中国山岳ガイド協会 事務局の山岳情報

中国山岳ガイド協会 事務局の2017年の情報一覧

≫2009年 ≫2010年 ≫2011年 ≫2012年 ≫2013年 ≫2014年 ≫2015年 ≫2016年 ≫2017年

17年11月16日(木) いきなりドカンとくる「雪おこし」に注意。大山はもう冬山です。軽装備で登ることはできません
17年11月07日(火) 10月31日に初冠雪、11月4日に再び降りました。すぐに融雪しましたが、大山は冬山だと考えて登山してください
17年11月05日(日) すでに初冠雪は観測し、昨日も山頂はみぞれ~雪へ七合目以上は雪化粧。運動靴や手ぶら登山+子連れは少々無理な時期。技量にあった登山を。
17年10月31日(火) 初冠雪。早朝は木道凍結など徐々に山頂付近は冬山へ。もう気楽には登れません。CMで人気の烏ヶ山も別の意味で気楽な山ではありません。
17年10月29日(日) 日が射せば見事な紅葉の時期。今は標高1200m付近が見頃。そろそろ初冠雪の時期。冬山ほどでなくとも「それなりの装備は必携」です。
17年10月25日(水) 大山、ユートピアコースの紅葉は1,300m付近がピーク。台風の影響で崩れた場所はほとんどありません
17年10月17日(火) 紅葉はまだ進んでおらず遅れ気味。キノコのシーズンですが、採取はしないようにお願いします
17年10月11日(水) 山頂から少しづつ紅葉前線が降りてきています。10月後半には初冠雪の声も聞かれる時期です。服装に注意してください
17年10月02日(月) 夏場の日照不足の感は否めませんが、6合目辺りから所々で紅葉が始まり、山は色づいています
17年09月26日(火) ヤマヤナギ、ヒゲノガリヤス、カリヤスモドキなど、6合目辺りから所々で紅葉が始まっています
17年09月22日(金) 紅葉の状況は、昨年に比べるとやや遅め。ブナ林の紅葉は10月半ばが見頃か
17年09月15日(金) 山頂では体感温度が低下してきました。防風にもなる雨具(セパレート)は必携。紅葉は台風18号通過後、山頂から始まりそうです。
17年08月21日(月) 山頂付近のお花は、ピークは過ぎたものの、まだまだ咲いています
17年08月02日(水) 今が一番暑い時期ではないでしょうか。八合目~頂上台地へはお花畑となっています。熱中症対策として飲料水は多めに携行しましょう。
17年07月20日(木) 例年より2日早い梅雨明け宣言。山頂台地で、いろんなお花が咲き始めています
17年07月12日(水) 梅雨明け近づき、厚さが本格的に。大山寺周辺ではユキノシタが満開です
17年07月06日(木) 大山寺付近でエゾアジサイが咲き始めました。珍しいキヨスミウツボも見られます
17年06月23日(金) ウツギ、ユキノシタ、ウリノキなど咲き始めました。蒸し暑くなり、虫(ブト)が多く、注意が必要
17年06月15日(木) 蒸し暑さがなく、梅雨とは思えない天候。イワカガミの満開がもうすぐ、マイヅルソウなどは満開になりました
17年06月09日(金) 中国地方も梅雨入り。1ヶ月半ほど、雨の日ならではのブナ林が楽しめます
17年06月06日(火) 開山祭は約600人が参加、延べ3,000人以上の登山者で賑わいました
17年06月01日(木) 今週末は山開き。暑い日が続いていますので水分補給はマメに。虫対策もしっかりと
17年05月23日(火) 山の新緑が眩しいです。暑くなってきましたので、水分補給はまめに行いましょう
17年05月20日(土) 好天が続き、登山者で賑わっています。暑くなりましたが、雨具など基本的な装備はお忘れなく
17年05月08日(月) 登山道の雪も6合目から上にわずかに残っている程度。ダイセンキスミレが咲き始めました。着脱のできる服装の工夫を。
17年05月05日(金) 昨年とは全く状況が異なります。6合目から上には残雪がありスニーカーは危険。登山中の水分摂取にも注意。
17年04月26日(水) 3合目あたりまでは積雪なし。それより上では所々積雪があります。GW前半は降雪なしの予報です
17年04月20日(木) 標高900mより下では一気に開花が始まっています。積雪が所々あり、「抜け穴」があるので注意が必要
17年04月09日(日) ここ数日で融雪が一気に進みましたが登山道はまだ雪上が多くアイゼンの携行を。4/15「嵐にしやがれ」で大山が出ます。
17年03月31日(金) 積雪は例年並みですが、融雪が進んでいない状況です。アイゼンは10本爪以上が必要。4/5「嵐にしやがれ」で大山が出ます。
17年03月14日(火) まだ厳しい冬山です。ラッセルもアイスバーンもある時期です。TV「嵐にしやがれ」4/15放送で大山が紹介されます。
17年02月28日(火) 中国地方一番の豪雪地帯「鏡ヶ成」はスノーシューには最適。専門ガイドと一緒なら楽しみは倍曽です。
17年02月10日(金) 今季最強の寒波が直撃中。山は大暴風雪警報が出ています。本日は阿弥陀堂付近でも腰のラッセル。無理は禁物です。
17年02月03日(金) 山の冬本番はこれから。降雪も増加予想。10本以上の前歯のあるアイゼン、ピッケル、ゴーグルなど冬山装備必須。八合目から上で無理は禁物。
17年01月20日(金) 大寒の大山は大荒れ。積雪は少な目でも低温で吹き溜まりが多数。6合目以上は非常に厳しい状態。10本爪以上のアイゼン必携。
17年01月13日(金) 寒気到来を前に登山しましたが、山は一足先にかなり荒れていました。10本爪以上のアイゼンとピッケルとそれらを使う技術が必要です。
17年01月06日(金) 積雪は年末の降雪がかろうじて残っているという状況で例年よりかなり少なくルートが見えています。冬山装備と道具を使う技術と山のマナーが必要です。

中国山岳ガイド協会 事務局周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2017年11月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報