このエントリーをはてなブックマークに追加

「山岳保険」という保険商品は存在しない!? 知らないと損する山岳保険の知識

基礎知識 2017年05月08日

「山岳保険」に加入しておくのは、自立した登山者の"たしなみ"といえるでしょう。ところで、ひとくちに山岳保険と言っても、何をもって山岳保険なのでしょうか?
そこで登山者が知っておくべき保険の知識を、「やまきふ共済会」の井関純二氏が徹底指南。

山岳保険の定義、知っていますか?

登山をする人であれば「山岳保険」という言葉を一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか? 山岳会などに入っていれば、「必ず入りなさい」と言われたことがあるのではないかと思います。しかし実は、日本には山岳保険という名称の保険商品の認可をもっている会社は存在しないのをご存じでしょうか?

雑誌には山岳保険への案内が掲載されているし、インターネットで検索すれば山岳保険加入を募集している会社がいくつか出てきます。世間でいわゆる「山岳保険」と呼ばれているものは、いったいどういう保険を指しているのでしょうか?

アウトドアショップに行くとさまざまな山岳保険のパンフレットがある

長野県で施行された登山安全条例では、登山計画書の提出義務などとあわせて「山岳保険」への加入を努力義務と定めています。そこで長野県の条例を確認すると、山岳保険について次のように定義しています。

「山岳遭難者の捜索又は救助について負担する費用に対して保険金、共済金その他これらに類するものが支払われるものをいう」

遭難時の捜索救助費用がカバーされるのが"山岳保険"

話は逸れますが、大阪や神戸などでは「自転車保険」への加入が条例で義務付けられたのをご存じでしょうか? 山岳保険と同様に「自転車保険」というものは実はありません。

山岳保険と同様に条例から定義を確認すると、大阪府では「自転車の利用に係る交通事故により生じた他人の生命又は身体の被害に係る損害を填補することができる保険又は共済をいう」としています。

山岳保険と自転車保険、この2つには共通点があります。つまり「遭難時の捜索救助費用がカバーされる保険」であれば山岳保険と呼ばれるものではなくてもOK。「自転車事故での損害賠償がカバーされる保険」であれば自転車保険と呼ばれるものではなくてもOK、ということになるのです。
 
山岳保険(と呼ばれるもの。以下、山岳保険に統一)の中には、自転車保険(と呼ばれるもの。以下、自転車保険に統一)と同様に、他人をケガさせた(例:落石を起して怪我させたなど)場合の賠償を心配する人向けに、賠償責任特約(個人賠償責任補償特約や日常生活賠償特約等)が付いているものもあります。
この特約は登山中も含めた日常生活上の賠償責任を幅広くカバーするものなので、自転車での事故も対象となるのです。

つまり、この賠償責任特約が付いた山岳保険に入っていれば、自転車保険に入ったことにもなります。逆に自転車保険に遭難時の捜索救助費用がカバーされる特約を付ければ、山岳保険に入ったことにもなるのです。

このことからも、登山者が入るべきものは「山岳保険」ではなくても、「遭難時の捜索や救助費用がカバーされる保険」と考えた方が、無駄なく保険を選ぶ際に分かりやすくなりますので是非覚えておいてください。

教えてくれた人

井関純二

千葉県出身。大学卒業後に保険会社勤務等を経て2014年にやまきふ共済会を設立。趣味は登山のトレーニングのために始めたランニングでサブ3ランナー。
やまきふ共済会の他に、山岳ガイドや登山者向けの各種保険を扱う(株)インスクエアコンサルティング代表取締役で社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー。
⇒やまきふ共済会

同じテーマの記事
「病気・道迷い」遭難が補償されるのか、しっかり確認しておこう。 知らないと損する山岳保険の知識
山岳遭難事例で「病気・道迷い」が遭難原因となっている例は半数以上だが、一般的な「救援者費用特約」ではこれらは対象外。果たして自分の加入している山岳保険は何に対して補償されるのか、一度確認しておくほうが良いと、井関氏は説明する。
登山中の「体調不良」や「疾病」の支払い要件とは? 知らないと損する山岳保険の知識
全国各地の山で、日々起きている山岳遭難事故。道迷い、転倒、滑落など、さまざまな理由で起きているなかで、意外と多いのが登山中の「体調不良」や「疾病」だ。病気による救助は、支払い対象にならないケースが多いという。
「遭難捜索費用特約」でカバーできること・できないこと 知らないと損する山岳保険の知識
登山者が知っておくべき保険の知識を徹底解説する「知らないと損する山岳保険の知識」。今回は2種類ある遭難捜索の特約の1つ「遭難捜索費用特約」について解説します。
「救援者費用等補償特約」では山岳保険に不十分かも!? 知らないと損する山岳保険の知識
登山者が知っておくべき保険の知識を、「やまきふ共済会」の井関純二氏が徹底解説する「知らないと損する山岳保険の知識」。今回は救助費用をカバーする特約、「救援者費用等補償特約」の実際の内容を、保険の約款を見ながら説明します。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年10月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「山ジップロック研究所」研究レポート総まとめ
「山ジップロック研究所」研究レポート総まとめ 山で便利な「ジップロック」の使い方を発表する本連載。25回のレポートから、スタッフのお気に入り、閲覧数ランキングを発表し...
NEW とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 10月も下旬、紅葉は山を駆け下りる。山腹のブナやカエデ、ダケカンバやカラマツは、色とりどりに山を彩り始めている。
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!