このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜乾燥機を使って、おでんドライ化大作戦!

たしなみ 2017年08月01日

弊社より絶賛発売中の山ごはんのレシピ本『げんさんとよーこさん山のごはん』(2017年7月22日発売)では、山ごはん&おつまみの達人げんさんと、料理家でフードコーディネーターの蓮池陽子さんが、簡単でおいしい山ごはんレシピを85品紹介しています。本書で紹介しているレシピのなかから、げんさんが実践している、目からウロコの「乾燥」テクニックについて紹介します。

 

寒い時期はもちろん、夏山シーズン、低山からアルプスまで、山のビールのお供といえばやっぱりコレ、「おでん」に勝るものなしでしょう。北アルプスなど、おでんが名物の山小屋も多く、晩メシ前のひとときに、綺麗な景色を眺めながらビールと一緒に食べるおでんは、たまらないご馳走です。

とはいえ、おでんを山で、自分で作るとなるとちょっと面倒なことも。パック入りのおでんを持っていくのが最もお手軽ですが、それじゃ芸がないし重たい。おでんだねを持っていって、山で作る? それもいいけど、もう少し工夫したい。

そこでオススメするのが「乾燥」テクニックです。そう、おでんだねを「乾燥」させて水気を飛ばし、ドライ状態にすることで、重量がいっきに軽くなるのです。

準備するものは、おでんのたねと野菜乾燥機。参考までに、げんさんが使っているのは「からりんこ」(東京ユニコム)という商品。電気温風式の野菜乾燥機です。

 

目からウロコの「乾燥」テクニックで仕込み&料理

①市販のおでんパックを買ってきます。具材は、大根、玉子、焼きちくわ、ごぼう巻き、さつま揚げ、こんにゃく、結び昆布です。奥に見える丸い機械が野菜乾燥機です。
②袋に書いてある具材のみの固形重量は210gですが、実際には水分を吸って重たくなっており、実測値は233g。ちなみにおつゆを含むパック全体の重量は約450g。
③具材をからりんこのアミの上に並べて、スイッチをON。あとは2時間放置しておくだけ。じつに簡単です。
④2時間経ちました。お、乾いてる、乾いてる! 結び昆布はカラカラに乾いて、ほぼ重量なし。さつま揚げも、え?って思うほど軽くなっています。ちなみに、玉子は乾燥させるとどうかな?という判断から、ドライ化は見送りました。
⑤ドライ状態になった具材を再計量。乾燥させなかった玉子を含めた重量は164g。70gほど軽くなりました。パック全体の重量は450gなので、なんと300gもの軽量化に成功。ただし、調理のために水をどこかで調達する必要がありますが・・・。
⑥山に来ました。さっそく乾燥おでんを作ります。今回はほんだしベースでおでんのだしを作り、味はとんこつ味噌おでんに。
⑦メスティンにお湯を250mlほど入れて、ほんだしを1/4スティック投入してよく混ぜます。
⑧そこに乾燥おでんを入れて、戻すこと約10分。
⑨メスティンを弱火でぐつぐつ炊き、鍋キューブのとんこつ味噌を加える。
⑩具材が温まればおでんのでき上がり!乾燥おでんの具もまったく違和感なく、カラカラだった結び昆布もすこぶるいいお味。これはクセになりそうです。

 

乾燥化の結論!

おでんの具材のほかにも、野菜全般や果物など、野菜乾燥機でドライ化させることで、食材の軽量化だけでなく、レシピの幅が広がりそうです。山ごはんにはもちろん、日々の献立作りにも活用できる、この野菜乾燥機、なかなか便利なアイテムです。

 

このレシピについて

本レシピは『げんさんとよーこさんの山ごはん』で紹介しています。簡単でおいしい山ごはんとおつまみ、朝食やスイーツのレシピを85品掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

⇒『げんさんとよーこさんの山ごはん』を見る

 

教えてくれた人

げんさん

人気ブログ「山めし礼讃- 山料理 山ごはんレシピの記-」を運営。低山からアルプス、日帰りからテント泊縦走まで四季を通して山に登る。「おいしいお酒を飲むために、おいしい山ごはんを作る」ことがモットーで、今日も山ごはんの新メニュー作りに思いをはせる。

⇒山めし礼讃- 山料理 山ごはんレシピの記-

関連記事
同じテーマの記事
最近人気のボルダリング、登山のトレーニングにもなるってホント!?
数年前からブームになっているボルダリング。2020年の東京オリンピックでは「スポーツクライミング」として正式種目に採用されますます注目を集めそう。でも、登山とは縁遠いものと感じている人も多いのでは?
登山地図アプリの使い方を知っていれば、道迷いは激減するかも?
登山にスマホの地図アプリを使う人が増えている。一方で、紙地図にこだわる人や、スマホに対して懐疑的なスタンスをとる人もいる。紙地図派、地図アプリ派、あなたはどっち?
特別インタビュー 『グレートトラバース』田中陽希、次なる挑戦を語る(前編) 
NHK BSの番組『グレートトラバース』として、そのチャレンジが全国的に大きな話題を呼んだ「日本百名山ひと筆書き」「日本二百名山ひと筆書き」。アドベンチャーレーサーとしてチームイーストウイドに所属し、世界大会に挑み続ける田中陽希さんの今後に迫る!
望月将悟、静岡市境マウンテントレイル235kmを走破する
日本海から太平洋まで、北アルプスと南アルプスを⼀気に縦⾛する⼭岳レース「トランスジャパンアルプスレース」を4連覇中。そして静岡市の消防隊員として⼭岳救助を生業とする望⽉将悟が、この夏に計画した壮大な⼭岳縦⾛「AROUND SHIZUOKA ZERO」・・・。この果てしない⼭旅を取材した。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

暴風雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「山ジップロック研究所」研究レポート総まとめ
「山ジップロック研究所」研究レポート総まとめ 山で便利な「ジップロック」の使い方を発表する本連載。25回のレポートから、スタッフのお気に入り、閲覧数ランキングを発表し...
NEW とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 10月も下旬、紅葉は山を駆け下りる。山腹のブナやカエデ、ダケカンバやカラマツは、色とりどりに山を彩り始めている。
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!