登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
ロックガーデンから有馬温泉へ 六甲山,ロックガーデン(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

matsup さん

この登山記録の行程

芦屋川駅(8:38)→高座の滝(9:07)→風吹岩(10:10)→雨ヶ峠(11:18)→東おたふく山(12:10)→蛇谷北山(13:30)→石宝殿(13:23)→六甲山最高峰(14:07)→有馬温泉のへり(15:43)→太閤の湯(16:00)→神鉄有馬温泉駅(18:05)


水平移動距離 約14.4km 積算標高差 上り:約1,402m
下り:約1,028m
 2016年11月5日(土)に高校の時の友人たちとロックガーデンから有馬温泉へのルートを歩きました。去年も一度歩いたので,今回は東おたふく山経由で六甲山最高峰までは歩き,そこから有馬温泉に下りました。東おたふく山からは,距離が近そうという理由から蛇谷ルートを登り,蛇谷北山を通過して,石宝殿(いしのほうでん)経由で行きました。あまり深く考えずに行ったら,思ったよりもハードなコースで意外と疲れました。

 出発は阪急・芦屋川駅に午前8時半にしました。近くのコンビニでおにぎりなどを買って,出発しました。芦屋川駅から芦屋川沿いに北上して高座の滝のそばを通りました。そこまではアスファルトの道だったのでみなさん余裕でした。高座の滝から先,ロックガーデンに入りますが,みんなの想定以上に急な斜面が続く急登ルートで,参加者のみんなは「なんでこんなに急なん?」とぼやいていました。いやぁ,申し訳ないっ!岩場を登る場所が何箇所もありましたが,みんなしっかり登ってましたよ。また,絶好の登山日和だったので,登山道は人だらけでした。我々のチームはゆっくりだったので,たくさん休憩をいれ,何度も後ろの人に抜かしてもらいながら上を目指しました。

 急斜面をしばらく登ると風吹岩に着きました。風吹岩では渋る人達を岩の上に上がらせて記念撮影しておきました。さすがに我々だけで写真を撮ることはできませんでしたが…。あそこは登ると景色がよく見えるので,登って損はないと思います。風吹岩の後は道が少しゆるくなり,みんなご機嫌で歩くことができました。そんな道を雨ヶ峠に向かいました。 去年行った時にはその辺りでイノシシに会いましたが,今回は会いませんでした。

 雨ヶ峠で11時半ごろだったので,そろそろお腹も空いてきて,おにぎり休憩にしました。六甲山最高峰に向かうには雨ヶ峠から直進するのですが,今回は東おたふく山に登ってみました。木が少なく,ちょっと雰囲気が違うので行ってみたかった,というのが理由です。東おたふく山は思ったよりも木があり,また,笹薮が広がっている感じでした。どうやら数十年前は一面のすすきが原だったみたいで,今その再生を目指しているとどっかに書いてありました。東おたふく山の最高点付近で分岐があり,右に行くと奥池のバス停に下りて芦屋にバスで帰るルート,左が土樋割峠から蛇谷北山,石宝殿経由で六甲山最高峰へのルートでした。今回は予定通り六甲山最高峰に向かいました。

 東おたふく山からはいきなり急に下がって土樋割峠でした。土樋割峠からは少し下って七曲り経由で六甲山最高峰に行くこともできましたが,せっかくなので蛇谷北山ルートを歩いてみました。このルートが思ったよりも急な斜面が続き,同行者には不評でした…。でも,文句を言いながらでも,みなしっかりした足取りで登り,いい感じのペースで石宝殿まで登りました。そこで一服したのち,車道を通って六甲山最高峰下の一軒茶屋前に向かいました。一軒茶屋前でトイレ休憩したのち,六甲山最高峰に登りました。六甲山最高峰ではせっかくなので他の人に頼んで全員で記念撮影してもらいました。

 六甲山最高峰からは予定通り有馬温泉に下りました。以前の感じではすぐに有馬温泉に着いた気がしてたけど,意外と長く感じました。足元もこぶし大程度の石がゴロゴロしている場所もあり,思ったよりも疲れました。ただ,傾斜はあまりきつくないので,みんないろんな話をしながら下りていきました。そして無事,午後4時前に車道に出ました。有馬温泉まで来たら,せっかくなので温泉に入りたいとなり,太閤の湯に行きました。太閤の湯では,水風呂で足の筋肉を冷やしておきました。効果はどの程度あったのでしょう?

 温泉で汗を流した後は,神鉄と北神急行を乗り継いて三宮に行き,そこらの居酒屋で打ち上げをしました。なかなか楽しい1日でした。

登山中の画像
  • ロックガーデンから見た風景
  • あっちのコースも楽しそう
  • ロックガーデンにて
  • ロックガーデンから見下ろした
  • 風吹岩にて(わざとぼかしてます)
  • 風吹岩からの眺め
  • 風吹岩にて
  • あれは荒地山?
  • 東おたふく山にて
  • 西おたふく山が見えた
  • 六甲山上辺り?
  • 蛇谷北山を通過
  • これより六甲山最高峰へ
  • 途中,大阪平野が見えた
  • 阪神競馬場も見えた
  • 六甲山最高峰にて(わざとぼかしてます)
  • 六甲山最高峰のアンテナ
  • 登山後は太閤の湯で汗を流した
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

matsupさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

matsup さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2017年10月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍!
鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍! 連載「山ジップロック研究所」。今回のテーマは、秋こそ山で食べたい「鍋料理」。3つのレシピ&「ジップロック」活用術!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
NEW 透湿値の高いアウター 秋冬版登場!
透湿値の高いアウター 秋冬版登場! ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。その秋冬版が登場。細かい仕様をチェックしよう!
NEW こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
NEW 紅葉シーズン、いよいよ到来!
紅葉シーズン、いよいよ到来! 9月も下旬、いよいよ山は紅葉に染まり始めた! 冬に向かう一歩手前の高山では、ピークに差し掛かりつつある
NEW 「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう!
「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう! 山仲間と簡単にシェアできる! 「ソニー アクションカム」で美しく鮮やかな映像に残しましょう。あなたの山行の思い出と一緒に
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!