このエントリーをはてなブックマークに追加

高性能なパラボラアンテナを持つ、孤高で難易度が高い花

たしなみ 2017年02月28日

春を感じる日がだんだんと増えてきましたね。今回は「春の使者」とも呼ばれるあの花について、植物写真家の高橋修さんが詳しく教えてくれました。

 漢字で書くと福寿草。とてもおめでたい名前は、元日を祝う花としてその名が付いた。

 フクジュソウは、夜は花が閉まっていて、よく晴れた暖かい日に、太陽が花に当たるとやっと花開く。花弁は黄色で光をよく反射してピカピカして上を向いて咲く。太陽の方向を向いて動きさえする。暖かい太陽光線はピカピカの花弁に反射して、雄しべや雌しべに集められ、温度が上がる。雄しべは花粉を作り、雌しべは種子を作る。寒い冬から早春に咲くフクジュソウは、自分自身を温めているのだ。

 フクジュソウは蜜を出さないが、花粉をたくさん作り、アブやハチ、ハエなどの花粉を食べる昆虫を呼び寄せる。訪れた昆虫にしてみれば、暖房付きのサービスのよいレストランといった感じなのである。食べられずに昆虫の体に付いた花粉は、別の花に移動した昆虫によって移動し、受粉する。

 なぜこんな寒い時期に咲くのか。これには理由がある。早春は落葉樹の葉がなく、フクジュソウは太陽光線をいっぱい受けることができるし、花の種類数が少ないために競争相手が少ないから。孤独が好きな花なのだ。

 近年まで、日本のフクジュソウは一種類だけとなっていたが、近年4種類に分類された。フクジュソウ、キタミフクジュソウ、ミチノクフクジュソウ、シコクフクジュソウの4種類である。名前を付けたのはいいが、ミチノクフクジュソウは東北地方だけでなく九州にもあるし、関東にはミチノクフクジュソウの両方がある。混生していないのでまだまし。シコクフクジュソウは四国という名があるが本州でも確認された。見分けるポイントは、花の外側部分の総苞片と花弁の長さの差、果実の形、葉の裏の毛の有無など。見分けのポイントは地味で、植物に相当の知識がないと見分けることができない。なんとも難しい植物である。

太陽光が反射されやすい黄色い花弁。

フクジュソウの群落

教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『フィンデルン』

同じテーマの記事
花の島・花の山、伊豆七島神津島の天上山は秋の今でも花の季節!
秋も深まり、山で見かける花は少なくなったが、伊豆七島神津島の天上山は、今も花の盛りの時期。オオシマツツジ、サクユリ、イズイワギボウシまど、花の島・花の山の天上山で見られる花を紹介する。
ヒマワリに似たウサギギクの葉は、兎の耳に似ている?
8月も半ばを過ぎると、高山帯で咲く花は一気に数を減らしていく。そんななかで目立つのが、ウサギギクだ。ところで、この「ウサギ」という名前は、どこから由来しているのだろうか?
「高山植物の女王」コマクサ、荒涼とした場所に咲く孤高の花
高山に可憐に咲くコマクサは、「高山植物の女王」と称され、人気の高い花だ。可憐な姿の一方で、その生き方は力強い。コマクサの秘密について、自然・植物写真家の高橋修さんが説明する。
黄色くないのに「キバナシャクナゲ(黄花石楠花)」な理由は?
高山のハイマツが生えるような場所に咲くキバナシャクナゲ。漢字で書くと「黄花石楠花」だが、名前とは裏腹に花の色は白に近いクリーム色。なぜ、白花ではなく黄花なのか? 植物写真家の高橋修さんが観察を続けた結果、最近ようやく納得した理由とは?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

暴風雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「山ジップロック研究所」研究レポート総まとめ
「山ジップロック研究所」研究レポート総まとめ 山で便利な「ジップロック」の使い方を発表する本連載。25回のレポートから、スタッフのお気に入り、閲覧数ランキングを発表し...
NEW とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 10月も下旬、紅葉は山を駆け下りる。山腹のブナやカエデ、ダケカンバやカラマツは、色とりどりに山を彩り始めている。
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!