硫黄岳山荘(冬季は夏沢鉱泉)からの現地情報 八ヶ岳・硫黄岳周辺の情報

3/21に久しぶりにまとまった降雪ありました。今朝も明け方から雪が降り始めました。午後から夕方にかけて、きれいに晴れました。

松本の天気予報
明日

曇のち雪
- / -
明後日

曇時々雨
10℃ / -1℃
(日本気象協会提供:2017年3月25日 17時00分発表)
甲府の天気予報
明日

雨時々曇
- / -
明後日

曇時々雨
12℃ / 4℃
(日本気象協会提供:2017年3月25日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

03/24(金) 夏沢鉱泉(標高2060m)雪のち晴れ。-11℃。

周辺状況

今朝も明け方から雪が降り始めました。うっすら程度。午後から夕方にかけて、きれいに晴れました。

3/21に久しぶりにまとまった降雪ありました。
夏沢鉱泉30cm、稜線では夏沢峠30~50cmで、山全体が雪の森に戻りました。
真っ白な稜線の峰々が、ますますきれいになりました!!

登山道は、新雪後のトレースが付き、歩きやすくなっています。
登山道上は、トレースの上に10~20cmの積雪、踏み外せば50~80cmもぐります。
稜線の雪は、風に飛ばされて 少なく10~30cm程度です。

本格的な冬山と「温泉」とともに味わってください。
JR茅野駅から登山口の桜平まで、ご宿泊の方を無料送迎しております。

登山道

登山道に通行の支障になる箇所はありません。
現在、下記ルートを除き、全ルート通行可能です。
(白砂新道:東天狗岳と根石岳の鞍部~本沢温泉までの間。積雪多くルートが不明瞭なため)
(赤岩ルート:オーレン小屋~赤岩の頭の間。積雪多くルートが不明瞭なため)

【登山道:注意】
・稜線の風のあるところでは、雪は吹き飛ばされて10~30cmの積雪。
・樹林帯の登山道の積雪は、トレースの上、おおむね10~20cmくらいです。
・トレースを外れると、ひざまで潜ります。50~80cm程度。ひざまで潜るようでしたら、トレースを外れていると解釈してください。
・標高が上がるにつれて、吹き溜まりの多い所で積雪100cm以上と増えています。
・新雪の場合は、トレースが消えますが、早いうちにまたトレースはつきます。
・くれぐれもご注意いただき、安全に行動してください。また、たいへん滑りやすくなっています。お気をつけください。

<具体的に周辺の注意箇所のみ:下記のすべてトレースはあります。3/9時点>
A.硫黄岳
・夏沢峠~硫黄岳に向かって15分くらいのところ100cm以上の吹き溜まりあり。
・赤岩の頭から赤岳鉱泉側は、積雪量が多くなるときは雪崩にご注意ください。
B.天狗岳
・東天狗の南側山頂手前の尾根が、細くなっていますので注意。
・南側に尾根を下りる際は、右に巻くイメージで登山道を、下山してください。直進すると踏み抜く恐れあり。

装備

・きちんとした冬山装備が必要です。
・すべてのルートで10本歯以上のアイゼンが必要になります。軽アイゼンは、有効でありません。
・標高2,500m以上の高山帯では、ピッケルをお持ちください。亜高山帯の森の中は、ストックが便利です。
・トレースなどで登山道が固まるまでは、スノーシューやワカンのご利用をおすすめします。
・冬山の防寒の装備が必要です。暖かい手袋、耳までおおえる帽子をお持ちください。
・目の保護のためにサングラス、肌の保護のため日焼け止めクリームもお持ちください。
・日が短いです。ヘッドランプなどの照明が必要です。

注意

<最新の情報>
A.夏沢鉱泉周辺の滝が見事に凍って、アイスクライミングができるコンディションになってきています。
「アイスギャラリー(氷の回廊)」G1~G4の情報をご案内します。
3/24(金)現在、沢筋には雪崩の危険性があります。気温や積雪などの状況をよく見て判断してから、慎重に行動してください。
なお、滝をご覧になる方、登られる方、夏沢鉱泉に必ず立ち寄っていただき、その旨をお伝えください。
(安全面での把握、混み具合の情報などのため)

B.「醤油樽の滝」方面は、現在 「土砂崩れのため通行止め」の表示が出ています。
醤油樽の滝の、手前の左急斜面(登るルート上)に崩壊があり、土砂が落ちた模様です。
現在、その上部に根のついた木が 引っかかっていて、落ちそうに見えます。
行かれる方は、迂回するなり 安全面に十分注意を払ってください。
この斜面の手前の滝までは、今までと同じように 行くことができます。

C.登山口「桜平の駐車場」が10/末までに整備されました。(施主:茅野市役所観光課)
分散している駐車場は下記の通り 3か所です。合計約150台分
・P3(第3駐車場)桜平ゲートより、約150m上 約10台→現在、積雪多く進入できません。
・P2(第2駐車場)桜平ゲートより、約500m下 70台→夏沢鉱泉で一部除雪し、10台ほど駐車できます。ここまでは4WD、冬タイヤ、チェーンが必要です。
・P1(第1駐車場)桜平ゲートより、約3km下、分岐(唐沢鉱泉と夏沢鉱泉の分岐)の約1km上 70台→除雪され、約10台可能。4WD,冬タイヤが必要です。
(冬期、積雪が多くて桜平まで 進入出来ない車両には、たいへん有効です:除雪されているわけではありません)
・人と車が安全に駐車できるように、造成されました。こちらの駐車場をご利用ください。
・ゲート周辺の路肩の駐車場所は、使用できません(駐車する場所に適さないため)。
安全と植生保護のために、ご理解・ご協力の程、よろしくお願いします。

D.麦草峠は、4/20に開通します。それまで 冬季閉鎖になっています。車両の通行できません。

E.北八ヶ岳ロープウェーは、4/3(月)~19(水)まで運休になります。

<登山口情報:桜平方面 3/24時点>
積雪30~40cm。降雪により状況は一変します。ご心配な方は、前日に状況をお問い合わせください。
・マイカーの方は、安全のため 基本的に分岐(唐沢鉱泉と夏沢鉱泉の分岐)に駐車をお願いします。
ここまで舗装道路であることと、冬用タイヤ、4WDであれば、チェーンがなくとも到達すること がほぼできます。冬用タイヤでも2WD車は、危険です。
・現時点では、冬用タイヤ、4WD車で、後輪に2輪チェーンがあれば、なんとか 桜平P2(第2駐車場)まで入ることができます。
氷の箇所が数か所あるのと、積雪量が増えてきました。チェーンがないと 危険で、上がることが困難です。
分岐から1km入った、桜平P1(第1駐車場)に駐車してください。ここから歩いて桜平まで向かわれることを、お勧めします。

すれ違いできませんので、マイクロバス等の「分岐(唐沢鉱泉と夏沢鉱泉の分岐)」からの進入は、ご遠慮ください。
法的な規制はありませんが、道路幅が狭隘で危険です。多くの方に迷惑をかける行為になります。ご理解の上、自粛お願いします。
・道路幅が狭隘のため、すれ違いなど お互いに譲り合って安全に通行してください。
・分岐(唐沢鉱泉と夏沢鉱泉の分岐)より未舗装の道になります。運転にご注意ください

<熊の出没情報について>
夏沢鉱泉~硫黄岳方面に熊は生息しておりません。この時期に移動していることも考えられません。
カモシカを、後ろから見ると黒い獣に見えます。見間違えにご注意いただき、安心して登山をお楽しみください。

その他のお知らせ

<営業期間について>
硫黄岳山荘 冬期閉鎖中。4/22(土)よりOPEN予定。
根石岳山荘が冬期の週末、好評営業中!
夏沢鉱泉 通年営業中。

■周辺情報
・閉鎖中:赤岳頂上山荘、赤岳天望荘、山彦荘、ヒュッテ夏沢、オーレン小屋、唐沢鉱泉
・営業中:本沢温泉、赤岳鉱泉、黒百合ヒュッテ、しらびそ小屋
・期間営業:行者小屋(週末のみ)

<とっておきのイベント情報!>
ネイチャースクール(硫黄岳山荘オリジナル企画、ぞくぞく!)
更新しました! GWの予定まで企画しています。お気軽にお問い合わせください。
冬の「登山教室」くわしくは、→ http://www004.upp.so-net.ne.jp/natsuzawa/natur-school-2016/natur-school-1.html

<とっておきの情報!>
(1)夏沢鉱泉にご宿泊の方は、茅野駅~登山口の桜平まで無料送迎対応いたしております(年間を通して)。
八ケ岳へアプローチの起点として、下山時の温泉として、送迎をご利用いただきますと、たいへんお得です!
茅野駅東口へ「お迎え」:午前は9:15、午後は15:30(約50分後に桜平着)
茅野駅へ「お送り」桜平発:午前は7:30もしくは8:00、午後は14:00もしくは14:30(約50分後にJR茅野駅着)
事前にご予約が必要です。1名様でも対応可能ですが、定員あります。
(満員、作業日など、対応できない日もございますのでご注意ください。冬期は、お送り時刻が多少変更になります。)

(2)根石岳山荘にお泊まりの方も、先着で 夏沢鉱泉の送迎便を利用することができます。
定員がありますので、ご予約はお早めに!(お願い)メールでお問い合わせください。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

硫黄岳山荘(冬季は夏沢鉱泉)周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 稜線に立つ根石山荘から、雲海を臨む。
  • 根石山荘 1/2泊まで営業します。
  • 厳しい稜線に立つ根石山荘
  • 冠雪した南八ヶ岳の山々(山麓事務所より)
  • 天狗岳から根石岳、硫黄岳の稜線(山麓の事務所から)
  • 氷のついた硫黄岳
  • 横岳から赤岳方面の様子
  • 硫黄岳山荘周辺
  • 硫黄岳頂上の様子
  • 道標にも霧氷
  • 根石岳山荘周辺の画像
  • 根石岳山荘の前からの日の出
硫黄岳山荘(冬季は夏沢鉱泉)

連絡先:0266-73-6673  現地連絡先:090-3142-8469
営業期間
4/下~11/中、年末年始
関連山域

ユーザーからの八ヶ岳・硫黄岳周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    小屋周辺の雪は150cm。主ルートにはトレースがあります。雪表面が硬くなりアイゼン必要。ホシガラス戻ってきました。
    17年03月16日(木)
    黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    ヒュッテ前の積雪150cm。このところ晴が続き天狗岳によく人が入っています。車は「明治温泉入口」バス停の駐車場利用を。
    17年03月16日(木)
  • オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    今シーズンの営業は終了しました。来年度の営業は4月下旬からの予定です。
    16年11月10日(木)
    硫黄岳山荘(冬季は夏沢鉱泉)~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘(冬季は夏沢鉱泉)
    3/21に久しぶりにまとまった降雪ありました。今朝も明け方から雪が降り始めました。午後から夕方にかけて、きれいに晴れました。
    17年03月24日(金)
  • 赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    今週末の硫黄岳は要注意。最新情報を得て入山を。赤岩の頭直下で小規模雪崩が発生。雪庇が発達し下り口が不明瞭。
    17年03月23日(木)
    赤岳天望荘~八ヶ岳・赤岳
    赤岳天望荘
    林道や登山道は、朝晩凍結し、日中は融けて、また夜に凍結するという繰り返しです。場所によりツルツルまたはボコボコになっています。
    17年03月09日(木)

関連のモデルコース

  • 迫力の火口壁と、高山植物の宝庫を歩く
    4時間15分 日帰り
    桜平・・・夏沢鉱泉・・・オーレン小屋・・・夏沢峠・・・硫黄岳 ・・・夏沢峠・・・オーレン小屋・・・夏...
  • 赤岳 横岳・硫黄岳 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★★ 11時間40分 1泊2日
    【1日目】美濃戸口・・・美濃戸・・・堰堤広場・・・赤岳鉱泉・・・赤岩ノ頭・・・硫黄岳・・・大ダルミ【...
  • 赤岳・横岳・硫黄岳(杣添尾根) 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★★ 11時間50分 1泊2日
    【1日目】横岳登山口・・・貯水池・・・枯木帯・・・横岳・・・大ダルミ・・・硫黄岳・・・大ダルミ【2日...

硫黄岳山荘(冬季は夏沢鉱泉)周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2017年3月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 北欧生まれ SWIXのトレッキングポール
北欧生まれ SWIXのトレッキングポール ノルディックスキーで実績のSWIXからトレッキングポール登場。カーボンとコルクグリップで驚きの軽さ。モニター5名募集!
NEW 雪山でも! JVCエブリオR モニターレポート
雪山でも! JVCエブリオR モニターレポート JVCのビデオ「エブリオR GZ-RX670」をテスト。低温でも撮れる、電池もバッチリなど、レポートと動画をチェック!
NEW 登山技術の学びと遭難の実際は?
登山技術の学びと遭難の実際は? 登山の技術は知識を学ぶ方法は? 山岳遭難やヒヤリ・ハットとの相関関係は? 日本大学工学部嶌田研究室との共同アンケートの結...
NEW 安全登山は足元から!アウトドアソックス特集
安全登山は足元から!アウトドアソックス特集 たかが靴下、されど靴下。自分に合うアウトドアソックスを見つけて、快適に登山を楽しみましょう。最新ソックスカタログ公開中!
NEW 花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
NEW 下山の大敵! 膝の痛み対策アイテム
下山の大敵! 膝の痛み対策アイテム 山での膝の痛み、嫌ですよね。サポーターと塗り薬で不安を払拭しましょう! 山アイテムレコメン堂特別企画第1弾!
カリマーの定番「クーガー」がリニューアル!
カリマーの定番「クーガー」がリニューアル! カリマーの中・大型リュックサック「クーガー」がリニューアル。さらに背負いやすさが増したという、その秘密をチェックしよう。
独自の設計でこだわりの登山靴
独自の設計でこだわりの登山靴 独創的ウェアで有名な「モンチュラ」が登山靴を発表して2年。随所に工夫が施された「Yaru Tekno GTX」をチェック...
NEW 冬に嬉しい保温カップ。お湯を入れて15分、その結果は!?
冬に嬉しい保温カップ。お湯を入れて15分、その結果は!? 高橋庄太郎さんが、雪が残る石老山で2種類の保温カップの性能をテスト!
冬はみなかみ町でスノーシューイング
冬はみなかみ町でスノーシューイング 首都圏から近く積雪量の多いみなかみ町では、1月にイベントが開かれるなど、スノーシューが人気。詳しくはこちら!
雪が降ったらスノーシューで雪山を楽しもう!
雪が降ったらスノーシューで雪山を楽しもう! 雪が期待できそうな今シーズンは、スノーシューで極上の雪山散歩へ! おすすめエリア&ツアーをチェック!!
美しい富士山を見るオススメの場所
美しい富士山を見るオススメの場所 冬に見る富士山は空気が澄んでいるうえに、純白の衣をまとっていて特に美しい。とっておきの富士見ポイントの山を紹介