このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめの雪山はこの一本! 雪山縦走用ピッケル

道具・装備 2017年01月13日

雪山に備えて防寒アイテムだけはそろえたけど、なんか忘れているような・・・。そう、ピッケルは雪山登山者の証明書代わりかもしれません。でも長さや形の違うものがあって、ひとつになかなか絞り込めない・・・。本格的に始めるなら、ぜひ持っておきたいピッケルの選び方について、さかいやスポーツの高橋さんにお聞きしました!

POINT
  • バランスを取り、滑落防止にも必要
  • くるぶしを長さの基準に選ぼう
  • スチール製で軽量のオーソドックスなピッケル

ピッケルの正しい使い方は?

編集部S:ピッケルが必要な山のレベルって、なんか難しい。数センチの積雪だったら要らなそうだけど、本格的に始めるとなったらやっぱり必要だし・・・。

高橋さん:そうですねえ。スノートレッキングという趣旨になると、いわゆる先端にバスケットをつけたトレッキングポールで行けちゃう、ってこともあると思いますが、雪山縦走を始めたい、という方であれば揃える必要があると思います。

雪山縦走では必須になってくるピッケル。基本的な使い方は一緒ですが、微妙に特徴が異なるものが各メーカーから出ています(高橋さん)

編集部S:ピッケルって、そもそもどうやって使ったらいいんですかね。形からして、つるはしみたいだし、ヘッドの部分を雪に刺して使うんですか?

高橋さん:ピッケルは、雪山のシーンにおいて主に身体を支えるために使うものです。基本的な使い方としては、ヘッドの部分を持っていただいて、トレッキングポールと同じ要領で雪山の斜面に刺しながら歩くために使います。あとは強風時に、ピッケルを支点に抱え込み、身を守るという使い方ですね。

編集部S:ちょっと思ってたのと違いました(笑)

高橋さん:いえいえ、でももちろんそんな使い方もしますよ! 雪を崩したりとか、もっとレベルが高くなってくると氷に突き刺して、身体を持ち上げるとか。

編集部S:わあ、スゴいな。

高橋さん:あともうひとつ、とっても重要な使い方としては滑落の防止です。もし、仮に滑り落ちてしまったときには雪面に刺して、身体を止めます。

滑落時にとる姿勢。ヘッド部分を斜面に刺します。講習会などでも教わる重要な姿勢です(高橋さん)

編集部S:そういう使い方をする時が来ないと良いけど・・・。いざという時にはすぐ使えるように、絶対に持っておかないといけないですね。そして、使い方もマスターしないと。

高橋さん:そうですね、実践型の雪山講習会などに参加して、使い方もきちんと覚えてください。持っていても使えなければ意味がないので・・・。それから、登山中は常に手放さないように、リーシュと呼ばれるストラップを、手首タイプのものか肩かけタイプのものをつけておきましょう。

リーシュは肩にかけるもの(写真左)と、腕につけるもの(写真右)があります。ピッケル自体を落としてしまわないようにする、重要なパーツです(高橋さん)

編集部S:もし落としてしまったら、いざというときに使えないですよね。腕と肩、どっちのタイプ、どちらがいいですか?

高橋さん:そうですねー。好みもあると思いますが、腕用だと、どちらか片方でしか使えなかったりするので、初心者の方であれば、左右どちらでも使える肩かけがけがいいかな。

いろいろあるよね、長さや形

編集部S:そういえば、ピッケルってまっすぐな形と、カーブがついた形と、ありますよね?

高橋さん:カーブをつけたものは、振り下ろすときに雪との間にすきまを生んで、登坂のキツい場面でも、より少ない力で斜面に刺しやすくなるという利点があります。

編集部S:もっとカーブがすごいのもあって、見た目はカッコいいけどなあ。

高橋さん:このレベルになってくると一般的な雪山登山とは別物で、アイスクライミング用のピッケルですね。氷の壁にもよく刺さるように先も鋭利になってるんです。だんだん雪山と言えど、エキスパート化してくるにつれて長さは短くカーブも強いモデルになってきますね。

写真左から順に、ペツル・クオーク、ブラックダイヤモンド・フォーエル、グリベル・モンテローザ、ブラックダイヤモンド・レイブン。左2本がアイスクライミング用、右2本が雪山縦走用です(高橋さん)

編集部S:初心者の僕にはそこまでは必要なさそうですね。

高橋さん:そうですね、はじめてであれば基本的に真っ直ぐなもので大丈夫だと思います。

編集部S:長さって、どのくらいを目安にすればいいんですか?

高橋さん:ピッケルを持っていただいて、からだの横に付けたときに、ちょうどくるぶしくらいにある長さがちょうどいいサイズ感です。

写真は65cmモデル。男性でも、女性でも、基本的にはこのくらいを目安に選んでください(高橋さん)

編集部S:地面に付かないくらいで大丈夫なんですね。

高橋さん:実際には雪が積もった状態で使うわけですから、長すぎても扱いにくいですよね。逆に短すぎても身体を支えるというには不十分ですから、選び方は基本的に"くるぶし"と覚えておけばオッケーです。

編集部S:思ったんですけど、長さを調節できれば便利でよさそうなのに・・・。

高橋さん:そういうモデルもありますが、ほとんどは調整できないモノが多いんです。やっぱり接ぎモノであると、いざというときに不安が残りますからね。ピッケル自体を支点として使うことが多いので、一本になっているものを選びましょう。

はじめに持つならこれがいい!

編集部S:はじめて買うなら、なおさらしっかり強度のあるものを選ばなきゃいけないですね。

高橋さん:それだったらブラックダイヤモンド・レイブンなんかどうですかね。ホントにベーシックで、オーソドックスなピッケルなんですけど、扱いやすいですし、はじめての一本にも十分かなーと思います。

ブラックダイヤモンド・レイブンは、ビギナーにはピッタリなピッケルです(高橋さん)

編集部S:見た目はしっかりしてるけど、思ったより軽いかも。これだと扱いやすそう。

高橋さん:軽量感はあるんですが、スチール製で強度もバッチリです!

ヘッド部分。基本的なピッケルの性能は十分備えています(高橋さん)

編集部S:やっぱり初心者だと、軽いモノを選んだほうがいいですかね?

高橋さん:スチールではないアルミ製はもっと軽くはなるんですが、やはりスチールに比べると強度は落ちてしまいます。じゃあ「アルミ製の使いどころは?」ってなるんですが、本当にいざという時に使うって感じですかね。

編集部S:雪山に慣れていないと身体を支える目的が多そうだし、一本しっかりしたモノを買って、長く使えるようなモノがいいなあ。

高橋さん:レイブンは、一般的な雪山縦走に使うピッケルとしては、これで十分かと思います。価格も1万円を切りますし、予算の中で手に入れやすいのも大きな魅力かもしれないですね。

編集部S:アイスクライミング用ではないとはいえ、ピッケルの先ってやっぱり鋭利ですね。

高橋さん:そうですね、ケガには気をつけてください。山まで持ち運ぶってなると危ないですので、専用のカバーなどを使って、保護してあげると良いと思います。

ヘッド部分のカバー(写真左)と底部のカバー(写真右)もあります。つけておくとケガ防止につながるだけでなく、保管の際の保護にも役に立ちます(高橋さん)

編集部S:ピッケルを買ったら、ようやく雪山アイテムが揃うぞー!

高橋さん:雪山講習会などにもピッケルが必要になることが多いですし、実際の使い方に慣れておくと安心だと思いますよ!

紹介した山道具

ブラックダイヤモンド レイブン

教えてくれた人

高橋典孝(さかいやスポーツ ウェア館)

山の世界で働いて17年のベテラン。ウェアに関する知識はオタク級だが山道具も大好き!!
ゆったりオートキャンプからガッツリ登山まで何でもこなすが特に最近は、トレイルランニング、テンカラ釣りに没頭中。

さかいやスポーツ

創業以来、約60年にわたり神田神保町で全国の登山家やアウトドアマンに愛されている登山用品店。ウェア、シューズ、ギアなど品目別の専門館を6店舗展開。ウェアや道具に詳しいスタッフが丁寧に解説してくれるので、ビギナーでも安心。

住所/東京都千代田区神田神保町2-48
TEL/03-3262-0432
営業時間/11:00~20:00
アクセス/神保町駅A4出口より徒歩6分、JR中央・総武線水道橋駅東口より徒歩8分

同じテーマの記事
街中でも着られるレインウェアと、フェスの定番だったポンチョの今 -いまどきレインウェアの選び方 その3-
今回は、もっと気軽に着られるようなレインウェアについて取り上げたい。以前はフェスといえばポンチョというイメージが強かったが、近頃はそうでもないらしい...。引き続き、高橋さんに聞いてみた。
重さ100g...!? トレランや低山ハイキングにおすすめのレインウェア -いまどきレインウェアの選び方 その2-
前回は、防水性や耐久性が高い、初心者でも安心できるレインウェアの選び方を、さかいやスポーツ・高橋さんに紹介してもらった。今回はトレイルランニングや低山でのハイキングなど、本格的な登山以外のアクティビティ用に販売されているレインウェアについて取り上げたいと思う。最近は山の楽しみ方のバリエーションが増え、超軽量のものや、今までにないデザインのレインウェアも販売されている。従来のレインウェアとの違いは何なのか? 今回も引き続き、高橋さんに聞いてみた。
もっと快適に! 一歩上のテント泊を目指す小物を揃えてみよう!
テント・寝袋・マットが揃えば、ひとまず山で寝泊まりは可能になるものの、快適にテントで暮らすには少し心許ない。さらに快適にテント生活を送るためには、手にしておきたい快適アイテムがたくさんある。
石井山専新宿東口ビックロ店の増田さんの案内で、一歩上のテント泊を目指す便利グッズを確認する。
レインウェア、これを買えば間違いない! -いまどきレインウェアの選び方 1-
登山をする上での必須装備、レインウェア。以前は「レインウェアといえば、ゴアテックス」と言われるほどゴアテックスが定番だったが、最近では通気性の高い防水素材「ポーラテック ネオシェル」など特徴を持った素材や、アウトドアメーカーのオリジナル防水素材を使ったレインウェアなど、独自の機能を盛り込んだ製品が増えてきた。デザインや機能が多様化する中で、レインウェアをどのように選ぶのが良いか。さかいやスポーツのウェア売場・販売責任者の高橋さんに、レインウェアの基本的な選び方について聞いてみた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2017年10月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
NEW 鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍!
鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍! 連載「山ジップロック研究所」。今回のテーマは、秋こそ山で食べたい「鍋料理」。3つのレシピ&「ジップロック」活用術!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
NEW 透湿値の高いアウター 秋冬版登場!
透湿値の高いアウター 秋冬版登場! ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。その秋冬版が登場。細かい仕様をチェックしよう!
こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 10月も下旬、紅葉は山を駆け下りる。山腹のブナやカエデ、ダケカンバやカラマツは、色とりどりに山を彩り始めている。
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!