羊蹄山ようていざん

百名山

羊蹄山

写真:山梨勝弘  真狩村付近からの羊蹄山
 支笏洞爺国立公園西端にあって、別名蝦夷富士とも呼ばれる、均整のとれた成層火山。アイヌ語でマチネシリ「女山」ともいわれ、マツカリヌプリ「後方に対をなして一方にある山」とも称される。近くの尻別岳はピンネシリ「男山」で対にして夫婦山とされている。ほかにも山麓を流れる尻別川から転訛してシリベシ(水際の険しい川)山の名称もある。
 羊蹄山の山名は元明元年(1781)松前広長の『松前志』にすでに登場している。幕末の蝦夷地直轄で、松浦武四郎は国威を示すため『日本書紀』の中で阿倍比羅夫が後方羊蹄に政庁を置いた事例を引き合いに出した。そして、この山を後方羊蹄山(シリベシ山)と名づけ、正史に近い扱いをしている。第2次世界大戦中は蝦夷征伐が国史として扱われ、後方羊蹄はいやがうえにもあがめられたが、いまやその名も失せ、元の羊蹄山の山名に戻っている。頂上の一等三角点の名称が「真狩(まつかり)岳」であるため、昭和初期に小学校地理教科書に真狩岳を採用していた時代もあった。
 この山の開拓は早く、明治38年(1905)倶知安村の河合篤叙が蝦夷富士登山会を設立し、比羅夫(ひらぶ)コースの登山道を開削し、休憩所を設けた。大正11年(1922)には9合目に石室「雲上閣」を建造し、登山の啓蒙と普及に務めた。積雪期登山の記録としては、明治45年(1912)4月、レルヒ中佐が、倶知安(くつちやん)からほぼ夏道沿いにスキー登山を行っている。
 登山コースとしては、古くから開けた比羅夫から半月湖を経てジグザグに登る。このコースに沿った地帯は高山植物の種類も多く「後方羊蹄山の高山植物帯」として、国の天然記念物に指定されている。
 9合目の避難小屋に泊まって御来光を眺め、頂上に立つのもよいだろう。頂上には父釜、母釜、子釜と呼ばれる噴火口があり、最大の父釜は周囲約2km、深さ200mほどある。
 京極(きようごく)コースは銘水「噴き出しの水」がわいている、ふきだし公園から入山し、沢沿いの登山道を行く。9合目付近は火山礫の崩壊地で、斜面が急なので注意を要する。
 留産(るさん)コースは京極と真狩を結ぶ車道に面して登山口がある。4合目は沢の浸食で、登山道が崩れているので注意したい。
 真狩コースは設備の整っている羊蹄山自然公園から入山する。9合目近くでガレ場をトラバースしなければならない。所要時間はいずれも頂上まで約5時間。
 なお、4コースとも途中に水場はないので、必ず水筒に水を満たしておきたい。

DATA

正式名称: 羊蹄山(蝦夷富士)
別名: 後方羊蹄山(しりべしやま) 蝦夷富士(えぞふじ)
山域: 支笏・洞爺
都道府県: 北海道
標高: 1,898m
2万5千図: 羊蹄山・倶知安

※ 羊蹄山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

羊蹄山に行くモデルコース

  • 美しい裾野の成層火山
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 8時間50分 日帰り
    登山口・・・南コブ分岐・・・避難小屋分岐・・・真狩コース分岐・・・羊蹄山(最高点)・・・真狩コース分...

羊蹄山周辺の最新情報

  • 蝦夷富士小屋~羊蹄山
    蝦夷富士小屋
    羊蹄山避難小屋は9日に小屋閉めしました。森林限界(アルパイン)では既に降雪しています。
    17年10月11日(水)

周辺にある山小屋

  • 羊蹄山避難小屋 
  • 蝦夷富士小屋 

  • 【羊蹄山避難小屋】
    営業小屋
    場所: 羊蹄山九合目(倶知安コースと真狩コースの中間)
    電話: 0136-23-3388
    FAX: 0136-23-3399
    営業期間: 6/上~10/上

  • 【蝦夷富士小屋】
    営業小屋
    場所: 倶知安駅からバス10分、羊蹄登山口下車徒歩15分、比羅夫駅から徒歩45分
    電話: 0136-55-5539
    FAX: FAX兼
    営業期間: 夏山シーズン及び冬山シーズン

羊蹄山に関連する登山記録

羊蹄山の近くの山

北海道方面に行く登山ツアー

18年02月10日(土) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
神秘の知床 流氷ウォークとフレペの滝スノーシュー&流氷船クルーズ
18年02月10日(土) 近畿発 ・3日間 トラベルギャラリー
神秘の知床 流氷ウォークとフレペの滝スノーシュー&流氷船クルーズ
18年02月10日(土) 九州・沖縄発 ・3日間 トラベルギャラリー
世界でここだけの流氷ウォーク! 神秘の知床 流氷ウォークとフレペの滝スノーシュー&流氷船クルーズ
18年02月15日(木) 北陸・信越・東海発 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<スノーシューハイキング初級>『地球で遊ぼう!知床流氷ウォーク&スノーシュー 3日間』
18年03月17日(土) 現地発 ・3日間 アルパインツアー
【アルパインツアー日本の山】 雪山講習会(STEP2)大雪山・旭岳
18年05月04日(金) 現地発 ・2日間 アルパインツアー
アルパインツアー日本の山】 桜前線北上ツアー 函館 恵山と函館山・五稜郭公園の桜
18年05月05日(土) 現地発 ・4日間 アルパインツアー
【アルパインツアー日本の山】雪山講習会(STEP3)利尻山
18年05月06日(日) 現地発 ・2日間 アルパインツアー
アルパインツアー日本の山】 桜前線北上ツアー アポイ岳

この地域に行く登山ツアー

羊蹄山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2017年10月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍!
鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍! 連載「山ジップロック研究所」。今回のテーマは、秋こそ山で食べたい「鍋料理」。3つのレシピ&「ジップロック」活用術!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
NEW 透湿値の高いアウター 秋冬版登場!
透湿値の高いアウター 秋冬版登場! ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。その秋冬版が登場。細かい仕様をチェックしよう!
NEW こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
NEW 紅葉シーズン、いよいよ到来!
紅葉シーズン、いよいよ到来! 9月も下旬、いよいよ山は紅葉に染まり始めた! 冬に向かう一歩手前の高山では、ピークに差し掛かりつつある
NEW 「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう!
「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう! 山仲間と簡単にシェアできる! 「ソニー アクションカム」で美しく鮮やかな映像に残しましょう。あなたの山行の思い出と一緒に
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!