アンケート企画
ソロ登山に関するアンケート
  • 回答者の86%がソロ登山経験者! 約42%がソロ登山を中心に活動
  • ソロで登山する理由は「自分のペース」という回答に尽きる結果
  • 活動スタイルは「日帰り・ソロ登山」が圧倒的多数
  • ソロ登山における装備の軽量化は78%が意識する結果に

 一般的な縦走登山では、“ソロ”に特化した登山技術は少ない。ただし、山中をひとりで歩くことは、頼るべき同行者はいなくなり、さまざまな面で山のリスクが高まることになる。

 弊社が隔月で刊行している『ワンダーフォーゲル』編集部では、「ヤマケイオンライン」を通じて、ソロ登山に関する意識調査を実施。その詳細は、2015年1月10日に発売された、2015年2月号で、ノウハウやインタビューなどと併せて紹介している

 ヤマケイオンラインでは、その結果のサマリーを紹介する。

◆調査基本データ
有効回答数 :2450名
調査期間 ::2014年11月06日(木)~2014年11月21日(金)
有効回答ユーザーのプロフィール :


※グラフはクリックすると拡大します

今回の調査では、リンク先のような形式で質問を行い、ソロ登山に関すえう質問は最大13問。
※質問内容は会員登録している場合のみ確認できます
86%がソロ登山経験者!

 ソロ登山についてのアンケートの最初の質問は「ソロ登山をしたことがありますか?」という内容。

 回答者86%が経験者と、多くの人が実践している状況となっていることがわかった。

Q:ソロ登山をしたことがありますか?
※グラフはクリックすると拡大します
約42%がソロ登山が中心、半分以上を含めると6割以上

 続いて山行経験の中でのソロ登山の割合について質問。「ソロ登山しかしない」という6%、とソロ登山がほとんど(36%)を合わせると、ソロ登山率がかなり高い(約42%)ことがわかった。

 「半々」も含めると6割強がソロ登山中心の登山ライフとなっているようだ。この理由は、以下の質問で確認する。

Q:これまでの自分の山行経験の中で、ソロ登山が占める割合はどのくらいですか?
広義には「自分のペース」という回答に尽きる、ソロ登山の理由

 ソロ登山経験者に対して、その理由を確認すると、「自分のペースで行動したい」「自分のスケジュール優先で計画したい」という理由が大半を占めた。

 「静かに山を歩きたい」という理由も含めて、自分のペースで・自分の世界観で山を楽しみたいという、マイペース派という理由が大半を占めた。

 その他の理由では、「平日休みなので参加できる環境にない」「平日に行きたい」など、友人とのスケジュールの関係でソロ登山となってしまうという意見が目立った。

Q:(ソロ登山に行くという方)どんな理由でソロ登山に行くことが多いですか?
■ソロの理由
    ●休みがあわない、パートナー不在
  • 山仲間に土日祝が休みの人がいないため、土日祝はソロが多い
  • 急に思い立っての平日はひとりが圧倒的に多い。みな仕事をもっている。
  • 山友が2人、60歳前半で亡くなったため。
  • 70歳を越えると幕営登山をする者がいなくなった。
  • ●他人に迷惑をかけたくない
  • 体調不良、天候急変等で、仲間に気兼ねなく撤退できる
  • 他人より歩く速さが遅いのでグループに入れない。
  • 他人のペースに合わせるのがしんどいから
  • ●目的が写真撮影
  • 写真撮影しながらなので一人の方がいい
  • 自分の感性で山岳写真を撮影したいから他人と行動できません
  • 山岳写真撮影のため、但し山小屋で必ず撮影仲間に会う
  • ●風の吹くまま
  • 気象条件により、行き先、行く日を変える場合が多いから
  • 始めた頃から一人で、二人以上で行く理由が見あたらないから。
  • 天候を見て行く行かないを一人で判断できる。
  • ●自分と山と向き合う
  • 自分自身を見つめ、自分自身と対話するため
  • 自然と1対1で向き合えるような気がするから
  • 己と戦い、無心になりたいから・・・w
  • 大自然のなかで一人になるために登山をしてるから
  • 全て自分で対処しなければならない状況が、自身を鍛えると思うから。
  • 道のない山を登るには五感を研ぎ澄ます必要があるため、連れがいたら邪魔。
≪ 前のページヘ 1 2 3 次のページへ ≫


こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2017年7月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW オススメ・トレッキングコースを選ぶのはアナタ
オススメ・トレッキングコースを選ぶのはアナタ NHK BSプレミアムで9月に放送される「にっぽんトレッキング100」、おすすめコースを選ぶのは、会員の皆さんです。ぜひ...
NEW 「山ジップロック研究所」今週は、山の衣料小物を賢く収納!
「山ジップロック研究所」今週は、山の衣料小物を賢く収納! どんどん増えてしまう山道具。特に、小さくたたむと見た目がにている衣料小物の保管をジップロックで賢く収納する術をご紹介
NEW ホグロフス、復活した人気ソフトシェルの実力は…!?
ホグロフス、復活した人気ソフトシェルの実力は…!? モニターレポート到着! 人気ソフトシェル、「リザードⅡジャケット」を悪天候の谷川岳などでテスト! 今後も更新予定!
NEW 「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう!
「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう! 山仲間と簡単にシェアできる! 「ソニー アクションカム」で美しく鮮やかな映像に残しましょう。あなたの山行の思い出と一緒に
NEW カーキャリア世界最大手が手掛けたバックパック
カーキャリア世界最大手が手掛けたバックパック 街中で見かけるようになったTHULE(スーリー)のバッグ。トレッキング用バックパックも販売しているの、ご存知でした?
NEW 魅力あふれる山域 妙高戸隠連山国立公園
魅力あふれる山域 妙高戸隠連山国立公園 長野・新潟県境に、新たに誕生した「妙高戸隠連山国立公園」。6つの名山の魅力と山麓の温泉、見どころを紹介!
NEW いざという時、探し出せる 捜索ヘリサービス
いざという時、探し出せる 捜索ヘリサービス 登山者に何か起こった時、端末が電波を発信し、位置を特定できるという「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。詳しくはこちら
NEW 温泉施設新設! 日本百名山の日光白根山へ
温泉施設新設! 日本百名山の日光白根山へ 日本百名山&関東最高峰の日光白根山は山麓からゴンドラで一気に標高2000mへ。山麓に温泉施設が新設され、さらに便利に! ...
NEW ミステリーランチから、こだわりの軽量モデルが登場
ミステリーランチから、こだわりの軽量モデルが登場 米軍特殊部隊など、プロご用達の製品としても名高いミステリーランチから「スタイン62」が登場! モニター募集!
登山の厳しい環境に対応のGPSトレッキングギア
登山の厳しい環境に対応のGPSトレッキングギア EPSONのGPSデバイスMZ-500シリーズ。GPS機能と独自のアルゴリズムを使って高精度に計測できる“GPSトレッキ...
NEW 乗鞍岳へ! 岐阜・高山から始まる山旅
乗鞍岳へ! 岐阜・高山から始まる山旅 在日台湾人2人が、高山からの山旅で乗鞍岳へ。初めての3000m、温泉も街も自然も堪能した岐阜県の山旅レポートを再掲載
NEW カリマーの人気レインウェアはバランスが絶妙
カリマーの人気レインウェアはバランスが絶妙 カリマーの人気レインウェア「ビューフォート 3L jkt」をモニタープレゼント! 軽さと快適性の絶妙なバランスを体感しよ...
NEW GPS搭載のSUUNTO「TRAVERSE」が新登場
GPS搭載のSUUNTO「TRAVERSE」が新登場 「アルティマックス」を愛用しているというライター・笹倉さんがスントの「トラバース」をフィールドテスト!
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
NEW 軽さだけじゃない。カリマー「SL35」、レポート到着!
軽さだけじゃない。カリマー「SL35」、レポート到着! 軽すぎず、快適で、背負いやすい! カリマー「SL35」のモニターレポートが到着。いろんな環境で使っていただきました。
日本百名山、谷川岳に登ろう!
日本百名山、谷川岳に登ろう! 深田久弥氏が「近くていい山」と記した谷川岳。ロープウェイから登れ、周囲にも魅力的な山が連なっています!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト! カシオのスマートウォッチが進化しGPS搭載に! ギア好きライター礒村真介氏がフィールドテスト。その使い勝手は…。
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々 ファミリー、初心者でも短時間で絶景を堪能! ロープウェイ、ゴンドラを使ってアクセスできる5つの山を紹介!
尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開!
尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開! 尾瀬ってどんなところ? なにがあるの? そんな疑問にお答えします!尾瀬の魅力を紹介するサイト「尾瀬ナビ」!
NEW 富士山シーズン、いよいよ幕開け!
富士山シーズン、いよいよ幕開け! 今年も富士登山シーズンが始まります。写真家・小岩井大輔さんの「山頂日記」もスタートした「富士山ナビ」をチェック!