このエントリーをはてなブックマークに追加

体力を消耗するだけ!? 雪山で雪を食べるといろいろとまずい話

基礎知識 2016年11月21日

北海道では早くも山スキーの報告もちらほら聞こえるようになりました。今回は雪のお話です。真っ白な雪が一面に降り積もり、日差しがまぶしく、とても天気のいい日に思わず雪を食べたくなることってありませんか。かき氷シロップを持ってきて思う存分かき氷を食べたいと思ったことはありませんか? 私だったら定番の赤のイチゴを選びます!

でも、雪って空気中のチリやゴミを核にしてできたものなんですよね。あんなに真っ白にみえるのに実はちょっと汚いのです。酸性雨などが問題になっていますが場所によっては環境汚染物質が含まれていることもあると言われています。見た目では判断できませんよね。

雪を食べると・・・

行動中、水が飲みたくて雪を口に入れてごまかしたことってありませんか。これって逆に喉が乾く原因にもなるし、身体の体温を下げることになり、あまり誉められた行動ではないのです。雪を食べることによって身体の熱が奪われますし、雪を食べて、口の中が荒れる原因ともなってしまいます。雪を融かして水にするのにたくさんのエネルギーを消耗するのです。1グラムの水の温度を1度上げるのに要するエネルギーは1calですが、1グラムの0度の氷を0度の水にするのには約80cal必要と言われています。雪を食べても思ったほどの水分摂取にはならず、身体の熱が奪われるだけで、体力が消耗するだけということがおわかりでしょう。お腹を壊してしまうこともあるのでなるべく雪を食べるのはやめましょう。

雪山での水はどうすれば?

雪は思ったよりも汚いと書きましたが、雪山では水がないので目の前にたくさんあるその雪を集め、融かして水作りから始めなければなりません。水作りにはコツがあって、コッフェルの裏側をこまめに拭くことでコンロからの熱を効率よく利用することが出来ます。またコッフェルの雪の中に水を入れるよりは、ふたをするほうが効果的と言われています。ですが、人それぞれに好みのやり方があるので実際に試してみると良いと思います。水作りの際、ガーゼなどで作った茶こしを用意すると意外に雪の中に埋もれていたゴミが取れます。特に残雪期の雪は、いろいろな不純物が混じっています。小さな砂や木の葉が混じったご飯を食べないようにしましょう。冬の富士山でジャリジャリのご飯を食べたことがありますが、食べるのも一苦労でした。

雪山では、温かいものを

たとえ日帰りであってもきちんとテルモス(保温水筒)に入れた温かい飲み物を用意しておき、こまめに摂取することが低体温症を予防することにもつながります。また荷物や時間に余裕があるならば休憩時にガスバーナーとコッフェルを使用して温かい食事を作るのも楽しい山の時間になりますよ。雄大な景色を眺めながら食べるだけでどんな食べ物よりも美味しく感じるのではないでしょうか。

やっぱり一面の雪の中でシロップを用意して思う存分かき氷を食べることは、夢の中だけにしておいたほうがいいですね。

教えてくれた人

高柳 昌央

登山ガイド資格を持つサラリーマン。北海道への移住をめざして活動中。植村直己帯広野外学校所属で北海道山岳ガイド協会会員。ひたすら長い距離をとにかく歩くのが好き。今年の夏は縦走にチャレンジです! ロングトレイルにも興味を持っています。

同じテーマの記事
安全登山に欠かせない「現在地確認」、思い込み・勘違いに注意!
山岳遭難事故の原因の中でも、最も多いと言われているのが「道迷い遭難」。無意識にルートを外れ、気がついたら自分の現在地が確認できなくなった。そうなる原因と、ならないために必要なことを考察してみよう。
セルフレスキューの第一歩は、「自分の力量にあった山選び」
登山中にトラブルに遭遇した際に必要となる技術「セルフレスキュー」。その第一歩となるのは「自分の力量にあった山選び」。そのポイントについて、「安全で楽しい登山」の普及啓発に取り組む長野県山岳総合センターが解説します。
登山の原則「早出早着」の本当の意味
「早出早着」って言葉を知っていますか? 読んで字のごとく、朝早く出発して午後の早くに到着するということ。少しでも山の危険リスクを減らすために少しでも早く予定した山小屋やキャンプ地に到着しておくことは登山の基本中の基本です。
手や耳が凍る・・・!? 真冬の雪山で、肌の露出してはいけない
立て続けに寒波がやってきて、やっと山も本来の姿に戻ってきたといったところでしょうか。ちょっと遅れましたが、雪遊びや雪だるま作りの季節ですね。最初は楽しめますが、だんだんと手足の感覚がなくなったり、痛くなったりしましたよね。しかも、夢中で作り続けて身体が冷え切ってしまい「もう、やめた!」となった経験ありませんか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2017年9月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 沢登り・渓流釣りでも「ジップロック」が大活躍!
沢登り・渓流釣りでも「ジップロック」が大活躍! 「山ジップロック研究所」、今週のテーマは沢登り・渓流釣り。水のアクティビティでも濡れ対策として「ジップロック」が大活躍!
NEW ミステリーランチ、新型バックパックの使用レポート到着!
ミステリーランチ、新型バックパックの使用レポート到着! 「重量を感じさせない背負い心地」に驚きの声! テント泊、親子登山など、様々なシーンで「スタイン62」を試してもらいました
NEW 「神の絨毯」と称される栗駒山の紅葉へ
「神の絨毯」と称される栗駒山の紅葉へ 宮城・岩手・秋田の3県にまたがる東北の名峰・栗駒山。「神の絨毯」とも称される全山紅葉を見に行こう!
NEW 『秋山JOY』が厳選チョイスの紅葉
 『秋山JOY』が厳選チョイスの紅葉 全国40ヶ所以上の紅葉の山と登山コースを紹介する「秋山JOY」から厳選の紅葉登山7コースを紹介!
NEW 岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
NEW 紅葉シーズン、間もなく幕開け!
紅葉シーズン、間もなく幕開け! 9月に入ると、北の山から・標高の高い場所から、少しずつ草木は色づき始める。いよいよ紅葉シーズンの幕開け!
NEW カリマーの軽量レインウェア、使ってどうだった?
カリマーの軽量レインウェア、使ってどうだった? 軽量・高透湿レインウェア「ビューフォート 3L ジャケット」のモニターレポートが到着! 悪天候で快適に過ごせましたか?
NEW 雨のち絶景! 裏銀座モニター登山レポート
雨のち絶景! 裏銀座モニター登山レポート 大町市から裏銀座ルートのモニター登山。一行を待っていたのは、稜線から見る北アルプスの絶景でした。詳しくはこちら
NEW 組み合わせ自在! コンフォートマットを試す
組み合わせ自在! コンフォートマットを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。利尻のキャンプ場で、モンベルのULコンフォートエアパッドをシステムでチェック!
NEW エプソンのGPSウォッチを一斉モニター
エプソンのGPSウォッチを一斉モニター エプソン「リスタブルGPS for Trek」を「山モリ! フェス」のモニター登山会でテスト。その使い勝手は?
NEW 抽選で豪華プレゼント! 今年もやります「ブランドイメージ調査」
抽選で豪華プレゼント! 今年もやります「ブランドイメージ調査」 会員の方を対象に、アウトドアブランドの購入状況や、ブランドイメージをアンケート! あなたのご意見を聞かせてください!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
NEW 「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう!
「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう! 山仲間と簡単にシェアできる! 「ソニー アクションカム」で美しく鮮やかな映像に残しましょう。あなたの山行の思い出と一緒に
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
進化したスマートウォッチをフィールドテスト!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト! カシオのスマートウォッチが進化しGPS搭載に! ギア好きライター礒村真介氏がフィールドテスト。その使い勝手は…。
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々 ファミリー、初心者でも短時間で絶景を堪能! ロープウェイ、ゴンドラを使ってアクセスできる5つの山を紹介!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!
山に咲く花の名前、知っていますか?
山に咲く花の名前、知っていますか? 山をさまざまな色に染める花たの名前を、どれだけ知っていますか? 山でよく見る、ぜひ覚えておいて欲しい山の花を紹介
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目 山岳会に入っていたり、登山専門店で働いたりしている「山センパイ」が、安全に山を楽しむコツをレクチャー!