このエントリーをはてなブックマークに追加

手や耳が凍る・・・!? 真冬の雪山で、肌の露出してはいけない

基礎知識 2017年01月16日

立て続けに寒波がやってきて、やっと山も本来の姿に戻ってきたといったところでしょうか。ちょっと遅れましたが、雪遊びや雪だるま作りの季節ですね。最初は楽しめますが、だんだんと手足の感覚がなくなったり、痛くなったりしましたよね。しかも、夢中で作り続けて身体が冷え切ってしまい「もう、やめた!」となった経験ありませんか?

雪を素手で触るということは、凍傷になってしまう危険性も大きく、冬山では致命傷になりかねません。ということで今回は、厳冬期の雪山(八ヶ岳など)を歩く際におさえておきたい凍傷への備えについて、ちょっとお話したいと思います。

雪山に手袋は絶対です!

じゃあ、きちんと手袋をしましょう!と言いつつもどんな手袋でもいいわけではなく、防水機能もあり、濡れても保温機能があるものでないとダメです。手袋にもいろいろな指の形があり、一体型かレイヤリングで何枚かに分ける等といった自分が目指す雪山の形態、レベルによっていろいろありますのでショップで相談されてみてください。まさかそんな人いないと思いますが、厳冬期の雪山では軍手のような綿手袋は絶対に使用しないでくださいね。凍り付きます!

肌の露出は厳禁です

雪山では出来るだけ肌の露出する部分を少なくすることが原則です。冷たい空気に曝露され続けるとその部分には血が通わなくなり、あっというまに凍傷になります。感覚もなくなるので自分も知らない間に凍傷が進行してしまいます。特に手や足の末端部分はもともと寒冷に関する対応が鈍く、なかなか気がつきません。顔も要注意です。

私の経験ですが、2月の富士山を登っていた時に毛の帽子を被っていましたが、片耳だけ出ていたのに気が付かないでいました。その日は冷え込んでいて風も強く、山頂でマイナス30度を記録していました。気が付いた時には耳が凍っていて、感覚が全くなく、慌てて必死に温めましたが下山後、耳は普段の倍以上に腫れ上がり、何日かは痛みで眠れなかったことを思い出します。行動中も時々自分の肌が露出しているところがないか確認してください。顔など目の行き届きにくいところは仲間同士でのチェックが有効です。

身体や装備に雪を付着させたままにしない

特に冬山では不快なのは身体やザックの背負い板にまとわりつく雪です。背中の汗ととともに衣服を濡らし、低体温症の原因ともなります。休憩中は必ずザックの背面を上にして雪に接することがないよう気をつけましょう。降雪中は雪が背負い板に付くのでこまめに雪を払うことも大切です。メッシュタイプのザックの背負い板は雪が付くとなかなか取れづらいので雪山用のザックを選ぶ際にポイントの1つとして考えてみてもいいかもしれませんね。

また、テントの中には雪を持ち込まないようにしましょう。雪ブラシは冬山の必需品です。テントに入る前にザックに付いた雪をよく落とし、自分の足回りの雪も払ってから入ります。きちんと払っておかないとテントの中で付いた雪が融けて悲惨なことになります。しかも、翌日、再凍結してバリバリに凍ってしまいます。もちろん靴や水など凍らせないように注意してくださいね。

教えてくれた人

高柳 昌央

登山ガイド資格を持つサラリーマン。北海道への移住をめざして活動中。植村直己帯広野外学校所属で北海道山岳ガイド協会会員。ひたすら長い距離をとにかく歩くのが好き。今年の夏は縦走にチャレンジです! ロングトレイルにも興味を持っています。

同じテーマの記事
雪山用具が気になり始める季節。一般登山・縦走用ザックと登攀用・雪山用ザックの違いを知ろう!
一般登山・縦走用のザックと、登攀用・雪山用のザックは違うって、知っていましたか? それぞれの用途や使い勝手、登攀用、雪山用のザックの選び方について、山岳ガイドの島田和昭さんに聞きました。
「読図の超基本的知識」を知った上で、フィールドで実践! この秋は読図力をアップしよう
遭難しないために読図技術が重要ということは、登山者の誰もが知っている一方で、地図読みが苦手という声は多い。初心者が読図力をつけるためのステップアップのポイントを挙げる。
安全登山に欠かせない「現在地確認」、思い込み・勘違いに注意!
山岳遭難事故の原因の中でも、最も多いと言われているのが「道迷い遭難」。無意識にルートを外れ、気がついたら自分の現在地が確認できなくなった。そうなる原因と、ならないために必要なことを考察してみよう。
セルフレスキューの第一歩は、「自分の力量にあった山選び」
登山中にトラブルに遭遇した際に必要となる技術「セルフレスキュー」。その第一歩となるのは「自分の力量にあった山選び」。そのポイントについて、「安全で楽しい登山」の普及啓発に取り組む長野県山岳総合センターが解説します。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2017年10月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
NEW 鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍!
鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍! 連載「山ジップロック研究所」。今回のテーマは、秋こそ山で食べたい「鍋料理」。3つのレシピ&「ジップロック」活用術!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
NEW 透湿値の高いアウター 秋冬版登場!
透湿値の高いアウター 秋冬版登場! ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。その秋冬版が登場。細かい仕様をチェックしよう!
こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 10月も下旬、紅葉は山を駆け下りる。山腹のブナやカエデ、ダケカンバやカラマツは、色とりどりに山を彩り始めている。
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!