アンケート企画
世界遺産・富士山の環境保全、安全・混雑対策、入山料に関するアンケート
  • 回答者の70%が富士登山経験者で、60%弱が富士山頂に立つ経験を持つ登山者。
  • 富士登山者を減らす施策には「入山規制」が最も良いと考えている人が多い。
  • 入山料の徴収は80%近くが支持し、高額の徴収にも理解する人が多い。
  • 入山料を徴収した場合、使途を明確にし、できればトイレ問題に使って欲しいという意見が最多。
  • 富士登山経験者と未経験者との意見の相違は、ほぼ見られなかった。

 世界遺産登録が決定し、登山者数の激増が予想される富士山。今年、山梨・静岡の両県では、環境保全や安全登山のために、今年は任意で1000円の入山料を試験的に徴収することが決定している。

 報道によると「混雑対策には7000円が必要と試算」などといわれているが、皆さんは安全対策・環境保全、それに伴う入山料の徴収についてどう考ているのだろうか?

 そこで、ヤマケイオンラインでは「登山者」の意見として会員に緊急アンケートを実施した。

 なお、質問項目での「富士山」「富士登山」は基本的に五合目から頂上を指している。また、質問の出題においては、愛甲哲也・北海道大学准教授に協力いただいた。

◆調査基本データ
有効回答数 :1947名
調査期間 ::2013年6月18日(火)~7月1日(月)
有効回答ユーザーのプロフィール :


※グラフはクリックすると拡大します

今回の調査では、リンク先のような形式で質問を行い、回答者は最大13問を回答。結果は以下のとおりとなった。
※質問内容は会員登録している場合のみ確認できます
回答者の約7割が富士登山経験者。富士登山経験者と未経験者の意見の違いは?

 最初の質問は、ずばり「富士山に登ったことがあるかどうか」。実に7割が富士登山を経験し、そのほとんどは山頂まで登った登山者という結果だった。

 最初にこの質問をした大きな理由は、富士登山経験者と、未経験者では、意見に相違があるかどうかという調査も行いたかったからだ。

 このクロス集計の結果については以下すべての質問で公開しているが、結果から先に述べると、意見の相違はほとんど見られなかった。なお、ここでの経験者とは、「途中まで登った」も含めている。

Q1:富士山に登ったことがありますが? 
※グラフはクリックすると拡大します
世界遺産登録には概ね賛成も、違和感を持つ人は少なくない結果

 かつて富士山は、「遠くから見るとキレイだけれど、行ってみるとゴミが多くてガッカリ」と言われたことがあった。そんな環境保全問題を抱えながら、今回の世界文化遺産登録となった富士山。

 日本の象徴でもある富士山の世界遺産登録は、日本国民としては嬉しいものの、「文化遺産」というところに違和感という声も聞かれる。

 そこで単純に「賛成・反対」ではなく、少しだけ変化を加えて賛成・反対を聞いたのが、以下の結果。

 その他の意見も、いくつか紹介しておくが、世界遺産そのものに対しての疑問や違和感の意見が多かった。

Q2:富士山の世界文化遺産登録に賛成ですが?
★☆ 富士登山経験者と未経験者の違い ☆★
※グラフはクリックすると拡大します
■みんなの意見
    ●賛成
  • 賛成だが、登録したい本当の意味がイマイチ。屎尿処理、ゴミ問題・・・どう考えているのか???
  • ●まだ早い!
  • いまは反対。もっと地域のインフラを整えた上で自然遺産なら賛成。
  • まだ反対。設備が整ってなさすぎる。自然遺産は絶対無理で、文化遺産なら文化面を出した施設整備がなければ意味がない。
  • 遺産登録によって富士山・その周辺の自然環境保護において多いにプラスに働くのであれば賛成出来るけれど、現状はそう思えないので時期尚早かと思う。
  • 基本的に賛成だが、登録に伴う自治体・国・山小屋等の受け入れ態勢が整う事が大前提。それがなければ登録されるべきではない。
  • 現状反対だが、ゴミ対策やマナー向上が徹底された上、今後の環境保護の指針がはっきりした後なら賛成すると思う。
  • ●反対
  • 一過性のブームで終わるなら「信仰の対象」とは言い難いので反対。
  • 活火山でいつか形は崩れるかもだし、富士山信仰も実は限定的だし、明確な意思はないがどちらかというと否定的。
  • ●そもそも
  • そもそも○○遺産として登録することの目的がよく理解できない。商業的な色が濃いような気がする。
  • 自然遺産にならなかったのは「ゴミ」の問題ではなく、地元が反対した、あるいは消極的だったのが一番の理由。当時は商売に障害が出ると心配したため。ちゃんと再検証した方が良い。
  • 人為的な「資格」のようなものに意味はなく、価値を規定するものでもないので、どちらでも良い。
  • そもそも世界文化遺産とはなに? あの人たちは何の権限があって当落を決めるの? 変だとは思いませんか?
  • 世界遺産への登録自体には賛成であるが、自然遺産では受け入れられないためにしぶしぶ文化遺産登録を目指しているようで、その点が理解できない。
  • 世界遺産登録に反対はしないが、世界的な自然遺産というほどでもないと思うし、不勉強で文化遺産には違和感がある。
  • 富士山は紛れもなく日本、日本人の心の故郷なので遺産以前に政府が率先して守っていくべき。世界遺産は山梨県や静岡県のお金儲けにしか思えない。
  • 富士山を遺産とする理由づけが、いまひとつピンとこない。それぞれの山にはそれぞれの歴史がある。
  • 別に世界遺産に登録されなくてもわかる人にはわかるのだから特に登録されなくて良い
≪ 前のページヘ 1 2 3 4 5 6 次のページへ ≫


こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2017年6月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 進化したスマートウォッチをフィールドテスト!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト! カシオのスマートウォッチが進化しGPS搭載に! ギア好きライター礒村真介氏がフィールドテスト。その使い勝手は…。
NEW ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々 ファミリー、初心者でも短時間で絶景を堪能! ロープウェイ、ゴンドラを使ってアクセスできる5つの山を紹介!
NEW 「山ジップロック研究所」今週のテーマは「移動しながら…」
「山ジップロック研究所」今週のテーマは「移動しながら…」 「ジップロック」の様々な使い方紹介する連載。「移動しながらクッキング」をテーマに2回に渡ってノウハウを伝授します!
NEW サロモン、人気モデルの最新作! その実力は…?
サロモン、人気モデルの最新作! その実力は…? 約30gの軽量化! 新「XA プロ 3D ゴアテックス」のモニターレポートが届きました! フィット感や快適性もチェック!
NEW ミレー「TYPHON 50000」のモニターレポート
ミレー「TYPHON 50000」のモニターレポート ストレッチレイン「TYPHON 50000」と「ドライナミックメッシュ」のレイヤリングで、蒸れのなさ、快適な着心地を実感...
NEW Peak Performanceと「山小屋」の意外な関係
Peak Performanceと「山小屋」の意外な関係 「山小屋」から掘り下げる北欧ブランド・Peak Performanの魅力。こもれび山荘の竹元さんのインタビュー掲載中!
NEW 近くていい山、「谷川岳ウィーク」開催間近
近くていい山、「谷川岳ウィーク」開催間近 今年も7月2日の「谷川岳の日」の前後に「谷川岳ウィーク」が開催される。「近くていい山」谷川岳へ行こう!
NEW いよいよ夏山の計画。大町から北アルプスはいかが?
いよいよ夏山の計画。大町から北アルプスはいかが? 長野県大町市は北アルプスの玄関口として山との関わりが古く、案内人組合は100年の歴史を誇ります。大町市の魅力をご紹介!
NEW 福島の山と観光アンケートにご協力ください
福島の山と観光アンケートにご協力ください 福島県の山と観光について、アンケート実施中。回答者の中から抽選で10名にプレゼントをご用意。ご協力をお願いします。
NEW 梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW 「背負うより“着る”感じ」グレゴリー、レポート到着!
「背負うより“着る”感じ」グレゴリー、レポート到着! グレゴリーの革新的な技術を盛り込んだ「パラゴン」と「メイブン」。快適性や機能を犠牲にせず軽量化を実現! その実力は…!?
日本の雨に適したレインウェアをテスト
日本の雨に適したレインウェアをテスト 高橋庄太郎さんが気になるアイテムをフィールドテストする連載は、パタゴニアのレイン「クラウド・リッジ」をテスト!!
ホグロフス、あの人気シリーズが復活
ホグロフス、あの人気シリーズが復活 雪山から夏山まで、シーズンを通して活躍する万能ソフトシェル「リザードⅡジャケット」。バージョンアップしたホグロフスの人気...
NEW 尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開!
尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開! 尾瀬ってどんなところ? なにがあるの? そんな疑問にお答えします!尾瀬の魅力を紹介するサイト「尾瀬ナビ」!
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック 快適性はそのままに、軽量化を実現! 軽さをコンセプトにした新シリーズ「エアリアル」に「SL35」が登場しました!
緑が広がる天上の湿原へ・・・
緑が広がる天上の湿原へ・・・ 山上に広がる幻想的な景色、湿原に生きる草花や生き物。雪が消え始めた今、天上の楽園・山上の湿原を目指しましょう