標高2,578m。ロープウェイを使って日光白根山へ行こう!!
ポイント1:ロープウェイで標高2000mへ!大人から子どもまで登山を安心して楽しめる

 栃木・群馬の県境に位置する日光白根山(標高2,578m)は、深田久弥選の「日本百名山」のひとつ。日光側から見て、最奥に位置する標高の高い独立峰で、雪を抱く姿から「白根山」の名がつき、古くから信仰の対象とされた。かつては、日光側の登山口を早朝に出発し、日暮れまで歩いて往復した日光白根山だが、現在は群馬県の丸沼高原側から日光白根山ロープウェイが運行しているので、いっきに標高を稼ぐことができ、日本百名山に手軽にアプローチできると人気が高い。また、整備の行き届いた登山道により、5〜6時間で往復することが可能なため、登山のベテランだけでなく、初級者でも、ファミリーでも、安心して楽しむことができる山になっている。

 日光白根山は、座禅山、五色山、前白根山などのいくつかのピークと、山上の五色沼、弥陀ヶ池、山腹の菅沼などの湖沼を抱く独特の地形が美しい景観をつくっている。森林限界を超える独立峰として、山頂からの眺めは抜群で、日光連山の男体山、女体山、大真名子山、小真名子山や、中禅寺湖を望むことができる。また、この山に多く見られたことから名付けられた「シラネアオイ」や、イワカガミ、ハクサンシャクナゲ、コマクサ、トウヤクリンドウなど、高山植物も数多く見られる。

 景観に優れ、高山植物も豊富なことから、昭和32年には、日光国立公園の特別保護地区に指定された。

ポイント2:単純往復コースなら、およそ5時間で頂上へ!周遊コースや天空の足湯も魅力

  日光白根山の登山コースはいくつか用意されていて、山頂往復だけなら約5時間となっているが、時間に余裕があれば、五色沼や弥陀ヶ池などを周遊するコースを取るのもよいだろう。道標がしっかりしているので道に迷う心配はないが、標高の高い独立峰だけに、風や雷、ガスなどには注意が必要。しっかりした装備も忘れずに!

 ロープウェイ山頂駅付近には、本格的な登山をしない人でも楽しめる施設や散策コースも充実している。標高2,000mに位置し、日光白根山を仰ぎ見ながら利用できる「天空の足湯」で、下山後、登山靴を脱いで疲れを癒やしてから帰るのもいいだろう。

 足湯だけでは物足りないという人は、ロープウェイを下れば、ロープウェイのセンターハウス(※)や同系列の宿泊施設「シャレー丸沼」に日帰り入浴施設がスタンバイされているので、帰宅前に汗を流して帰ることも可能だ。

宿泊&周辺観光:日光白根山登山の前後に、充実の時間を過ごせる丸沼高原

 冬はスキー場となる丸沼高原は、ロープウェイだけでなく、山麓の施設が充実。なんといっても今シーズンは体験型アトラクション「ツリーアドベンチャー丸沼高原」(1) に注目だ! 樹上数mの高さに設置されたアスレチックは、安全ハーネスをつけて十分な安全管理のもとで楽しめる。FUNコースとKIDSコースに分かれているので、小さいお子様でも安心だ。最後はジップラインで爽快にゴールしよう。

 冬にゲレンデとなる斜面では、サマーリュージュ(3)などのアトラクションも楽しい。キャンプ場(4)もあるので、「登山前後の宿泊をテントで」という人にも好都合だ。また、宿泊施設、「シャレー丸沼」(5、6)には天然温泉が引かれている。登山の前後にしっかり体を休めることが可能だ。さらに、9月から10月にかけての特定日には、ロープウェイ山頂駅付近での星空観賞イベントも開催予定(日程はホームページで確認)。手ぶらでできるバーベキュー施設もある。

 日光白根山への登山だけではもったいない。登山の前後に1泊して、友人や家族と丸沼高原を堪能するといいだろう。

 「ヤマケイオンライン」の登山地図閲覧&コース計画マネージャ「ヤマタイム」に、日光白根山の地図を整備。ロープウェイ山頂駅からのさまざまなコースを、地図をなぞってコースタイムが計算可能。健脚向けでも、ファミリー登山向けでも、自分に合ったコースで登山計画を立てることができます。

アクセス:椎坂トンネル開通で関越道沼田ICから約50分 日光から期間限定の無料シャトルバスも運行!

期間限定で、日光方面からは湯元温泉バス停から、無料シャトルバス(丸沼高原シャトル)が運行される。詳しくは丸沼高原のウェブサイト、またはお電話で。 このほか、2016年より関越交通が運行する「日光・かたしなエクスプレス号」も利用可能(有料)。詳しくは関越交通ホームページをご確認ください。


お問い合わせ

丸沼高原 日光白根山ロープウェイ
群馬県利根郡片品村東小川4658-58
丸沼高原総合案内
TEL0278-58-2211
http://www.marunuma.jp/