このエントリーをはてなブックマークに追加

不安な登山者・パーティーと山ですれ違ったとき。声をかけるべき?お節介は不要?

基礎知識 2017年11月09日

山で、ちょっと不安な登山者とすれ違った時、どうすれば良いのだろう。声をかけるべきか、それともお節介はすべきではないのか・・・。皆さんならどうします?

不安な登山者・パーティに注意するべき?

質問:
先日、「この時間に出発して、どこに行くんだろう?」という登山者とすれ違いました。最寄りの山小屋を目指すとしたら、日没が過ぎるのは間違いないと思います。自分より明らかに年配の方々だったので、そのまま見送ってしまいましたが、その後、無事だったのか気になってしまいました。
声をかけて注意すべきだったのでしょうか? やんわり注意する方法があれば教えてください。

 

いきなり、直球の質問ですね(笑)。「この時間に、こんな所を歩いていて、どこに行くんだろう?」・・・、おっしゃるとおり、そんな心配な登山者は増えました。

以前だったら「登山では早発ち、早着きが安全な行動パターン。アナタ、何やってんですか?」と言ったり、「夕方3時には目的地に到着! と予定を立てていたら、天候が悪かったり、足元がぬかるんでいたり、バテて歩きが遅くなった仲間がいたりしても焦らずに行動できる」など教えたりしてきました。

けれども、そんな「良識」とは関係のない人が増えすぎて、正しいことを言えばウルサイおじさんと思われるだけになってしまいました。

そういえば、先日はこんな経験もしました。ある山小屋でストーブを囲んで談話しているパーティの会話に聞き耳を立ててみると――

どうやら、このパーティはメールのやりとりだけで(少なくとも肉声では会話もしたことのない)、実際に会ったこともない「仲間」と山小屋で集合して初顔合わせの様子。みんなで自己紹介、「明日はどこ行きます。あっそうなんだ! 一緒に行っていいですか?」なんて会話も聞こえてきました。

こうした方々に「あのねぇー、山はねぇー、そんなんじゃダメなんだよ」と言っても、疎まれるだけです。話しかけられたときには、少し感じの悪い答え方をしてしまいましたが・・・。

 

ソフトに話しかけて、たしなめるしかないかなぁ・・・。

さて、真面目に回答すると、こんな場合はできるだけ穏やかに「どちらまで行かれますか?」と聞くのが良いと思います。もしかしたら、「いや、もう引き返すつもりです。大丈夫ですよ」、なんて話になるかもしれません。

心配した通り、「いやぁ、8時頃には着くんじゃないの。僕、小屋では食事しないから」なんて言ってきた場合は、暗くなっても行動できる準備があるか・ないかを尋ねると良いでしょう。ここで、「ライトはない、いざと言う時のビバークの準備もない」となった場合に次を考えましょう。引き返すように勧めるか、予備のヘッドランプを貸してあげるか、となるのではないでしょうか。

余談ですが、自分はヘッドランプを人に貸した経験が人生で3回あります。その中の1つは以下のような話でした――。

夕暮れ時の奥多摩・大岳山の下りの鋸山、小学生らしい子供を連れた3人家族を発見。事情を聞くと、御岳山から大岳山に登ったら「奥多摩駅へ」の指導標を見つけ、「なんだ、御岳山に戻ってロープウェイ、バスに乗るよりいいな」と、あまり深く考えずに降りだしたら予想に反して厳しい上り下り。
お父さんの膝が痛くなってペースが落ち、鋸山で真っ赤な夕陽を見ながら「困ったなぁ」と休んでいる時に、僕が偶然通りかかって、お節介にも「これから下りですか? ライトはありますか?」と尋ねた、という訳でした。

相手は初心者だし、子供の前でお父さんを叱り飛ばす訳にもいかないし、という気持ちで自分のヘッドランプを提供。本当は一緒に降りてあげるのが人の道なんでしょうが、その日は夜に約束があり、まだガイドになる前の話。予備のヘッドランプの準備もなかったので、大ダワに向かい暗くなっても安心の林道へと駆け下りました。

後日、丁寧な手紙と共にヘッドランプと「花キューピット券」が送られてきて(その家族は、お花屋さんだったのです)、無事であったことと礼節を知る方だったことににホッとした、そんな経験もありました。

さて、どう見ても心配な登山者に「君たち!」なんて真面目に説明しても相手にされないうえに、疎まれるだけです。旅行会社のツアー登山などでも、高速道路が渋滞してスタートが遅れても、予定通りの行程・平気で真っ暗になって山小屋到着が当たり前。そんな環境で登山を覚えた人が主流派になっている現状では、ソフトに語りかけて、たしなめる程度が精一杯かもしれません。

 

マナー
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
登山中の歩く速さ、どのくらいが適切? 歩行ペースの見極め方
登山中の歩くペースについて、「一定のペースで、ふだんよりゆっくり」と言われるが、この感覚的な表現を実践するのはなかなか難しいもの。とくにパーティ登山では他のメンバーのことも考えて歩かなければならないわけだが・・・。
登山パーティの並び順、リーダーは先頭か最後尾か、 決まりはある?
パーティで登山すれば、細い山道では当然1列になって歩くことになる。このときの歩く順番は、一般的にはどう決めるのだろう。先頭と最後尾、どちらがリーダーが担うべきなのだろうか?
「勝った・負けた」に一喜一憂しない! コースタイムについて考えてみよう
登山地図や登山口の案内板などに記載されているコースタイム。この時間より早く歩けると何か嬉しい、遅れると悔しい――。そんな経験、登山者なら誰もがしていると思われるが、そもそもコースタイムって何だろう?
山頂に行くか? 戻るか? 撤退の判断・ポイントの見極め方
せっかく遠くから来たのだから山頂に立ちたい、と願うのは登山者の心理。しかし体調や天候次第で、目標に達する前に戻ることも大切。登山中の撤退のポイントは、どこにあるのだろうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年11月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報