このエントリーをはてなブックマークに追加

トレイルバーを手作りしよう 「山ジップロック®研究所」

道具・装備 2017年07月13日

文=小川郁代、イラスト=ヤマサキミノリ

 

Report13 トレイルバーを手作りしよう

六郎です。みなさん、山行ってますか?
僕は先週末、高尾山へ。今回は、友人に誘われて、初めてトレイルランニングに挑戦してきました。いつもはのんびり観光気分の高尾山、トレランコースとしても人気なのだそうです。

以前ご紹介しましたが、最近山に行くときは、いつもオリジナルのトレイルミックスを持って出かけるんですが、今回はトレラン。トレイルミックスをもっと手軽に、食べやすくするために、片手で食べられるトレイルバーにして持っていこうと決めました。

前日の夜に思い立って作ったのですが、これが大成功! 簡単にできたので、みなさんにご紹介します。

 

まずは "基本のトレイルバー" を作る

材料はこちら。基本的な中身は、以前ご紹介したトレイルミックスと同じ。好みのものでいいと思います。 

バー状に固めるためにマシュマロを、成型しやすくするために、ピーナッツバター、バターを加えます。

 

1. ナッツを「フリーザーバッグ」に入れて棒でたたいて細かくする

ほかの材料と混ざりやすいようにナッツを適当な大きさに砕きます。

2. ドライフルーツを適当な大きさに切る

レーズンなどはそのままでOK。マンゴーなど大きいものは、ナッツと同じくらいのサイズに切っておきましょう。

 

3. フライパンにマシュマロとバター、ピーナッツバターを入れて弱火で溶かす

テフロン加工のフライパンを使うと扱いやすいですね。焦がさないように気をつけて、混ぜながら溶かしていきます。

 

4. 火を止め、フライパンに残りの材料をすべて入れて混ぜる

すべての食材を入れたら、まんべんなく混ざるように手早く全体を混ぜます。

 

5. 型に入れて成型する

くっつき防止のため、あらかじめ「コンテナー 700ml」に、クックパー「クッキングシート」を敷いておきます。


ここに、混ぜ合わせて中身を移したら、上にも「クッキングシート」をかぶせて・・・、

上からもうひとつ「コンテナー 700ml」を重ねて平らに成型します。

あら熱をとったら、切りやすいように冷蔵庫で少し寝かせましょう。

6. 食べやすいサイズにカットする

「コンテナーから出したら、食べやすいサイズにカットしましょう。

ソフトな仕上がりなので、ナイフで簡単にカットできます。たったこれだけで完成です。

簡単でおいしく、1本でしっかりカロリーが採れます。
トレイルミックスはバラバラとしているのでトレランなどスピーディーに行動するとき少し食べにくいところがありますが、これなら手軽。
食べる量も把握しやすいので、摂取カロリーの管理もしやすいですね。
材料はなんでもOKですが、甘いものばかりではなく、塩味や酸味のあるもの、食感もやわらかいもの、硬いものを混ぜるとアクセントになって食欲がないときにも食べやすいと思います。
今回は味付けをしていない乾燥レモンを刻んで入れました。

"和風のトレイルバー" にも挑戦!!

この基本のトレイルバーのほかに、味のバリエーションも2種類作りました。

テーマはズバリ 「和風」!

まずは、僕の行動食の定番、柿ピーを使った和風バージョン。
唐辛子をアクセントに入れたら、思いのほかおいしくなりました。たっぷり目に入れました。これおすすめです。

そしてもうひとつが、黒ゴマを使ったバージョン。
こちらはしょうががアクセント。ちょっと高級な和菓子のような上品さがあります。
栄養価が高いゴマですが、行動食としては採りにくいですよね。でもトレイルバーにすれば、細かいものも携行することができます。甘さ抑えめで食べやすいのに、ミネラルや食物繊維も豊富。
味も食感もそれぞれにおいしくて、もっといろいろなバリエーションを試したくなりました。

基本の材料を参考に、分量や中身の組み合わせで、いろいろな味が楽しめると思います。

【材料 (12本分)】

★オリジナルトレイルバー

  • グラノーラ 60g
  • マシュマロ  100g
  • ミックスナッツ  60g
  • ドライフルーツ(ジンジャー、レーズン、ドライレモン、ドライみかん) 50g
  • ミックスシード 30g
  • バター 40g
  • ピーナツバター 60g

★柿ピートレイルバー

  • 柿ピー 120g
  • マシュマロ 100g
  • ピーナッツバター 大さじ2
  • バター 大さじ1
  • 七味唐辛子 適量
  • ブラックチョコレート 50g

★黒ゴマトレイルバー

  • 小麦ブランシリアル(無糖のもの) 60g
  • マシュマロ 100g
  • 黒ゴマ 大さじ2
  • きなこ 大さじ2
  • ホワイトチョコレート 80g
  • ピーナッツバター 大さじ2
  • バター 大さじ1
  • チューブしょうが 小さじ1

できあがった物は、1本ずつクックパー「クッキングシート」に包みました。こうすれば手を汚さずに、気軽に食べられます。
外から中身がわかるように、100円ショップで買ったテープとシールで色分けしました。もちろん女子受け狙いです!

 

初めてのトレランは、仲間のハイペースについていくのがなかなか厳しかったですが、それでもすごく楽しめました。
トレイルバーはすばやいエネルギー補給にぴったり。好みのレシピで作れるので、好きなものを詰め込んでおけば、いっそうパワーアップできそうです。

今回初めて一緒になった仲間にもおすそ分けしましたが、オリジナルは文句なしのおいしさ、柿ピー、黒ゴマもすごく評判がよくて大成功です。
もくろみ通り、女子にも大人気でした!

行動食としてだけでなく、ちょっとしたおやつにもちょうどいい。日持ちもするので、まとめて作っておくといいですね。

簡単にできるのでみなさんもぜひ試してみてください!


※「ジップロック」「イージージッパー」「スクリューロック」は旭化成ホームプロダクツ(株)の登録商標です。

同じテーマの記事
沢登りに渓流釣りに! 水辺の装備に「ジップロック」が大活躍!
山で便利な「ジップロック」の使い方を研究する連載。
今週のテーマは「沢登り・渓流釣り」。
水のアクティビティでも濡れ対策として「ジップロック」が大活躍しました!
おいしいドリップコーヒーを飲みに山へ行こう!
山で便利な「ジップロック」の使い方を連載している「山ジップロック研究所」。
今週のテーマは、「山でおいしいドリップコーヒーを飲む」。
ドリッパーを忘れてしまっても、「ジップロック」で機転を効かせましょう。
9月1日は防災の日 山の道具と「ジップロック」で備えあれば憂いなし!
みなさんは、万が一の災害への備えは充分にできていますか?
9月1日は防災の日。山の道具と「ジップロック」で備えあれば憂いなしです。
新アイテムも駆使した「目からうろこ」の収納法をチェック!
知っておきたい便利な小技! 「山ジップロック®研究所」
山で便利な「ジップロック」をフル活用するアイディア満載の連載「山ジップロック研究所」。
今週のテーマは「夏、山ごはんで便利な小技」。重たい保冷剤の代用技、自立するゴミ箱など、すぐ実践できる小技集です。
記事一覧 ≫