このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
山には美しい花が咲き、珍しい植物がたくさん生息しています。植物写真家の高橋修さんが、気になった山の植物たちを、楽しいエピソードと共に紹介していきます。
草枯れの色の湿原を紫色で染める、ヤマラッキョウの花
草枯れが始まった草地に群落を形成し、小さいながらよく目立つヤマラッキョウ。「ラッキョウ」の名の通り、辣韮の近縁種だ。食べられるかどうかは不明だが、その香りは――。
花の島・花の山、伊豆七島神津島の天上山は秋の今でも花の季節!
秋も深まり、山で見かける花は少なくなったが、伊豆七島神津島の天上山は、今も花の盛りの時期。オオシマツツジ、サクユリ、イズイワギボウシまど、花の島・花の山の天上山で見られる花を紹介する。
ヒマワリに似たウサギギクの葉は、兎の耳に似ている?
8月も半ばを過ぎると、高山帯で咲く花は一気に数を減らしていく。そんななかで目立つのが、ウサギギクだ。ところで、この「ウサギ」という名前は、どこから由来しているのだろうか?
アルプスでよく見かける高山植物、「ヨツバシオガマ」と、その仲間たち
鳥のツルの頭のような形の紅紫色の花を付けるヨツバシオガマは、日本アルプスなどの高山帯でよく見かける高山植物の代表格だ。東北・北海道でもよく見かけるが、実は近年の調査で別種であることがわかった。ヨツバシオガマと、その仲間たちについて確認してみた。
「高山植物の女王」コマクサ、荒涼とした場所に咲く孤高の花
高山に可憐に咲くコマクサは、「高山植物の女王」と称され、人気の高い花だ。可憐な姿の一方で、その生き方は力強い。コマクサの秘密について、自然・植物写真家の高橋修さんが説明する。
黄色くないのに「キバナシャクナゲ(黄花石楠花)」な理由は?
高山のハイマツが生えるような場所に咲くキバナシャクナゲ。漢字で書くと「黄花石楠花」だが、名前とは裏腹に花の色は白に近いクリーム色。なぜ、白花ではなく黄花なのか? 植物写真家の高橋修さんが観察を続けた結果、最近ようやく納得した理由とは?
黄色の花は、似ている花が多いけど・・・葉に注目してみよう!
花盛りの夏山。みなさん花の名前どれだけわかりますか? 似たような花が多くてなかなか覚えられないですよね・・・今回は植物写真家の高橋修さんが「ミヤマ●●●」「●●●キンバイ」という名前の花について、見分け方を教えてくれました!
南アルプス・北岳にだけ咲くキタダケソウの見分け方
梅雨のさなか、南アルプス・北岳の山頂付近にだけ咲く花、キタダケソウ。花の色や大きさ・姿は、ハクサンイチゲに似ているが、見分けるポイントは?

八ヶ岳の横岳などにしか咲かない高山植物、ツクモグサの可憐な姿
6月初旬の登山計画に八ヶ岳の横岳を加えてはいかがだろうか? それは、ここにしか咲かない高山植物「ツクモグサ」があるからだ。咲きたての毛がたくさん生えている状態の花を見るためには、厳しい条件も加わる。
今しかない! 今年は当たり年、天城山のアマギシャクナゲ
春から夏に、派手で大きな花を咲かせるシャクナゲ (石楠花)は、ツツジ科の花だ。ツツジの仲間は、年によって当たり・ハズレがあるという。
伊豆半島の最高峰の天城山などでよく見られるアマギシャクナゲは、今年は当たり年で、まさに今、見頃を迎えている。
冬枯れの雰囲気の山に、ピンク色の花を咲かせるツツジ「アカヤシオ」
冬枯れ色の山が新緑に染まり始める頃に、野山を彩る花の1つが「アカヤシオ」です。寒々とした世界に咲く、温かみがあるピンクの花が印象的な、このツツジ科の花について、自然・植物写真家の高橋 修氏が説明します。
林の中で存在感を示すチゴユリは、春から秋まで楽しめる
本格的な春が訪れ、山にも様々な花が咲きだしています。数ある花の中でも、林の中で存在感を示す花の1つがチゴユリ。星型の端正な姿のこの花について、植物写真家の高橋修さんが詳しく教えてくれました。
高性能なパラボラアンテナを持つ、孤高で難易度が高い花
春を感じる日がだんだんと増えてきましたね。今回は「春の使者」とも呼ばれるあの花について、植物写真家の高橋修さんが詳しく教えてくれました。
低山を歩きながら探してみよう、難を転ずる植物の話
あっという間に2017年も10日を過ぎました。今回は植物写真家の高橋修さんが、1年の初めにふさわしい縁起の良さそうな植物を教えてくれました。山の中でも見ることができるので、山初めに見つけたら良いことあるかも。
残り花を楽しむ。花の少ない時期に咲く「リンドウ」
低山にも氷の花が見られるようになりましたが、まだまだ見ることができる花があるそうです。植物写真家の高橋修さんが今シーズン最後の花を教えてくれましたよ。
低山ならまだ見られるかも・・・!? 初冬に咲く花の話。
落葉も終わり、そろそろ冬本番。ちょっと待った・・・! まだ見られる花があるんですって。植物写真家の高橋修さんがこの季節にも見ることができるお花を教えてくれましたよ。
良薬口に苦し。何回煎じても苦い薬草の話
すっかり秋も深まり、低山歩きのシーズンになりました。今回は、秋の低山(しかも晴れた日限定!)でしか見つけられない意外と有名な植物について、植物写真家の高橋修さんが教えてくれました。
高山の紅葉といえば・・・「ウラジロナナカマド」
高山帯はそろそろ冬支度かな・・・というところに、植物写真家の高橋修さんから高山の紅葉の代名詞とも言える「ウラジロナナカマド」に関する話題が届きました。紅葉は終わってしまいましたが、これからの時期は、涸沢の下部あたり、白馬の栂池自然園あたりで真っ赤な果実が見られるそうですよ。
南アルプスの高山帯だけに咲く、美しすぎる花
山はだいぶ秋らしくなってきたようですが、まだまだ花が楽しめます! 今回は、南アルプスエリアでよく見られる「タカネビランジ」について、植物写真家の高橋修さんが教えてくれました。高橋さんいわく「美しすぎる花」だそうです!
一花でもなければ白山だけにあるわけでもない高山植物
雪どけとともに山は花の季節をむかえるわけですが、雪どけとともに咲き始めるハクサンイチゲについて、植物写真家の高橋修さんが名前の由来を解説してくれました!
≪ 前の20件 次の20件 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年11月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報