」今週のテーマは「移動しながら…」 「ジップロック」の様々な使い方紹介する連載。「移動しながらクッキング」をテーマに2回に渡ってノウハウを伝授します!
NEW サロモン、人気モデルの最新作! その実力は…?
サロモン、人気モデルの最新作! その実力は…? 約30gの軽量化! 新「XA プロ 3D ゴアテックス」のモニターレポートが届きました! フィット感や快適性もチェック!
NEW ミレー「TYPHON 50000」のモニターレポート
ミレー「TYPHON 50000」のモニターレポート ストレッチレイン「TYPHON 50000」と「ドライナミックメッシュ」のレイヤリングで、蒸れのなさ、快適な着心地を実感...
NEW Peak Performanceと「山小屋」の意外な関係
Peak Performanceと「山小屋」の意外な関係 「山小屋」から掘り下げる北欧ブランド・Peak Performanの魅力。こもれび山荘の竹元さんのインタビュー掲載中!
NEW 近くていい山、「谷川岳ウィーク」開催間近
近くていい山、「谷川岳ウィーク」開催間近 今年も7月2日の「谷川岳の日」の前後に「谷川岳ウィーク」が開催される。「近くていい山」谷川岳へ行こう!
NEW いよいよ夏山の計画。大町から北アルプスはいかが?
いよいよ夏山の計画。大町から北アルプスはいかが? 長野県大町市は北アルプスの玄関口として山との関わりが古く、案内人組合は100年の歴史を誇ります。大町市の魅力をご紹介!
NEW 福島の山と観光アンケートにご協力ください
福島の山と観光アンケートにご協力ください 福島県の山と観光について、アンケート実施中。回答者の中から抽選で10名にプレゼントをご用意。ご協力をお願いします。
NEW 梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW 「背負うより“着る”感じ」グレゴリー、レポート到着!
「背負うより“着る”感じ」グレゴリー、レポート到着! グレゴリーの革新的な技術を盛り込んだ「パラゴン」と「メイブン」。快適性や機能を犠牲にせず軽量化を実現! その実力は…!?
日本の雨に適したレインウェアをテスト
日本の雨に適したレインウェアをテスト 高橋庄太郎さんが気になるアイテムをフィールドテストする連載は、パタゴニアのレイン「クラウド・リッジ」をテスト!!
ホグロフス、あの人気シリーズが復活
ホグロフス、あの人気シリーズが復活 雪山から夏山まで、シーズンを通して活躍する万能ソフトシェル「リザードⅡジャケット」。バージョンアップしたホグロフスの人気...
NEW 尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開!
尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開! 尾瀬ってどんなところ? なにがあるの? そんな疑問にお答えします!尾瀬の魅力を紹介するサイト「尾瀬ナビ」!
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック 快適性はそのままに、軽量化を実現! 軽さをコンセプトにした新シリーズ「エアリアル」に「SL35」が登場しました!
緑が広がる天上の湿原へ・・・
緑が広がる天上の湿原へ・・・ 山上に広がる幻想的な景色、湿原に生きる草花や生き物。雪が消え始めた今、天上の楽園・山上の湿原を目指しましょう