アンケート企画
ブランドイメージ&登山用具購買動向調査2016
所有ブランドの調査

登山アイテムを全14項目に分類し、それぞれで「所有しているブランド」、「購入したいブランド」を質問している。いずれもアイテムごとにトレンドがつかめる数値が出ていて面白い。

登山靴・トレッキングシューズ

1位モンベル、2位スカルパの上位2ブランドは同じだが、「スポルティバ」が数字を伸ばし(昨年11.8%➝13.3%)、3位となった。この数年、「購入したい登山靴」での数値が高まっていたが、所有率の伸長となって現れた。

ほか上位10ブランドは、顔ぶれは同じだが、スポルティバのほかには「サロモン」がシェアを伸ばして順位をあげた(昨年8.5%➝11.5%)。

※グラフはクリックすると拡大します
ザック

グレゴリー、オスプレー、ミレーの順になった。昨年から比べるとグレゴリーが大きく伸ばし(昨年25.2%➝27.4%)、オスプレーは横ばい(昨年26.4%➝26.5%)のなか、ミレーが微減となった。

以下、ドイター、カリマーとザックブランドが続く。「モンベル」は、同社のサブブランド「ゼロポイント」もあり、両方を合わせると27.3%となる。

※グラフはクリックすると拡大します
雨具・アウターウェア

モンベル、ザ・ノース・フェイス、ミズノの上位3ブランドは、昨年と同じ。モンベルが若干数値が落ち、ザ・ノース・フェイスが伸びた。

昨年に比べて数値の上がったブランドは、ザ・ノース・フェイス(昨年24.7%➝26.0%)、パタゴニア(9.8%➝10.4%)、ファイントラック(5.9%➝6.4%)、ミレー(5.0%➝6.1%)など。

※グラフはクリックすると拡大します
機能性サポートタイツ

上位変わらず、CW-X、C3fit、モンベル、ミズノの順となった。上位ブランドはそれぞれ数値も上がっている。

※グラフはクリックすると拡大します
機能性アンダーウェア

モンベル、ファイントラック、ユニクロ、ザ・ノース・フェイスの順となった。ユニクロ以外の3ブランドは数値が向上。特にファイントラックは昨年30.7%から34.2%とさらに伸びて、モンベルに迫ってきている。

ドライ系アンダーウェアに参入した「ミレー」が、ランク外からから7位(昨年3.4%➝6.7%)に。2シーズンめで、所有率に反映させた。

ウール系のアンダーウェアブランドでは、「アイスブレーカー」が所有率で上位9番めに。ウール系アンダーウェアはいずれも女性の所有比率が高いが、その中では、「アイスブレーカー」が最もシェアを確保している(昨年4.4%➝6.2%、女性では9.7%が所有)。

※グラフはクリックすると拡大します
防寒用中間着(ダウン、インナーダウン、化繊素材)

モンベル、ユニクロ、ザ・ノース・フェース、パタゴニア、マムートの順となった。

上位10ブランドの顔ぶれは変わらず。ユニクロは29.0%と変わらず高い。

※グラフはクリックすると拡大します
防寒用中間着(フリース)

モンベル、ユニクロ、パタゴニア、ザ・ノース・フェース、マムートの順となった。

上位10ブランドの順位はほぼ変わらないなかで、昨年に比べて数値を伸ばしたのはパタゴニア(14.9%➝16.2)、ザ・ノース・フェース(14.1%➝15.0%)、マムート(9.0%➝10.0%)、マーモット(3.9%➝4.9%)。4ブランドとも女性の所有率が高い。

※グラフはクリックすると拡大します
その他の中間着(ジップアップシャツ、山シャツなど)

モンベル、ザ・ノース・フェース、コロンビア、マムートの順となった。上位10ブランドの顔ぶれは変わらない。

昨年と比べて数値を伸ばしたのは、ザ・ノース・フェース(25.7%➝27.3%)、パタゴニア(12.4%➝13.5%)、ファイントラック(8.4%➝10.4%)、ミレー(8.9%➝9.6%)、フェニックス(6.5%➝7.8%)。

※グラフはクリックすると拡大します
登山用のズボン

モンベル、ザ・ノース・フェース、コロンビア、マムート、マーモットの順は昨年と同じ。上位10ブランドの中では、マムート(13.8%➝15.5%)、マーモット(12.1%➝14.1%)、フェニックス(11.1%➝12.9%)、パタゴニア(6.7%➝7.8%)が昨年と比べて伸びた。

※グラフはクリックすると拡大します
山岳用テント

アライテント(ライペン)が久しぶりに所有率1番になった。昨年の24.1%から27.3%に伸ばしたのに対し、モンベルは昨年からほぼ横ばいだった。

登山歴で見ると、アライテントは歴の長い人、モンベルは歴の浅い人に所有率が高い。山岳テントに参入したばかりのファイントラックは、初年度にして8位(4.0%) に入った。

※グラフはクリックすると拡大します
火器類(バーナー、コンロ)

「プリムス」が圧倒的に1位(51.6%)。EPIや他ブランドも横ばい中で、「SOTO(新富士バーナー)」が昨年11.8%➝15.2%と伸びている。

※グラフはクリックすると拡大します
トレッキングポール

ブラックダイヤモンド、レキ、モンベルの上位順は変わらない。モンベルが若干増えている(昨年16.8%➝18.4%)。

※グラフはクリックすると拡大します
寝袋、シュラフ

モンベル、イスカ、ナンガの順で、8位まで昨年と同じ順位となった。モンベルが昨年53.3%➝55.1%、ナンガが昨年13.8%➝16.1%と伸ばしたほかは目立った動きはなかった。

※グラフはクリックすると拡大します
登山用ソックス

今年初めて調査した項目。モンベル(42.8%)、スマートウール(20.0%)、ザ・ノース・フェイス(14.6%)の順となった。

「スマートウール」は女性の所有率が高い(男性18.2%に対して、女性25.7%)。ウール系アンダーウェアと同じような傾向が見られた。

※グラフはクリックすると拡大します


おすすめの記事

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2017年10月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍!
鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍! 連載「山ジップロック研究所」。今回のテーマは、秋こそ山で食べたい「鍋料理」。3つのレシピ&「ジップロック」活用術!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
NEW 透湿値の高いアウター 秋冬版登場!
透湿値の高いアウター 秋冬版登場! ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。その秋冬版が登場。細かい仕様をチェックしよう!
NEW こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
NEW 紅葉シーズン、いよいよ到来!
紅葉シーズン、いよいよ到来! 9月も下旬、いよいよ山は紅葉に染まり始めた! 冬に向かう一歩手前の高山では、ピークに差し掛かりつつある
NEW 「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう!
「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう! 山仲間と簡単にシェアできる! 「ソニー アクションカム」で美しく鮮やかな映像に残しましょう。あなたの山行の思い出と一緒に
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!