このエントリーをはてなブックマークに追加

いまや山の定番アイテム! シンプルで軽量なサコッシュ

道具・装備 2016年10月14日

「登山中、使いたいものがすぐに取り出せない」、「ポケットのどこに何があるかわからない・・・」。サコッシュを使えば、きっとアイテムを有効活用できるはずです。今回はそんな"バッグのようで、ただのバッグじゃない"サコッシュの利用シーンについて、マーモット・石井山専新宿ビックロ店の八並さんに、詳しく解説していただきました。

POINT
  • 身体にフィットして邪魔にならない
  • 中身が取り出しやすいセカンドバッグ
  • 軽くてシンプルなサコッシュ

サコッシュってなんだろう?

編集部S:地図、行動食、ドリンク、スマートフォン・・・行動中に使うものって、いろいろと細かいのが多いですよね。すぐ取り出せるようにパンツやジャケットのポケット、ザックの雨蓋なんかによく入れてしまうんですけど、どこに何を入れたかわからなくなってしまって・・・。もっとスムーズに荷物の出し入れができると良いんですけど。

八並さん:確かにザックに入れると、背負って、取り出して、また背負うのは、面倒くさいですよね。

編集部S:いっそ、肩がけのバッグなんかを使ったほうが便利でしょうか?

八並さん:取り出す頻度の高いものを身に付けておくにはサコッシュが便利かと思います。

編集部S:ウエストポーチや肩掛けのポーチとは違うんですか?

八並さん:バッグというより長方形の袋のような形をしていて、ナイロン製でちょっとした水には強く、軽量でシンプルなデザインが特長です。もともとサコッシュは自転車に乗る方向けのアイテムだったのですが、U.L.(ウルトラライト)ハイカーと呼ばれるシンプルで軽量な装備で山を楽しむ人たちが日本で使い始めて、最近は登山の定番アイテムになってきているんです。

一見するとバッグには見えないけど、実はこの形が便利なんです(八並さん)

編集部S:ただの袋みたいですし、とてもペラペラしてますけど、耐久性とか大丈夫なのでしょうか?

八並さん:引っかかりにくい素材で摩耗にも強いので、長く使うことができると思います。それにサコッシュって、"ただの袋"っていうことが、むしろメリットになると思うんですよ!!!

編集部S:えっ、それってどういうことですか・・・!?(笑)

八並さん:平たい袋の形状が身体にフィットしやすいということですね。肩のストラップをしっかり絞れば、身体のラインにそって密着してくれるので、足元の視認性も確保できます。これでどこかに引っ掛ける恐れも少なくなります。

着用した時にはじめて、袋の利点が実感できると思います!(八並さん)

編集部S:そっかー。ただのポーチだと、ブラブラと揺れて歩く時に邪魔かもしれないですね。

八並さん:サコッシュは、作りがシンプルなぶん、アイテムが取り出しやすいだけでなく、フィット感も良く持ち歩きを快適にしてくれるんです。

利用シーンが豊富で持つと便利

編集部S:サコッシュ全体で見ると、こんな風に長方形をしているものが多いんですか?

八並さん:そうですね、おそらくこの形が使いやすいのだと思います。紙の地図が取り出しやすいというのが一番ですね。

編集部S:地図を見るならマップケースが便利だと思うんですが・・・。

八並さん:マップケースだとマップケースにしかならないんだと思います。サコッシュなら地図以外にもいろいろなものを入れられますし、ものによってはペットボトルまで収納できちゃうんですよ!

編集部S:そっかー。逆に小さいポーチだと何も入らないですし、絶妙なサイズなのかもしれないですね。

八並さん:ある程度モノが入るという意味では、セカンドバッグ的に使えるのかなと思います。登山口まで夜行バスなどを使って行く人などは、サコッシュに肌寒い時に着るジャケットや夜食なんかを入れて車内に持ち込んでいる人も多いですよ。

編集部S:バッグが大きすぎても、中身がぐちゃぐちゃになってしまいますしね。必要なものがちょうど良い量入るサイズかもしれないですね。

八並さん:そうですね。その意味では山小屋での貴重品袋的な使い方もできると思います。肌身離さず持ち歩けるのは大きなメリットだと思います。

編集部S:汎用性も高そうだし、これなら普段も使えそうな感じです!

八並さん:私も通勤でサコッシュ使っていますけど、それくらいやっぱり使い勝手がいいんですよ。登山でもそうじゃなくても、もちろん自転車でも使えるバッグです。

軽くてフィット感のよいサコッシュ

編集部S:これが今使っていらっしゃるサコッシュですか?

八並さん:はい、マーモットのサコッシュです。アウトドアスタイルクリエイターの四角友里さんとのコラボモデルです。とにかく軽量なサコッシュで、とても持ち運びが便利です。

夏は明るい色、秋冬は落ち着いた色で楽しむ方が多いです(八並さん)

編集部S:ほんとに軽いんですね。これだけ軽いと、たくさんモノを入れたら肩とか辛くならないですか?

八並さん:肩掛けの部分が太くつくられているので、多少重くても肩への食い込みを抑えられるように設計されています。

編集部S:薄さがデメリットになったりはしませんか・・・?

八並さん:ナイロン生地なので摩耗に強く、メッシュなんかと違ってボロボロになりにくい素材です。ものが引っかかりにくい素材なので、アイテムがするっと取り出せます。

編集部S:あれっ、これよく見るとファスナーがないんですね。ちょっと不安・・・。

八並さん:そうなんです。口を折りたたむだけのシンプルな構造なんです。身体に密着させた時、ファスナーの金具が当たって痛くないよう、取ってしまっているんですよ。でも逆に言えば、どちらにも折りたためるので、右利き左利き問わずフレキシブルに使うことができます。

編集部S:どちらに掛けても折りたためるし、直感的に使えていいかもしれないなあ。

八並さん:あと、真ん中に仕切りがついているサコッシュって意外となくて、便利かもしれません。自分でここは何をいれようって決めやすいので。

折りたたみ地図がぴったり入るサイズ。仕切りがあって計5ヶ所のポケットが使えます(八並さん)

ヒモの調節もとても簡単です(八並さん)

編集部S:雨が降った時は、やっぱり濡れますよね・・・?

八並さん:本降りになってしまった時なんかは、サコッシュを付けたままレインウェアを着ています。

編集部S:なるほど、それもフィット感があるからですね・・・!

八並さん:あとこのサコッシュ、下に輪っかのループがついているんです。これにカラビナを通してザックとつなぐと、さらにフィットしますよ!

このループを使い、カラビナなどでザックの肩掛けとつなぐとより固定できます(八並さん)

編集部S:ええ、そんな工夫まで・・・! 一見シンプルなつくりですけど、ちょっとした一工夫が嬉しいです。サコッシュデビューしようかなあ。

紹介した山道具

Marmot
Sacoche(サコッシュ)
参考価格: 5,500円+税

教えてくれた人

八並小夜子(Marmot 石井山専新宿東口ビックロ店)

学生時代よりサイクリングで日本一周野宿旅や東海道耐久ランなどでアウトドアに親しむ。
現在はテント泊縦走から低山ハイクまで1年を通して山を楽しんでいる。山小屋グッズ収集が趣味。

石井山専新宿東口ビックロ店

首都圏最大級の山・アウトドアの大型専門店。「安全」をテーマに、ユーザーのライフスタイルに合わせたさまざまな商品を提案している。店内では、登山学校の講習やワークショップなども開催中。

住所/東京都新宿区新宿3-29-1 ビックロ 新宿東口店内 8F
TEL/03-5312-9550
営業時間/11:00~20:00
アアクセス/新宿三丁目駅A5直結、新宿駅・西武新宿線西武新宿駅下車徒歩5分

同じテーマの記事
重さ100g...!? トレランや低山ハイキングにおすすめのレインウェア -いまどきレインウェアの選び方 その2-
前回は、防水性や耐久性が高い、初心者でも安心できるレインウェアの選び方を、さかいやスポーツ・高橋さんに紹介してもらった。今回はトレイルランニングや低山でのハイキングなど、本格的な登山以外のアクティビティ用に販売されているレインウェアについて取り上げたいと思う。最近は山の楽しみ方のバリエーションが増え、超軽量のものや、今までにないデザインのレインウェアも販売されている。従来のレインウェアとの違いは何なのか? 今回も引き続き、高橋さんに聞いてみた。
もっと快適に! 一歩上のテント泊を目指す小物を揃えてみよう!
テント・寝袋・マットが揃えば、ひとまず山で寝泊まりは可能になるものの、快適にテントで暮らすには少し心許ない。さらに快適にテント生活を送るためには、手にしておきたい快適アイテムがたくさんある。
石井山専新宿東口ビックロ店の増田さんの案内で、一歩上のテント泊を目指す便利グッズを確認する。
レインウェア、これを買えば間違いない! -いまどきレインウェアの選び方 1-
登山をする上での必須装備、レインウェア。以前は「レインウェアといえば、ゴアテックス」と言われるほどゴアテックスが定番だったが、最近では通気性の高い防水素材「ポーラテック ネオシェル」など特徴を持った素材や、アウトドアメーカーのオリジナル防水素材を使ったレインウェアなど、独自の機能を盛り込んだ製品が増えてきた。デザインや機能が多様化する中で、レインウェアをどのように選ぶのが良いか。さかいやスポーツのウェア売場・販売責任者の高橋さんに、レインウェアの基本的な選び方について聞いてみた。
山中でテント泊、しっかり眠れるための寝袋&マット選び
テント泊登山にトライしたい場合に必要な装備で、テントと共に大切なのが寝袋とマット。寒さを感じずに快適に眠るためには、自分の身体とシチュエーションにあった寝袋とマットを選ぶ必要があります。 石井山専新宿東口ビックロ店の増田さんの案内で、チョイスのポイントを教えてもらいました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2017年9月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 沢登り・渓流釣りでも「ジップロック」が大活躍!
沢登り・渓流釣りでも「ジップロック」が大活躍! 「山ジップロック研究所」、今週のテーマは沢登り・渓流釣り。水のアクティビティでも濡れ対策として「ジップロック」が大活躍!
NEW ミステリーランチ、新型バックパックの使用レポート到着!
ミステリーランチ、新型バックパックの使用レポート到着! 「重量を感じさせない背負い心地」に驚きの声! テント泊、親子登山など、様々なシーンで「スタイン62」を試してもらいました
NEW 「神の絨毯」と称される栗駒山の紅葉へ
「神の絨毯」と称される栗駒山の紅葉へ 宮城・岩手・秋田の3県にまたがる東北の名峰・栗駒山。「神の絨毯」とも称される全山紅葉を見に行こう!
NEW 『秋山JOY』が厳選チョイスの紅葉
 『秋山JOY』が厳選チョイスの紅葉 全国40ヶ所以上の紅葉の山と登山コースを紹介する「秋山JOY」から厳選の紅葉登山7コースを紹介!
NEW 岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
NEW 紅葉シーズン、間もなく幕開け!
紅葉シーズン、間もなく幕開け! 9月に入ると、北の山から・標高の高い場所から、少しずつ草木は色づき始める。いよいよ紅葉シーズンの幕開け!
NEW カリマーの軽量レインウェア、使ってどうだった?
カリマーの軽量レインウェア、使ってどうだった? 軽量・高透湿レインウェア「ビューフォート 3L ジャケット」のモニターレポートが到着! 悪天候で快適に過ごせましたか?
NEW 雨のち絶景! 裏銀座モニター登山レポート
雨のち絶景! 裏銀座モニター登山レポート 大町市から裏銀座ルートのモニター登山。一行を待っていたのは、稜線から見る北アルプスの絶景でした。詳しくはこちら
NEW 組み合わせ自在! コンフォートマットを試す
組み合わせ自在! コンフォートマットを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。利尻のキャンプ場で、モンベルのULコンフォートエアパッドをシステムでチェック!
NEW エプソンのGPSウォッチを一斉モニター
エプソンのGPSウォッチを一斉モニター エプソン「リスタブルGPS for Trek」を「山モリ! フェス」のモニター登山会でテスト。その使い勝手は?
NEW 抽選で豪華プレゼント! 今年もやります「ブランドイメージ調査」
抽選で豪華プレゼント! 今年もやります「ブランドイメージ調査」 会員の方を対象に、アウトドアブランドの購入状況や、ブランドイメージをアンケート! あなたのご意見を聞かせてください!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
NEW 「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう!
「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう! 山仲間と簡単にシェアできる! 「ソニー アクションカム」で美しく鮮やかな映像に残しましょう。あなたの山行の思い出と一緒に
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
進化したスマートウォッチをフィールドテスト!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト! カシオのスマートウォッチが進化しGPS搭載に! ギア好きライター礒村真介氏がフィールドテスト。その使い勝手は…。
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々 ファミリー、初心者でも短時間で絶景を堪能! ロープウェイ、ゴンドラを使ってアクセスできる5つの山を紹介!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!
山に咲く花の名前、知っていますか?
山に咲く花の名前、知っていますか? 山をさまざまな色に染める花たの名前を、どれだけ知っていますか? 山でよく見る、ぜひ覚えておいて欲しい山の花を紹介
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目 山岳会に入っていたり、登山専門店で働いたりしている「山センパイ」が、安全に山を楽しむコツをレクチャー!