アンケート企画
ソロ登山に関するアンケート
  • 回答者の86%がソロ登山経験者! 約42%がソロ登山を中心に活動
  • ソロで登山する理由は「自分のペース」という回答に尽きる結果
  • 活動スタイルは「日帰り・ソロ登山」が圧倒的多数
  • ソロ登山における装備の軽量化は78%が意識する結果に

 一般的な縦走登山では、“ソロ”に特化した登山技術は少ない。ただし、山中をひとりで歩くことは、頼るべき同行者はいなくなり、さまざまな面で山のリスクが高まることになる。

 弊社が隔月で刊行している『ワンダーフォーゲル』編集部では、「ヤマケイオンライン」を通じて、ソロ登山に関する意識調査を実施。その詳細は、2015年1月10日に発売された、2015年2月号で、ノウハウやインタビューなどと併せて紹介している

 ヤマケイオンラインでは、その結果のサマリーを紹介する。

◆調査基本データ
有効回答数 :2450名
調査期間 ::2014年11月06日(木)~2014年11月21日(金)
有効回答ユーザーのプロフィール :


※グラフはクリックすると拡大します

今回の調査では、リンク先のような形式で質問を行い、ソロ登山に関すえう質問は最大13問。
※質問内容は会員登録している場合のみ確認できます
86%がソロ登山経験者!

 ソロ登山についてのアンケートの最初の質問は「ソロ登山をしたことがありますか?」という内容。

 回答者86%が経験者と、多くの人が実践している状況となっていることがわかった。

Q:ソロ登山をしたことがありますか?
※グラフはクリックすると拡大します
約42%がソロ登山が中心、半分以上を含めると6割以上

 続いて山行経験の中でのソロ登山の割合について質問。「ソロ登山しかしない」という6%、とソロ登山がほとんど(36%)を合わせると、ソロ登山率がかなり高い(約42%)ことがわかった。

 「半々」も含めると6割強がソロ登山中心の登山ライフとなっているようだ。この理由は、以下の質問で確認する。

Q:これまでの自分の山行経験の中で、ソロ登山が占める割合はどのくらいですか?
広義には「自分のペース」という回答に尽きる、ソロ登山の理由

 ソロ登山経験者に対して、その理由を確認すると、「自分のペースで行動したい」「自分のスケジュール優先で計画したい」という理由が大半を占めた。

 「静かに山を歩きたい」という理由も含めて、自分のペースで・自分の世界観で山を楽しみたいという、マイペース派という理由が大半を占めた。

 その他の理由では、「平日休みなので参加できる環境にない」「平日に行きたい」など、友人とのスケジュールの関係でソロ登山となってしまうという意見が目立った。

Q:(ソロ登山に行くという方)どんな理由でソロ登山に行くことが多いですか?
■ソロの理由
    ●休みがあわない、パートナー不在
  • 山仲間に土日祝が休みの人がいないため、土日祝はソロが多い
  • 急に思い立っての平日はひとりが圧倒的に多い。みな仕事をもっている。
  • 山友が2人、60歳前半で亡くなったため。
  • 70歳を越えると幕営登山をする者がいなくなった。
  • ●他人に迷惑をかけたくない
  • 体調不良、天候急変等で、仲間に気兼ねなく撤退できる
  • 他人より歩く速さが遅いのでグループに入れない。
  • 他人のペースに合わせるのがしんどいから
  • ●目的が写真撮影
  • 写真撮影しながらなので一人の方がいい
  • 自分の感性で山岳写真を撮影したいから他人と行動できません
  • 山岳写真撮影のため、但し山小屋で必ず撮影仲間に会う
  • ●風の吹くまま
  • 気象条件により、行き先、行く日を変える場合が多いから
  • 始めた頃から一人で、二人以上で行く理由が見あたらないから。
  • 天候を見て行く行かないを一人で判断できる。
  • ●自分と山と向き合う
  • 自分自身を見つめ、自分自身と対話するため
  • 自然と1対1で向き合えるような気がするから
  • 己と戦い、無心になりたいから・・・w
  • 大自然のなかで一人になるために登山をしてるから
  • 全て自分で対処しなければならない状況が、自身を鍛えると思うから。
  • 道のない山を登るには五感を研ぎ澄ます必要があるため、連れがいたら邪魔。
≪ 前のページヘ 1 2 3 次のページへ ≫


おすすめの記事

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年11月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報