アンケート企画
世界遺産・富士山の環境保全、安全・混雑対策、入山料に関するアンケート
  • 回答者の70%が富士登山経験者で、60%弱が富士山頂に立つ経験を持つ登山者。
  • 富士登山者を減らす施策には「入山規制」が最も良いと考えている人が多い。
  • 入山料の徴収は80%近くが支持し、高額の徴収にも理解する人が多い。
  • 入山料を徴収した場合、使途を明確にし、できればトイレ問題に使って欲しいという意見が最多。
  • 富士登山経験者と未経験者との意見の相違は、ほぼ見られなかった。

 世界遺産登録が決定し、登山者数の激増が予想される富士山。今年、山梨・静岡の両県では、環境保全や安全登山のために、今年は任意で1000円の入山料を試験的に徴収することが決定している。

 報道によると「混雑対策には7000円が必要と試算」などといわれているが、皆さんは安全対策・環境保全、それに伴う入山料の徴収についてどう考ているのだろうか?

 そこで、ヤマケイオンラインでは「登山者」の意見として会員に緊急アンケートを実施した。

 なお、質問項目での「富士山」「富士登山」は基本的に五合目から頂上を指している。また、質問の出題においては、愛甲哲也・北海道大学准教授に協力いただいた。

◆調査基本データ
有効回答数 :1947名
調査期間 ::2013年6月18日(火)~7月1日(月)
有効回答ユーザーのプロフィール :


※グラフはクリックすると拡大します

今回の調査では、リンク先のような形式で質問を行い、回答者は最大13問を回答。結果は以下のとおりとなった。
※質問内容は会員登録している場合のみ確認できます
回答者の約7割が富士登山経験者。富士登山経験者と未経験者の意見の違いは?

 最初の質問は、ずばり「富士山に登ったことがあるかどうか」。実に7割が富士登山を経験し、そのほとんどは山頂まで登った登山者という結果だった。

 最初にこの質問をした大きな理由は、富士登山経験者と、未経験者では、意見に相違があるかどうかという調査も行いたかったからだ。

 このクロス集計の結果については以下すべての質問で公開しているが、結果から先に述べると、意見の相違はほとんど見られなかった。なお、ここでの経験者とは、「途中まで登った」も含めている。

Q1:富士山に登ったことがありますが? 
※グラフはクリックすると拡大します
世界遺産登録には概ね賛成も、違和感を持つ人は少なくない結果

 かつて富士山は、「遠くから見るとキレイだけれど、行ってみるとゴミが多くてガッカリ」と言われたことがあった。そんな環境保全問題を抱えながら、今回の世界文化遺産登録となった富士山。

 日本の象徴でもある富士山の世界遺産登録は、日本国民としては嬉しいものの、「文化遺産」というところに違和感という声も聞かれる。

 そこで単純に「賛成・反対」ではなく、少しだけ変化を加えて賛成・反対を聞いたのが、以下の結果。

 その他の意見も、いくつか紹介しておくが、世界遺産そのものに対しての疑問や違和感の意見が多かった。

Q2:富士山の世界文化遺産登録に賛成ですが?
★☆ 富士登山経験者と未経験者の違い ☆★
※グラフはクリックすると拡大します
■みんなの意見
    ●賛成
  • 賛成だが、登録したい本当の意味がイマイチ。屎尿処理、ゴミ問題・・・どう考えているのか???
  • ●まだ早い!
  • いまは反対。もっと地域のインフラを整えた上で自然遺産なら賛成。
  • まだ反対。設備が整ってなさすぎる。自然遺産は絶対無理で、文化遺産なら文化面を出した施設整備がなければ意味がない。
  • 遺産登録によって富士山・その周辺の自然環境保護において多いにプラスに働くのであれば賛成出来るけれど、現状はそう思えないので時期尚早かと思う。
  • 基本的に賛成だが、登録に伴う自治体・国・山小屋等の受け入れ態勢が整う事が大前提。それがなければ登録されるべきではない。
  • 現状反対だが、ゴミ対策やマナー向上が徹底された上、今後の環境保護の指針がはっきりした後なら賛成すると思う。
  • ●反対
  • 一過性のブームで終わるなら「信仰の対象」とは言い難いので反対。
  • 活火山でいつか形は崩れるかもだし、富士山信仰も実は限定的だし、明確な意思はないがどちらかというと否定的。
  • ●そもそも
  • そもそも○○遺産として登録することの目的がよく理解できない。商業的な色が濃いような気がする。
  • 自然遺産にならなかったのは「ゴミ」の問題ではなく、地元が反対した、あるいは消極的だったのが一番の理由。当時は商売に障害が出ると心配したため。ちゃんと再検証した方が良い。
  • 人為的な「資格」のようなものに意味はなく、価値を規定するものでもないので、どちらでも良い。
  • そもそも世界文化遺産とはなに? あの人たちは何の権限があって当落を決めるの? 変だとは思いませんか?
  • 世界遺産への登録自体には賛成であるが、自然遺産では受け入れられないためにしぶしぶ文化遺産登録を目指しているようで、その点が理解できない。
  • 世界遺産登録に反対はしないが、世界的な自然遺産というほどでもないと思うし、不勉強で文化遺産には違和感がある。
  • 富士山は紛れもなく日本、日本人の心の故郷なので遺産以前に政府が率先して守っていくべき。世界遺産は山梨県や静岡県のお金儲けにしか思えない。
  • 富士山を遺産とする理由づけが、いまひとつピンとこない。それぞれの山にはそれぞれの歴史がある。
  • 別に世界遺産に登録されなくてもわかる人にはわかるのだから特に登録されなくて良い
≪ 前のページヘ 1 2 3 4 5 6 次のページへ ≫


おすすめの記事

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

暴風雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「山ジップロック研究所」研究レポート総まとめ
「山ジップロック研究所」研究レポート総まとめ 山で便利な「ジップロック」の使い方を発表する本連載。25回のレポートから、スタッフのお気に入り、閲覧数ランキングを発表し...
NEW とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 10月も下旬、紅葉は山を駆け下りる。山腹のブナやカエデ、ダケカンバやカラマツは、色とりどりに山を彩り始めている。
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!