登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
三頭山~新緑と花と眺望を求めて~ 三頭山(関東)
img

記録したユーザー

モーちゃん さん
  • 日程

    2017年5月2日(火)

  • 利用した登山口

    都民の森  

  • パーティ

    2人 (モーちゃん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:檜原村都民の森駐車場に停めた(無料)。利用時間は8時からだったが7時20分に入ることができた。奥多摩周遊道路の通行は午前8時~17時(4~10月)。駐車場に売店・トイレ有(水洗)。

  • 天候

    晴。微風。気温8℃(駐車場7:30現在)。
    [2017年05月02日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

自宅・・・7:20都民の森駐車場7:40・・・7:53森林館・・・8:15鞘口峠8:25・・・三頭山東峰・中央峰・・・10:00西峰11:00・・・11:05三頭山避難小屋・・・11:35分岐11:45・・・12:22イワウチワ12:28・・・12:35大滝休憩小屋13:05・・・13:21森林館・・・13:25都民の森駐車場。

水平移動距離 約6.2km 積算標高差 上り:約794m
下り:約794m
コースタイム 標準:210分
自己:235分
コースタイム倍率 1.12
 新緑と花と眺望を期待して2時間余りで登頂できる三頭山へ出かけた。今日は全国的に晴天で気温が高くなるとのこと。芽吹きが始まっていて、山全体ががいろいろな緑色に染まっていて、きれいだった。花は期待していなかったが、イワウチワがまだ咲いていた。スミレが多かった。ナガバナスミレサイシンもあった。フデリンドウも咲いていた。眺望は、富士山の眺めが絶景であった。また雲取山・七ツ石山・鷹ノ巣山・六ツ石山・蕎麦粒山等もよく見えた。

(駐車場~鞘口峠~三頭山東峰・中央峰・西峰)
 登り始めてすぐに咲いているマメザクラをを見つけた。森林館の近くにも巨樹があった。都民の森の中では第Ⅰ位のトチノキは幹回りが6.8mだそうだ。他にもブナ、モミ、ケヤキ等々たくさんあった。
 鞘口峠からが本格的な急登が始まった。三頭山頂までは「ブナの路」だ。ブナは、まだ芽吹いておらず、足元まで直射日光が届いていた。葉がないので、眺望が大変良かった。南には、富士山が見えた。7合目あたりから山頂にかけてはまだ真っ白だった。北側には、雲取山・七ツ石山・鷹ノ巣山等々が良く見えた。途中で「ブナの路」と「登山道」に分かれるが、いずれ一緒になり、三頭山へ向かうことができた。 三頭山東峰のすぐ先に中央峰があり、さらに10分程で三頭山西峰に着いた。正面に富士山が迎えてくれて感動した。すぐに昼食をとった。登山者がぞくぞくと登って来て20名くらいに増えた。

(三頭山西峰~分岐~大滝休憩小屋~駐車場)
 笹尾根を下り、ムシカリ峠・避難小屋・大沢山を経て、分岐を左折して三頭大滝へ向かった。歩いて来た三頭山西峰・中央峰・東峰もよく見えた。さらに御前山・大岳・蕎麦粒山等々も。
 大滝休憩小屋に向かって手前7分位の岩の多い斜面でイワウチワを見つけた。40mに渡って所々咲いていた。うすい桃色の花びらがきれいだった。大滝休憩小屋に着くとトイレで用をたし、おやつを食べた。チップがまいてある道を通って、駐車場へ戻った。この辺は、新緑がきれいだった。フデリンドウが咲いていて、感激した。

登山中の画像
  • 檜原都民の森駐車場の様子。利用時間は8時からだが入ることができた(7時15分)。料金無料。月曜日は休園のため閉鎖。売店・トイレ有。
  • 都民の森の中で巨木Ⅰ位になっているトチノキ。幹回りが6.8m。都民の森入口から100m先左側。
  • 枝から枝へ忙しく飛び交うコガラ。木の芽を食べていた。
  • 森林館南面のミツバツツジ。日光を浴びて鮮やかな赤紫色だった。
  • 木道が花の近くまで延びていた。
  • カラマツ、ツツジ等が芽吹きを迎え、新緑が青空に映えてきれいだった。
  • コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)。場所は鞘口峠手前。
  • ハシリドコロが目につきました。。
  • ハシリドコロをアップ。
  • 鞘口峠で小休止。衣服調整と水分補給。ここから急登が始まった。
  • ケヤキの葉の新緑がきれいだ。
  • この登山道は「ブナの路」。まだ芽吹いていないがブナ林が続いた。標高は1.200m。
  • 足元にはスミレが咲いていた。
  • T字路に着いた。左は登山道(北側)、右はブナの路(南側)。どちらでも三頭山行ける。奥多摩湖方面の眺望を楽しみたいので、登山道へ進んだ。
  • 樹間から雲取山が見えた。七ツ石山・鷹ノ巣山・六ツ石山も目視できた。
  • ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)。花弁の中まで見えた。
  • 咲いたばかりのナガバノスミレサイシンは、色が青紫色できれいだ。
  • 鉱山に生えるダケカンバが初めて出現した。
  • タチツボスミレ。葉がニンジンの葉に似ていた。
  • 三頭山の東峰。
  • 三頭山の中央峰。
  • 三頭山西峰に登頂すると富士山が迎えてくれた。みなさん、絶景に会えて、感激していた。
  • 富士山をアップ。
  • 念のため、もう1枚。
  • 北側には、左から雲取山・七ツ石山・鷹ノ巣山・六ツ石山等が眺められた。
  • 雲取山だ。
  • 七ツ石山だ。
  • 鷹ノ巣山だ。
  • やっぱり富士山が一番だ。
  • もう一枚。
  • 登山者が次々と登頂して来た。
  • ここは大沢山。
  • 写真はイワウチワ(岩団扇)。場所はムシカリ峠・避難小屋・大沢山を経由して、分岐から大滝へ下り、大滝の手前7分くらいの所に咲いていた。
  • イワウチワ、薄い桃色がきれいだった。
  • イワウチワをツーショット。
  • 正面からパチリ。
  • ナガバノスミレサイシンも群生していてきれいだ。場所は大滝休憩小屋手前の斜面。
  • 大滝からはほぼ水平な道を進んだ。新緑がきれいだった。
  • あれー、珍しい、フデリンドウ(筆竜胆)だ。
  • 淡い青色がきれいだ。
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モーちゃんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    今朝は-5℃まで下り、水が凍りつきました。クマ情報がありました。活発な夕暮れ時には行動しない方が良いです。
    17年11月17日(金)
    東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    谷側は落ち葉を踏み抜く危険性に留意。ストックを突く時も注意を。紅葉は奥多摩湖や御岳渓谷が見頃。日没早く下山は早めに。
    17年11月16日(木)
  • 御岳ビジターセンター ~御岳・大岳山
    御岳ビジターセンター
    御岳渓谷の紅葉が見頃。山の上もまだ彩りがあります。日没早く無理は禁物。早めの下山を。ライトは必携です。
    17年11月16日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モーちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年11月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報