このエントリーをはてなブックマークに追加

登山地図アプリの使い方を知っていれば、道迷いは激減するかも?

登山技術 基礎知識 2017年09月06日

登山にスマホの地図アプリを使う人が増えている。一方で、紙地図にこだわる人や、スマホに対して懐疑的なスタンスをとる人もいる。紙地図派、地図アプリ派、あなたはどっち? 地図アプリ「ジオグラフィカ」開発者の松本圭司さんは、紙地図派を否定することなく、「地図アプリをインストールしても(装備の)重さは変わらない」という。

 

紙地図派が、地図アプリ派に対して発する言葉は決まっていると、地図アプリ「ジオグラフィカ」開発者の松本圭司さんは言う。

いわく、

  • 電波が入らないと使えないんでしょ。
  • 電池がすぐなくなるよね。
  • スマホのGPSは精度が低いのでは?

松本さんは、瞬時にこう返すという。

  • 電波が入らなくても使えます(電波が入らなくてもGPSは捕捉できる)。
  • 機内モードにすれば丸1日充分にもつし、予備バッテリーがあれば数日持ちます。
  • それは昔の話。いまのスマホはGPS専用機にも劣りません。

紙地図と地図アプリの最大の差は、「地図アプリは現在地が表示される」ということ。

これは、地図アプリ最大のメリットでもある。いま、どこに自分がいるか、すぐにわかる。ということは、そもそも道迷いという事態に陥らないということ。

地図アプリは、山岳遭難の約4割を占める道迷いを、ぐっと減らすことができるかもしれないのだ。

ただし、地図アプリは、読図スキルを底上げしてくれるものではない。地図上に現在地が表示されても、そもそも地図が読めなければ意味がない。地図読みの基礎知識は、紙地図、地図アプリ限らず、身につけておくべきだ。

また、地図を読む楽しみという点では、ピンポイントで現在地がわかってしまう地図アプリは、まったく向いていない。いま自分がどこにいるのか半信半疑のまま進み、正解に辿り着いたときの達成感とは無縁だ。

紙地図と地図アプリ、それぞれにメリットとデメリットがある。しかし、どうせスマホを山に持っていくのなら、「地図アプリをインストールしても重さは変わらない。緊急時の保険として入れておいて損はないでしょう」と松本さん。

とはいっても、その緊急時に使い方がわからないでは済まされない。そこでワンダーフォーゲル10月号・特集「新しい地図読みの教科書」では、地図読み技術はもちろん、地図アプリ入門者のために登山用の地図アプリの使い方を徹底解説。この機会に、予習してみてはいかがだろうか?

地図・読図
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

ワンダーフォーゲル10月号の特集は「新しい地図読みの教科書」。山に登るからには、地図読みくらいできないといけない。そんなふうに思っている人は多い。でも、行き先によっては地図読みの必要なんてないし、地図アプリで事足りることもある。スマホ全盛のいま、本当に必要な読図技術とはなにか、見つけにいこう!
 ⇒詳細はコチラ! ⇒Facebook ⇒Twitter

同じテーマの記事
最近人気のボルダリング、登山のトレーニングにもなるってホント!?
数年前からブームになっているボルダリング。ジムも各所にでき、その人気は衰えを見せない。
2020年の東京オリンピックでは「スポーツクライミング」として正式種目に採用され(リードクライミング・ボルダリング・スピードクライミングの混成競技)、ますます注目を集めそう。
でも、登山とは縁遠いものと感じている人も多いのでは?
特別インタビュー 『グレートトラバース』田中陽希、次なる挑戦を語る(前編) 
NHK BSの番組『グレートトラバース』として、そのチャレンジが全国的に大きな話題を呼んだ「日本百名山ひと筆書き」「日本二百名山ひと筆書き」。アドベンチャーレーサーとしてチームイーストウイドに所属し、世界大会に挑み続ける田中陽希さんの今後に迫る!
野菜乾燥機を使って、おでんドライ化大作戦!
弊社より刊行する山ごはんのレシピ本『げんさんとよーこさん山のごはん』では、山ごはん&おつまみの達人げんさんと、料理家でフードコーディネーターの蓮池陽子さんが、簡単でおいしい山ごはんレシピを85品紹介。本書で紹介しているレシピのなかから、げんさんが実践している、目からウロコの「乾燥」テクニックについて紹介。
望月将悟、静岡市境マウンテントレイル235kmを走破する
日本海から太平洋まで、北アルプスと南アルプスを⼀気に縦⾛する⼭岳レース「トランスジャパンアルプスレース」を4連覇中。そして静岡市の消防隊員として⼭岳救助を生業とする望⽉将悟が、この夏に計画した壮大な⼭岳縦⾛「AROUND SHIZUOKA ZERO」・・・。この果てしない⼭旅を取材した。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2017年9月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 透湿値の高いアウター 秋冬版登場!
透湿値の高いアウター 秋冬版登場! ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。その秋冬版が登場。細かい仕様をチェックしよう!
NEW 「ジップロック」で嵩張る衣類もコンパクトに!
「ジップロック」で嵩張る衣類もコンパクトに! 山の紅葉シーズン、防寒着は欠かせません。「ジップロック」を使った防寒着のコンパクト化術を研究、その成果を発表します!
NEW ミステリーランチ、新型バックパックの使用レポート到着!
ミステリーランチ、新型バックパックの使用レポート到着! 「重量を感じさせない背負い心地」に驚きの声! テント泊、親子登山など、様々なシーンで「スタイン62」を試してもらいました
NEW 「神の絨毯」と称される栗駒山の紅葉へ
「神の絨毯」と称される栗駒山の紅葉へ 宮城・岩手・秋田の3県にまたがる東北の名峰・栗駒山。「神の絨毯」とも称される全山紅葉を見に行こう!
NEW 『秋山JOY』が厳選チョイスの紅葉
 『秋山JOY』が厳選チョイスの紅葉 全国40ヶ所以上の紅葉の山と登山コースを紹介する「秋山JOY」から厳選の紅葉登山7コースを紹介!
NEW 岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
NEW 紅葉シーズン、間もなく幕開け!
紅葉シーズン、間もなく幕開け! 9月に入ると、北の山から・標高の高い場所から、少しずつ草木は色づき始める。いよいよ紅葉シーズンの幕開け!
NEW カリマーの軽量レインウェア、使ってどうだった?
カリマーの軽量レインウェア、使ってどうだった? 軽量・高透湿レインウェア「ビューフォート 3L ジャケット」のモニターレポートが到着! 悪天候で快適に過ごせましたか?
NEW 雨のち絶景! 裏銀座モニター登山レポート
雨のち絶景! 裏銀座モニター登山レポート 大町市から裏銀座ルートのモニター登山。一行を待っていたのは、稜線から見る北アルプスの絶景でした。詳しくはこちら
NEW 組み合わせ自在! コンフォートマットを試す
組み合わせ自在! コンフォートマットを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。利尻のキャンプ場で、モンベルのULコンフォートエアパッドをシステムでチェック!
NEW エプソンのGPSウォッチを一斉モニター
エプソンのGPSウォッチを一斉モニター エプソン「リスタブルGPS for Trek」を「山モリ! フェス」のモニター登山会でテスト。その使い勝手は?
NEW 抽選で豪華プレゼント! 今年もやります「ブランドイメージ調査」
抽選で豪華プレゼント! 今年もやります「ブランドイメージ調査」 会員の方を対象に、アウトドアブランドの購入状況や、ブランドイメージをアンケート! あなたのご意見を聞かせてください!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト! カシオのスマートウォッチが進化しGPS搭載に! ギア好きライター礒村真介氏がフィールドテスト。その使い勝手は…。
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!
山に咲く花の名前、知っていますか?
山に咲く花の名前、知っていますか? 山をさまざまな色に染める花たの名前を、どれだけ知っていますか? 山でよく見る、ぜひ覚えておいて欲しい山の花を紹介
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目 山岳会に入っていたり、登山専門店で働いたりしている「山センパイ」が、安全に山を楽しむコツをレクチャー!
「山レポ」で山の様子を伝えよう!
「山レポ」で山の様子を伝えよう! 山レポとは、山の現地情報を投稿し合う、みんなで作る「現地最新情報」です。 天候、登山道の状況、注意点など、ぜひ投稿を!
親子登山、ちょっとイイ話
親子登山、ちょっとイイ話 近郊の低山が楽しくなる秋、親子登山はいかが? みなさんに聞いた親子登山のちょっとイイ話を公開。子どもを連れて山に行こう!