特集 > オリンパス STYLUS TG-3 Tough で植物写真家いがりまさしさんが花たちを撮る vol.1

 オリンパスSTYLUSTG-2を入手したのは2013年の5月。「スーパーマクロモード」と呼ばれる近接撮影能力とGPS内蔵、15m防水というアウトドア仕様に惹かれたものの、最初はGPS件メモカメラとして使おうと思っていた。コンパクトカメラの画質が、プロの写真家の実用に耐えるとは思っていなかったのである。

 ところが、使ってみると近接撮影能力だけでなく、OPTICAL ZOOM4.5-18mmF2.0~4.9というレンズの実力に驚いた。一般にセンサーサイズの小さなカメラはボケが汚いが、このレンズはF2.0という開放値とあいまって、シャープなだけでなく、アウトフォーカスの描写が自然で滑らかなのである。

 スミレのような小さな野草をクローズアップしてバックの林を滑らかにボカしながら描写する。一眼レフでは小回りが効かないようなシーンで、このカメラならではの作品が、昨シーズン次々と誕生した。画質はフィルム時代を例にとれは6×7判を凌駕する。写真展の作品としても十分に使える画質である。

 そして、待望のTG-3の登場である。画素数が少し大きくなったほかは、基本スペックはあまり変わってないように見えるが、使ってみるとかゆい所に手が届いた最強の全天候、全フォーカスカメラに仕上がっていた。


 手にとってみたTG-3の外観、重量はTG-2とほとんど同じだ。バヨネットのキャップがメタルになり、ちょっと高級感がある。電源ボタンとズームレバーの位置が変わってさらに操作性が向上した。

 TGシリーズがほかのコンパクトとちがうのは、優れた操作性にあると思う。カメラをいじるのが好きで好きでたまらない人はともかく、自然のなかでなにがしかテーマを追求するフィールドワーカーにとって、多くの機能が、自分の手足の延長のように使える操作性がともかく最重要なのである。

 ダイヤルにある「C」マーク。ここに、ユーザー設定モードをセットしておけば、ダイヤルを合わせてやるだけで自分のよく使うモードですぐ使うことができる。一眼レフではよく使われている機能だが、コンパクトでこのモードがあるのが、TG-3の実用機としての実力を高めている。


 植物ウォッチャーにとって、TGシリーズの最も魅力的な点は、この顕微鏡モード。ハコベの花のアップくらい朝飯前。アブラムシの仲間のような、肉眼では見えるか見えないかの微細な昆虫をもクローズアップできる。そして、ズーム全域でこのモードが可能な点がさらに実用性を高めている。

 ちなみに、TG-2までは、「スーパーマクロモード」と呼ばれ、ダイヤルにはチューリップマークに「s」の文字がついたアイコンだったのが、TG-3では「顕微鏡モード」という呼称にかわり、アイコンは顕微鏡のイラストになっている。基本的な機能はTG-2を継承しているが、その撮影をアシストする機能が目を見張る。


 まず、「深度合成モード」。シャッターを押すと、自動的にピントの位置を前後に何枚かずらして撮影。それをピントのあったところを優先的に使い、一枚の写真に合成してくれる。

 特に、望遠側ズームで撮影する場合には被写界深度が極端に浅くなり、いままではストロボを併用するなどの工夫が必要だったが、そのままでシャープなクローズアップが撮れる。

 「photo05」と「photo06」を比べていただきたい。「photo05」は通常の顕微鏡モードで撮影した。イメージ的な写真としては十分通用するが、ノハラムラサキの蕚の毛の状態はアウトフォーカスになってしまっている。「photo06」は深度合成モードで撮影したもの。この仲間の識別に重要な蕚の毛の状態まではっきりわかる写真になっている。

 完全にアウトフォーカスになっている茎やバックのボケ味にはまったくちがいは感じられない。その点が絞りを絞って被写界深度を出した場合とちがうところ。

 このモードの泣き所は、風に揺れる被写体などが、二重に写ってしまうことだ。その場合は「フォーカスブラケットモード」がものをいう。まさに、かゆいところにちゃんと手が届いた機能設計だ。

 その詳細は次回に譲るが、「これでもか」といわんばかりのアシスト機能を満載した顕微鏡モードに、開発者の執念にも似た情熱を感じるカメラである。




Masahi IGARI

植物写真家・ミュージシャン。愛知県在住。「植物図鑑撮れたてドットコム」を運営(http://www.plantsindex.com/)。主な著書に「日本のスミレ」(山と溪谷社)、 「四季の花撮影」(学研)、「野草のおぼえ方・上、下」(小学館)などがある。
TG-3 Tough
価格=オープン価格 有効画素数=1600万画素
焦点距離(35ミmm換算)=4.5~18mm(25~100mm)
サイズ=W111.5×H65.9×D31.2mm 重量=247g(電池、カード含む)
→詳細はコチラ
LEDライトガイド LG-1
価格=¥6,804(本体\6,300+税)
対応機種=TG-1、T-2、TG-3
重量=9g
→詳細はコチラ