谷川岳登山指導センターの山岳情報

谷川岳登山指導センターの2017年の情報一覧

≫2009年 ≫2010年 ≫2011年 ≫2012年 ≫2013年 ≫2014年 ≫2015年 ≫2016年 ≫2017年

17年10月17日(火) 紅葉は900mあたりが見頃になりました。今月5日に降雪確認。今後は予報が雨でも、標高高いところは雪になる可能性も
17年10月10日(火) 紅葉は天神平付近の標高1,500m前後が見頃。週末は混雑し、通常のコースタイムより時間がかかることがあります
17年10月03日(火) 山頂直下の草紅葉が始まっています。山頂付近の気温が氷点下になる日もあります
17年09月27日(水) 24日に遭難事故が多発。登る前に、自分の体力がどの程度の山行に適しているかを考えましょう
17年09月19日(火) 山頂周辺では、草紅葉が始まりました。本日も、台風の影響による倒木の撤去作業などを行います
17年09月12日(火) 日照時間が短くなっています。日帰りでもヘッドランプ必須。うっすら紅葉していますが、まだ少し早いでしょう
17年09月06日(水) センター前でも最低気温10℃ストーブをつけ始めました。山頂では7℃、防寒としてフリース必要。晴れた日は日差し強く服装に注意。
17年08月29日(火) 朝の山頂の気温は12℃。蜂の活動が活発になる季節です。帽子やポイズンリムーバーの携行を
17年08月22日(火) 朝は晴れていますが、午後から下り坂の予報。コシジシモツケソウ、ヨツバヒヨドリなどの花が楽しめます
17年08月15日(火) 西黒尾根、厳剛新道は鎖場や急登が多く、下山に不向き。最近の雨で、岩場が滑りやすくなっています
17年08月08日(火) 台風5号による、登山道の大きな被害はなし。ただ、沢は濁り増水しています
17年08月01日(火) 夏山シーズンの到来! のはずが、すっきりしない天気。保登野沢コースなど、危険箇所があります
17年07月25日(火) イワシモツケなど、多くの花が咲いています。今年は花がきれいな年です。厳剛新道は一部斜面で崩落あり、通行注意。
17年07月18日(火) 豪雨の影響で、新道・西黒沢橋などが土砂で埋まっています。最新情報を得て登ってください
17年07月11日(火) 本日は、真夏のような1日でした。ルートによって残雪があり、アイゼンなど必要
17年07月04日(火) 谷川岳の山開きは、多くの登山者で賑わいました。いよいよ本格的に登山シーズンがはじまりました
17年06月27日(火) 谷川岳ウィーク2017が開催中! 7月2日は谷川岳山開きが土合霊園地で開催されます
17年06月20日(火) 26日から「谷川ウィーク」が開催。肩ノ小屋手前に80cmほど残雪あり。コースによってアイゼン・ピッケル必要
17年06月13日(火) イチゲ、コケザクラなどが咲き始め、いよいよ初夏に。大障子ノ頭から平標山方面に大きな崩壊あり、注意
17年06月06日(火) 本日は絶好の登山日和でした。登山道が出てきていますが、残雪はまだあります。必ず雪山装備で
17年05月30日(火) 暖かくなってきましたが、残雪あり。しっかりとした装備計画で。一部の避難小屋に故障。注意してください
17年05月23日(火) 急激な気温上昇により、一ノ倉沢では大きな雪崩が発生。熊の目撃情報が多くなっていますので、熊除けスプレーなどの対策を
17年05月17日(水) 新緑が駆け上がるように広がっています。今年は熊の目撃情報が多く、稜線に残雪多め。ご注意ください。
17年05月10日(水) 連休中は天神尾根で滑落事故が発生。軽装での登山者が目立ちます。しっかりとした装備でお越しください。
17年05月02日(火) 危険地区の登山禁止は解除となりましたが、例年より残雪が多く、雪崩の可能性あり。無理のない山行を
17年04月25日(火) 気温が上がり融雪が進んでいますが、GWも冬山装備が必要
17年04月18日(火) 暖かさと雨で各沢が増水。本日は東黒沢の橋が増水のためエントリー困難
17年04月11日(火) 融雪が一気に進んでいるが、登山道の多くはまだ雪。細心の注意が必要
17年04月04日(火) 昨日の雪で、センター前では5cm程度の積雪。休憩舎のトイレが使用できます。引き続き、危険地区への登山は禁止です。
17年03月21日(火) 湿った雪や雨が降り続ける一日でした。谷川岳遭難防止条例に基づく危険地区への登山禁止期間は3月27日~4月28まで
17年03月14日(火) これからの季節、気温が上がると濃霧が発生しやすくなります。ホワイトアウトによるルート間違いや見失いに注意。
17年03月07日(火) 雪が降っており、センター前で5cm程度の積雪。先週は暖かい日が続いたため、クラックや踏み抜き、雪崩に要注意。
17年02月28日(火) 好天の予報が出ており、気温上昇に伴う雪崩発生の恐れがあります。条例に基づき危険地区への立ち入りは入山の10日前までに届け出が必要。
17年02月22日(水) 18日に谷川岳登山指導センター開所。天神平で積雪460cm、昨日一日で降雪100cm。一気に50cm以上降った時は雪崩注意です。
谷川岳登山指導センター WEB SITE
営業期間 2月18日~11月30日 05:00から20:00まで
連絡先 0278-72-3688
現地連絡先
関連山域 谷川岳 一ノ倉岳 茂倉岳 万太郎山 白毛門 朝日岳 仙ノ倉山 平標山
≫ 過去の情報を見る ≫ 関連ツアーを探す

谷川岳登山指導センター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

暴風雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「山ジップロック研究所」研究レポート総まとめ
「山ジップロック研究所」研究レポート総まとめ 山で便利な「ジップロック」の使い方を発表する本連載。25回のレポートから、スタッフのお気に入り、閲覧数ランキングを発表し...
NEW とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 10月も下旬、紅葉は山を駆け下りる。山腹のブナやカエデ、ダケカンバやカラマツは、色とりどりに山を彩り始めている。
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!