鷹ノ巣山たかのすやま

鷹ノ巣山

写真:打田鍈一  六ツ石山頂から鷹ノ巣山
 雲取山から東に延びる長い尾根は、石尾根と呼ばれ、小雲取山、七ツ石山、鷹ノ巣山、六ツ石山と続き奥多摩町の氷川へ下っている。
 この中でりっぱなのは七ツ石山と鷹ノ巣山だ。これらの山々は雲取山から一気に通過してしまうので単独に登られることは少ないが、鷹ノ巣山は多くの人に登られている。
 この山へは北側の日原と南の水根沢沿いに登山道がある。日原からの登山道は急で長いので下山路に使う方がよいだろう。水根沢沿いの道は静かで、沢辺に咲く草花を見ながら楽に歩くことができる。ただ、沢のツメから倉戸山、榧ノ木尾根に出るのが少しきつい。冬季、北側の日原側は雪が多く、下山でも困難をきたすことがある。そのときは往路を戻るか石尾根を氷川へ下るようにしたい。
 奥多摩駅で下車、水根から水根沢を登って、鷹ノ巣山に至り、日原に下る。約6時間30分。

DATA

山域: 奥多摩
都道府県: 東京都
標高: 1,737m
2万5千図: 奥多摩湖

※ 鷹ノ巣山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

鷹ノ巣山に行くモデルコース

鷹ノ巣山周辺の最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    気温が上昇し、エゾハルゼミが鳴き出してすっかり初夏のようです。千本ツツジの見頃は来週以降の予想
    17年05月25日(木)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    ヤマザクラやイワウチワなど、春の花が見頃です。そろそろ初夏の花も見られそう
    17年05月23日(火)
  • 東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    川苔山のシロヤシオは終わりが早そうです。標高の高いところはこれから。そろそろ防虫対策もあるとよいでしょう。
    17年05月26日(金)
    御岳ビジターセンター ~御岳・大岳山
    御岳ビジターセンター
    雨で肌寒い一日となりました。ホウチャクソウやヒメレンゲが咲いています。つるつる温泉付近でクマ目撃があり注意。
    17年05月26日(金)

登山口情報

  • 鴨沢 
  • 日原鍾乳洞 
  • 水根 
  • 倉戸口 
  • 峰谷 

  • 【鴨沢】
    雲取山などへ登る際に利用する登山口。鴨沢バス停のそばに公衆トイレがあり、トイレ横の電柱に雲取山方面を示す標識がある。
    民家の間を登っていくと、すぐに交番と登山届けのポストがある。
    マイカーの場合は小袖乗越の広場が丹波山村村営駐車場として整備され利用できるようになっている。

  • 【日原鍾乳洞】
    冨田新道経由での雲取山方面、天祖山方面などへの登山口。七跳尾根を経由して天目山や酉谷山方面へ行く場合、小川谷林道が通行止めになっていて利用できない(2015年10月現在)。
    日原鍾乳洞にはトイレ、駐車場あり。帰りに幻想的な鍾乳洞を見学するものおすすめ。

  • 【水根】
    水根山、鷹ノ巣山へアクセスする登山口。奥多摩湖周辺の山々へは、JR青梅線奥多摩駅が起点となる。西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、約50台可能の水根駐車場、駐車台数の多い奥多摩湖に駐車する。

  • 【倉戸口】
    倉戸山、鷹ノ巣山方面へアクセスする登山口。JR青梅線奥多摩駅が起点となる西東京バスを利用する。奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、駐車場の確保が難しいので駐車台数の多い奥多摩湖に駐車して、バスを利用して出かけるといいだろう。

  • 【峰谷】
    鷹ノ巣山、七ツ石山へアクセスする登山口。奥多摩湖周辺の山々へは、JR青梅線奥多摩駅が起点となる。西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、駐車場の確保が難しい登山口が多いため、駐車台数の多い奥多摩湖に駐車して、目的の登山口へはバスを利用して出かけるといいだろう。

周辺にある山小屋

  • 七ツ石小屋 
  • 雲取奥多摩小屋 
  • 一杯水避難小屋 
  • 白岩小屋 

  • 【七ツ石小屋】
    営業小屋
    場所: 鴨沢バス停から約3時間 七ツ石山南約1km
    電話: 0428‐88‐0211
    FAX: 0428-88-0930
    営業期間: 通年

  • 【雲取奥多摩小屋】
    営業小屋
    場所: 雲取山南方、五十人平
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間: 通年

  • 【一杯水避難小屋】
    無人小屋
    場所: 長沢背稜・ヨコスズ尾根分岐
    電話: 042-521-2947
    FAX: 042-522-9511
    営業期間: 通年(無人)

  • 【白岩小屋】
    営業小屋
    場所: 白岩山・前白岩山鞍部
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間:

鷹ノ巣山に関連する登山記録

鷹ノ巣山の近くの山

鷹ノ巣山に関連する登山ツアー

鷹ノ巣山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2017年5月29日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山ジップロック研究所 夏の山で食べたい・・・
山ジップロック研究所 夏の山で食べたい・・・ 山に便利なジップロックの使い方。今週は夏の山で冷たい「ぶっ掛けおろしそば」。食材の運び方、調理法にも注目!!
NEW ホグロフス、あの人気シリーズが復活
ホグロフス、あの人気シリーズが復活 雪山から夏山まで、シーズンを通して活躍する万能ソフトシェル「リザードⅡジャケット」。バージョンアップしたホグロフスの人気...
NEW 思わず「軽っ!!!」SWIXの新作をモニターレポート!
思わず「軽っ!!!」SWIXの新作をモニターレポート! 1本あたり167.5gという驚きの軽さ! SWIXが新たに投入する、独自開発のカーボンを採用した「AT101-00 ソニ...
NEW 尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開!
尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開! 尾瀬ってどんなところ? なにがあるの? そんな疑問にお答えします!尾瀬の魅力を紹介するサイト「尾瀬ナビ」!
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック 快適性はそのままに、軽量化を実現! 軽さをコンセプトにした新シリーズ「エアリアル」に「SL35」が登場しました!
サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート!
サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート! 約30gの軽量化を実現! 大人気シューズの新モデル、「XA プロ 3D ゴアテックス」の実力は…!?
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン 全天候型ストレッチレイン「ティフォン50000」シリーズ。高い透湿性、しなやかで肌触りよい生地を採用。詳しくはこちら
グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」
グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」 新開発の背面システムで、軽さと背負い心地を両立させたライトウェイトモデル、その特徴は…!
新緑が美しい季節の高尾山
新緑が美しい季節の高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
山に咲く花の名前、知っていますか?
山に咲く花の名前、知っていますか? 山をさまざまな色に染める花たの名前を、どれだけ知っていますか? 山でよく見る、ぜひ覚えておいて欲しい山の花を紹介
新緑とツツジの季節が始まった奥多摩
新緑とツツジの季節が始まった奥多摩 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目 山岳会に入っていたり、登山専門店で働いたりしている「山センパイ」が、安全に山を楽しむコツをレクチャー!
「山レポ」で山の様子を伝えよう!
「山レポ」で山の様子を伝えよう! 山レポとは、山の現地情報を投稿し合う、みんなで作る「現地最新情報」です。 天候、登山道の状況、注意点など、ぜひ投稿を!