このエントリーをはてなブックマークに追加

落石を起こさないために、登山道の観察と歩き方の注意を!

登山技術 2017年08月29日

登山中の落石事故に遭わないようにするのはもちろんですが、「起こさないようにする」ことにも注意を払わなければいけません。うっかり落としてしまったでは済まない、大事故を起こさないために、注意すべきこととは?

 

落石を起こさないためには?

質問:
先日、一人で登山していた時に、急登で浮き石を踏んで、ソフトボール大の石を落としてしまいました。幸い誰もいなかったので問題ありませんでしたが、もし混み合った登山道だったら・・・、と考えるとゾッとしました。落石を起こさないようにするための注意点・ポイントがあれば教えてください。

 

垂直に近い岩場を登攀する際に、技術では解決できないリスクの1つが落石です。登山道でもなければ指定されたルートでもない自然の岩場を登る際には普通に存在する浮石。岩場では、この浮石を避けて行動することは必須の技術です。

落石は、大きな物は「ブーン」とうなりを上げて、小さな物は「ヒューン」と耳元をかすめて落ちていきます。また、一般登山コースで恐ろしい落石といえば、雪渓が登山コースとなっているときです。大きな岩でも通常の岩場のようにガラガラと大きな音を立てるわけではなく、雪の上を静かにバウンドして落ちてきます。そのため、直前まで落石の存在に気が付かないこともあります。

落石の落下コースは不規則に変わることもあるので、落石に気が付いた人が大声で注意を促したうえで、落石のルートを「おい!右に弾んでいくぞ!」などと教え合うことが必要となるでしょう。

 

どんな場所で落石が起きるのか考えれば、注意点が見えてくる

さて、今回の質問は「落石を起こさないようにするための注意」です。まず、登山道上で落石を起こしてしまう状況には、どんな場合が考えられるか挙げてみましょう。急傾斜で、自分の足元や手がかりで頭が一杯で、細かい登山道上の浮石まで注意が行きわたらない、そんなケースが多いと思います。
また、正しい登山道を歩いていても、少し脇に寄りすぎた、路肩を歩いてしまい落としてしまうことがあります。ほかにも、正しく正確に登山道を歩いていても、落石が溜まっている場所や、ほかの登山者がルート上の浮石をひょいと脇に置いた場所に足を置いて落としてしまったなどのケースも考えられます。

こうして考えると、不用意に石を落とさないようにするには、登山道の観察と歩き方の注意が大切な要素となることがわかります。時間的にも精神的にも余裕を持って行動することが落石を起こさないためのコツの1つとなります。落石を起こす人の多くは「とりあえず通過するのに頭が一杯だってので・・・」などと言っているのを聞いたことがあります。もしパーティで行動しているのであれば、「あっ。そこ、もう少し右側行かないと、小石落とすよ」「もっと平らな場所に足を置いて」などと注意し合うようにしてください。

また、岩場やクサリ場では落石に注意する登山者でも、意外と気づかず落石被害を起こしやすいのが、ジグザグ道です。混雑した登山道で垂直方向に人がいる時には特に、路肩を避けて山側を意識的に歩くことも小さな落石対策です。

ほかにも技術的なアドバイスとしては、急傾斜の登下降では岩にベッタリと張り付くように行動すると斜面を蹴りやすく、落石を起こしがちです。正しい姿勢は落石対策にも有効となります。

いずれにしても、足元からコロッと落とした瞬間には必ず、「ラク」と大声で注意を呼び掛けてください。

 

マナー
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
登山中にスズメバチに出会わないようにするには? それでも刺されてしまったら?
8~10月は、スズメバチが最も活発に動き回る時期。とくに9月~10月にかけては新しい女王蜂が誕生する時期で、スズメバチの攻撃性も高く、刺されるリスクも大きい。登山中に刺されないようにするため、また刺されたときにすべき行動は?
山で眠れない、安眠の方法をいろいろ考えてみた
旅行先ではぐっすり眠れないという話はよく聞きますが、これは登山中でも同じこと。日中の行動で体はクタクタでも、まんじりともせず朝を迎えてしまった・・・。そんな経験がある人のために、山で熟睡するためのコツを考えてみました。
マメ・靴ずれはトコトン対策! 登山前・中に出来ること
登山中の足に関するトラブルはさまざまですが、見逃しやすい問題の1つが「靴ずれ・マメ」。出来てしまうと歩くこともままならず、そのツラさは味わったことのある人しかわからない。この対策法は「ならないようにする」のが最も大切となりますが・・・。
避難小屋に泊まって登山したい場合の、ポイントと注意点
登山地図を開くと見かける「避難小屋」。実際に小屋を覗くと、清潔で立派なものもあれば、年季の入った小粒なものもある。これらの小屋を利用して、登山をするときの注意点は?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2017年9月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 透湿値の高いアウター 秋冬版登場!
透湿値の高いアウター 秋冬版登場! ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。その秋冬版が登場。細かい仕様をチェックしよう!
NEW 「ジップロック」で嵩張る衣類もコンパクトに!
「ジップロック」で嵩張る衣類もコンパクトに! 山の紅葉シーズン、防寒着は欠かせません。「ジップロック」を使った防寒着のコンパクト化術を研究、その成果を発表します!
NEW ミステリーランチ、新型バックパックの使用レポート到着!
ミステリーランチ、新型バックパックの使用レポート到着! 「重量を感じさせない背負い心地」に驚きの声! テント泊、親子登山など、様々なシーンで「スタイン62」を試してもらいました
NEW 「神の絨毯」と称される栗駒山の紅葉へ
「神の絨毯」と称される栗駒山の紅葉へ 宮城・岩手・秋田の3県にまたがる東北の名峰・栗駒山。「神の絨毯」とも称される全山紅葉を見に行こう!
NEW 『秋山JOY』が厳選チョイスの紅葉
 『秋山JOY』が厳選チョイスの紅葉 全国40ヶ所以上の紅葉の山と登山コースを紹介する「秋山JOY」から厳選の紅葉登山7コースを紹介!
NEW 岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
NEW 紅葉シーズン、間もなく幕開け!
紅葉シーズン、間もなく幕開け! 9月に入ると、北の山から・標高の高い場所から、少しずつ草木は色づき始める。いよいよ紅葉シーズンの幕開け!
NEW カリマーの軽量レインウェア、使ってどうだった?
カリマーの軽量レインウェア、使ってどうだった? 軽量・高透湿レインウェア「ビューフォート 3L ジャケット」のモニターレポートが到着! 悪天候で快適に過ごせましたか?
NEW 雨のち絶景! 裏銀座モニター登山レポート
雨のち絶景! 裏銀座モニター登山レポート 大町市から裏銀座ルートのモニター登山。一行を待っていたのは、稜線から見る北アルプスの絶景でした。詳しくはこちら
NEW 組み合わせ自在! コンフォートマットを試す
組み合わせ自在! コンフォートマットを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。利尻のキャンプ場で、モンベルのULコンフォートエアパッドをシステムでチェック!
NEW エプソンのGPSウォッチを一斉モニター
エプソンのGPSウォッチを一斉モニター エプソン「リスタブルGPS for Trek」を「山モリ! フェス」のモニター登山会でテスト。その使い勝手は?
NEW 抽選で豪華プレゼント! 今年もやります「ブランドイメージ調査」
抽選で豪華プレゼント! 今年もやります「ブランドイメージ調査」 会員の方を対象に、アウトドアブランドの購入状況や、ブランドイメージをアンケート! あなたのご意見を聞かせてください!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト! カシオのスマートウォッチが進化しGPS搭載に! ギア好きライター礒村真介氏がフィールドテスト。その使い勝手は…。
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!
山に咲く花の名前、知っていますか?
山に咲く花の名前、知っていますか? 山をさまざまな色に染める花たの名前を、どれだけ知っていますか? 山でよく見る、ぜひ覚えておいて欲しい山の花を紹介
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目 山岳会に入っていたり、登山専門店で働いたりしている「山センパイ」が、安全に山を楽しむコツをレクチャー!
「山レポ」で山の様子を伝えよう!
「山レポ」で山の様子を伝えよう! 山レポとは、山の現地情報を投稿し合う、みんなで作る「現地最新情報」です。 天候、登山道の状況、注意点など、ぜひ投稿を!
親子登山、ちょっとイイ話
親子登山、ちょっとイイ話 近郊の低山が楽しくなる秋、親子登山はいかが? みなさんに聞いた親子登山のちょっとイイ話を公開。子どもを連れて山に行こう!