このエントリーをはてなブックマークに追加

すぐに救助に向かえないケースも考え自分で対処できる力を 島崎三歩の「山岳通信」 第85号

その他 2017年09月12日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年9月11日に配信された第85号では、県内で起きた9件の遭難について触れている。そのうち槍ヶ岳・北鎌尾根での救助活動について触れ、アドバイスしている。

 

9月11日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第85号では、8月14日~8月20日の間に起きた山岳遭難の遭難事例が掲載されている。以下に抜粋・掲載する。

 

8月14日~20日の信州の山岳遭難現場より

8月14日~8月20日の間に起きた長野県内で起きた山岳遭難は以下の9件でした。

  • 8月14日、八ヶ岳連峰大同心で、37歳の女性が大同心北稜をクライミング中に浮石に乗り、バランスを崩し滑落、負傷する山岳遭難が発生。茅野署員及び遭対協隊員らによって救助された。

  • 8月14日、北アルプス槍ヶ岳北鎌尾根で、64歳の男性が北鎌尾根を登山中、落石を受けて右手環指骨折などの重傷を負傷する山岳遭難が発生。県警山岳救助隊及び遭対協隊員が救助に向かい、8月17日に県警ヘリで救助された。

  • 8月16日、南アルプス赤石岳で、39歳の男性が小渋川ルートを下山中、高山ノ滝付近で沢を渡渉する際に流され溺れる山岳遭難が発生。17日に県警ヘリで救助しましたものの、その後、死亡が確認された。

  • 8月18日、北アルプス唐松岳で、58歳の男性が山小屋に宿泊中に発病し、体調不良で行動不能となる山岳遭難が発生。天候の回復を待って県警ヘリで救助する予定でだったが、遭難者の体調が回復したことから、19日に県警救助隊員などが付き添い下山した。

  • 8月19日、中央アルプス宝剣岳で、60歳の男性が宝剣岳から下山中に浮石に足を取られ滑落し、頭部等打撲の怪我を負う山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 8月19日、八ヶ岳連峰赤岳で、65歳の女性が文三郎尾根を下山中にバランスを崩して滑落し、左側頭部出血、胸部打撲などの怪我を負う山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 8月19日、八ヶ岳連峰稲子岳で、46歳の女性が山小屋に滞在中に発病し行動不能となる山岳遭難が発生。無事救助された。

  • 8月20日、八ヶ岳連峰蓼科山で、77歳の男性が山頂から下山中、七合目付近でつまづいて転倒し、右足首を負傷する山岳遭難が発生。茅野署員、遭対協隊員が背負って下山・救助した。

  • 8月20日、北アルプス・餓鬼岳で、70歳の女性が燕岳から餓鬼岳に向けて縦走中、東沢岳と餓鬼岳の中間・「剣ズリ」付近で足を踏み外して滑落、右肩骨折等の重傷を負う山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

 

山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

8月3週は、9件の遭難が発生しました。8月14日に北鎌尾根で発生した落石による遭難は、現場が携帯電話の通話圏外だったため、通り掛かりの登山者に救助を依頼し110番通報されました。

しかし、天候不良により当日の救助はできず、その間、遭難者らの安否を確認する連絡手段はありませんでした。幸いにして遭難者は2日後の朝、地上から救助に向かっ た救助隊員により無事が確認されヘリコプターにより救助されました。

このように登山中はアクシデントが発生して救助を要請しても、市街地のようにすぐに救助はできません。場合によっては救助要請すらできない場合もありえます。

登山は自己責任の原則に基づく行為です。遭難しないことはもちろんですが、ある程度のアクシデントは登山者自身が対処 しなければなりません。あなたの中に「何かあったら救助を頼めばいい や」という安易な考えはありませんか?

遭難・事件
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

関連記事
同じテーマの記事
標高の高い山では、特に気象に関する予備知識が必要な時期。 島崎三歩の「山岳通信」 第95号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年11月7日に配信された第95号では、10月第4週の遭難事故について掲載。前週に続いて週末に台風が接近したこともあり、遭難事故は2件のみとなった。
標高の高い山域は、まとまった積雪が降る時期です。 島崎三歩の「山岳通信」 第94号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年11月2日に配信された第94号では、北アルプスの主だった山小屋は営業を終了して入山者が減っていることや、週末に台風が接近したこともあり、遭難事故は1件のみとなった。
遭難は突然起きるものではなく事前の兆しがあるもの。 島崎三歩の「山岳通信」 第92・93号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年10月23日に配信された第92・93号では、県内で起きた全22件の遭難について触れ、体調不良や疲労から重大事故が起きている現状について説明している。
安易な気持ちと準備不足が大きな遭難に発展するもの。 島崎三歩の「山岳通信」 第91号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年10月10日に配信された第91号では、県内で起きた全11件の遭難について触れ、謙虚な気持ちで山に向かうように呼びかけている。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年11月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報