燧ヶ岳ひうちがたけ

百名山 東北百名山

燧ヶ岳

福島県南会津郡桧枝岐村に位置し、日光火山群の一峰である。福島県の最高峰であり、これより北にはこれ以上高い山はない。しかし、東北の山というよりは尾瀬のシンボル的な山である。
 山頂は、最高峰(西峰)である柴安嵓(しばやすぐら)(2356m)、三角点の置かれた爼嵓(まないたぐら)(2346m)、ミノブチ岳(2220m)、赤ナグレ岳(2240m)、御池(みいけ)岳(2260m)の五峰が居並ぶ。山は円錐形で、輝石安山岩からなる。日本最大の高層湿原である尾瀬の成立には、この燧ヶ岳火山が大きく関わっている。すなわち、只見川はこの燧ヶ岳の火山活動によって堰止められ、尾瀬が出現したと考えられている。ヒウチの名は火打ちで、火山に由来していると思われる。一説には、会津駒ヶ岳側から望むと「火打ちばさみ」の雪形が見られるためともいわれる。
 燧ヶ岳を開山したのは、尾瀬沼のほとりに建つ長蔵(ちようぞう)小屋の初代平野長蔵であった。当時桧枝岐に住んでいた長蔵は、沼畔に小屋を仮設して燧ヶ岳登山の足掛かりにした。長蔵は燧ヶ岳を信仰の対象として開山したのであった。燧ヶ岳の祭神は「燧大権現」でカツラギヒトコヌシ神という。爼嵓山頂にその石祠が祭られている。
 尾瀬のシンボルというだけあって、その展望の主役は尾瀬ガ原と尾瀬沼である。向こうにもう1つのシンボル至仏岳の姿が美しい。展望は日光連山も主役である。最高峰である白根山をはじめ、金精山、温泉ヶ岳、男体山などの峰々から、また那須連峰、上信越の山々、越後三山、会越の山々から飯豊連峰まで、関東と東北の山がずらりと並び圧巻である。山頂付近の火口ガレ場地帯にはコマクサの花が咲くが、株が極端に少ないため、現在一般の立ち入りが禁止されている。
 登山道は5コースある。長英新道とも呼ばれる燧新道は、平野長蔵と長英が親子2代にわたって切り開いた道で、長蔵小屋から3時間15分。尾瀬沼畔である沼尻からの沼尻コースは、最も古いコースで、ナデッ窪の急な斜面を一気に登り、所要2時間30分で、ミノブチ岳の途中で長英新道と合流する。湿原地帯を抜ける変化に富んだ御池コースは、熊沢田代や広沢田代を経て所要3時間30分。以上3コースは、燧ヶ岳山頂に直接登るものだ。
 一方、下田代や温泉小屋からのコースは、いずれも柴安嵓に登るコース。下田代からのコースは見晴新道と呼ばれ、温泉コースとともに樹林帯を登る静かなコースである。どちらも2時間30分で山頂に達する。この2コースはいずれも急登の連続である。

DATA

正式名称: 燧ヶ岳・柴安嵓
別名: 柴安嵓(しばやすぐら)
山域: 尾瀬周辺
都道府県: 福島県
標高: 2,356m
2万5千図: 燧ヶ岳

※ 燧ヶ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

燧ヶ岳に行くモデルコース

燧ヶ岳周辺の最新情報

  • 原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    台風18号の影響はそれほどありません。見晴新道にあった倒木は整備して通行可能。草紅葉が広がり来週見頃でしょう。
    17年09月19日(火)
    尾瀬沼ビジターセンター~燧ヶ岳
    尾瀬沼ビジターセンター
    紅葉の時期が近づいてきました。オオカメノキやナナカマド、レンゲツツジの葉は早いものは色づきが始まっています。
    17年09月06日(水)
  • 山ノ鼻ビジターセンター~至仏山
    山ノ鼻ビジターセンター
    徐々に秋も深まり、木々の紅葉も進んできています。草紅葉がだいぶ進み、ヤマウルシ・ツタウルシは真っ赤に葉を染め始めました
    17年09月15日(金)
    会津駒の小屋~会津駒ヶ岳
    会津駒の小屋
    小屋周りの湿原も徐々に色づき、下旬から草紅葉の見頃へ。朝晩7℃+日没早まり→早出早着&防寒具+ライト必携。木道は足元注意。
    17年09月19日(火)

登山口情報

  • 富士見下 
  • 大清水 
  • 鳩待峠 
  • 御池 
  • 小沢平 
  • 沼山峠 

  • 【富士見下】
    かつては尾瀬へのメインルートだった富士見下。戸倉方面から路線バスが運行されるほか、約30台の駐車スペースがあり、尾瀬では珍しく無料となっている。また公衆トイレと水場が設置されている。尾瀬ヶ原へは約4時間30分。

  • 【大清水】
    大清水は群馬県側からの尾瀬沼への玄関口。上毛高原駅・沼田駅からの路線バスや、新宿駅からの高速バスが運行されている。3カ所の駐車場のほか、2軒の山小屋と休憩所が営業している。

  • 【鳩待峠】
    尾瀬へのハイカーの半数が利用する鳩待峠は、交通混雑などにより約120日間のマイカー規制が敷かれている。規制期間中は戸倉に車を停め、バスかタクシーに乗り換える。環境への影響を考慮し、なるべく規制期間外も公共交通機関を利用したい。

  • 【御池】
    燧ヶ岳や尾瀬ヶ原への福島県側の拠点となるのが御池。会津高原尾瀬口駅から路線バスを利用するのがポピュラーだが、JR上越新幹線浦佐駅からバスと渡船で入る方法もある。駐車場も完備され、シーズン中は混雑する。マイカー利用で燧ヶ岳に登る場合、御池に駐車して燧ヶ岳、尾瀬沼で一泊して沼山峠へ抜ける周遊コースを組むのもよい。

  • 【小沢平】
    御池の西7kmにある小沢平は、尾瀬ヶ原や渋沢温泉への入口。アプローチは2通りあり、福島県側の御池か、新潟県側の尾瀬口から予約制バスを利用する。

  • 【沼山峠】
    沼山峠は尾瀬沼への玄関口で、尾瀬では鳩待峠に次ぐ利用者数となっている。マイカーは御池〜沼山峠間の通行が禁止されているので、御池から路線バスかシャトルバスに乗車する。

周辺にある山小屋

  • 元湯山荘 
  • 温泉小屋 
  • 原の小屋 
  • 第二長蔵小屋 
  • 燧小屋 
  • 檜枝岐小屋(ひのえまたごや) 
  • 弥四郎小屋 
  • 尾瀬小屋 
  • 渋沢温泉小屋 
  • 長蔵小屋 
  • 尾瀬沼ヒュッテ 
  • 東電小屋 
  • 尾瀬沼山荘 
  • 龍宮小屋 
  • 富士見小屋 

  • 【元湯山荘】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原赤田代
    電話: 0278-58-7311
    FAX: 0278-58-7636
    営業期間: 5/下~10/中

  • 【温泉小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原北端赤田代
    電話: 0241-75-2222
    営業期間: 5/下~8/下 9/中~10/中

  • 【原の小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 0241-75-2038
    FAX: 0241-75-2374
    営業期間: 5/中~10/中

  • 【第二長蔵小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 0278-58-7100
    営業期間: 5/中~10/下

  • 【燧小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 0241-75-2059
    FAX: 0241-75-2456
    営業期間: 4/末~10/末

  • 【檜枝岐小屋(ひのえまたごや)】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 0278-58-7050
    FAX: 0278-58-7000
    営業期間: 4/下~10/25

  • 【弥四郎小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 0467-24-8040
    FAX: 0467-22-7877
    営業期間: 5/1~10/中

  • 【尾瀬小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 090-6254-2002
    FAX: 0241-75-2260
    営業期間: 5/中~10/中

  • 【渋沢温泉小屋】
    営業小屋
    場所: 三条ノ滝下流3.5km、渋沢出合
    電話: 0241-75-2105
    営業期間: 6/初~10/中

  • 【長蔵小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬沼東岸
    電話: 0278-58-7100
    営業期間: 4/下~10/下

  • 【尾瀬沼ヒュッテ】
    営業小屋
    場所: 尾瀬沼東岸
    電話: 0241-75-2350
    FAX: 03-6888-5458
    営業期間: 5/上~10/下

  • 【東電小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原ヨシッポリ田代
    電話: 0278-58-7311
    FAX: 0278-58-7636
    営業期間: 5/下~10/中

  • 【尾瀬沼山荘】
    営業小屋
    場所: 尾瀬沼南岸
    電話: 0278-58-7311
    FAX: 0278-58-7636
    営業期間: 5/上~10/中

  • 【龍宮小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原中田代
    電話: 0278-58-7301
    FAX: 0278-58-7302
    営業期間: 4/末~10/下

  • 【富士見小屋】
    営業小屋
    場所: 富士見峠 アヤメ平入口
    営業期間:

燧ヶ岳に関連する登山記録

燧ヶ岳の近くの山

燧ヶ岳に関連する登山ツアー

17年10月01日(日) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A(!)>『東北地方最高峰 尾瀬沼から燧ヶ岳 2日間』
17年10月04日(水) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A(!)>『東北地方最高峰 尾瀬沼から燧ヶ岳 2日間』

関連するツアーを探す

燧ヶ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2017年9月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 沢登り・渓流釣りでも「ジップロック」が大活躍!
沢登り・渓流釣りでも「ジップロック」が大活躍! 「山ジップロック研究所」、今週のテーマは沢登り・渓流釣り。水のアクティビティでも濡れ対策として「ジップロック」が大活躍!
NEW ミステリーランチ、新型バックパックの使用レポート到着!
ミステリーランチ、新型バックパックの使用レポート到着! 「重量を感じさせない背負い心地」に驚きの声! テント泊、親子登山など、様々なシーンで「スタイン62」を試してもらいました
NEW 「神の絨毯」と称される栗駒山の紅葉へ
「神の絨毯」と称される栗駒山の紅葉へ 宮城・岩手・秋田の3県にまたがる東北の名峰・栗駒山。「神の絨毯」とも称される全山紅葉を見に行こう!
NEW 『秋山JOY』が厳選チョイスの紅葉
 『秋山JOY』が厳選チョイスの紅葉 全国40ヶ所以上の紅葉の山と登山コースを紹介する「秋山JOY」から厳選の紅葉登山7コースを紹介!
NEW 岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
NEW 紅葉シーズン、間もなく幕開け!
紅葉シーズン、間もなく幕開け! 9月に入ると、北の山から・標高の高い場所から、少しずつ草木は色づき始める。いよいよ紅葉シーズンの幕開け!
NEW カリマーの軽量レインウェア、使ってどうだった?
カリマーの軽量レインウェア、使ってどうだった? 軽量・高透湿レインウェア「ビューフォート 3L ジャケット」のモニターレポートが到着! 悪天候で快適に過ごせましたか?
NEW 雨のち絶景! 裏銀座モニター登山レポート
雨のち絶景! 裏銀座モニター登山レポート 大町市から裏銀座ルートのモニター登山。一行を待っていたのは、稜線から見る北アルプスの絶景でした。詳しくはこちら
NEW 組み合わせ自在! コンフォートマットを試す
組み合わせ自在! コンフォートマットを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。利尻のキャンプ場で、モンベルのULコンフォートエアパッドをシステムでチェック!
NEW エプソンのGPSウォッチを一斉モニター
エプソンのGPSウォッチを一斉モニター エプソン「リスタブルGPS for Trek」を「山モリ! フェス」のモニター登山会でテスト。その使い勝手は?
NEW 抽選で豪華プレゼント! 今年もやります「ブランドイメージ調査」
抽選で豪華プレゼント! 今年もやります「ブランドイメージ調査」 会員の方を対象に、アウトドアブランドの購入状況や、ブランドイメージをアンケート! あなたのご意見を聞かせてください!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
NEW 「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう!
「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう! 山仲間と簡単にシェアできる! 「ソニー アクションカム」で美しく鮮やかな映像に残しましょう。あなたの山行の思い出と一緒に
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
進化したスマートウォッチをフィールドテスト!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト! カシオのスマートウォッチが進化しGPS搭載に! ギア好きライター礒村真介氏がフィールドテスト。その使い勝手は…。
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々 ファミリー、初心者でも短時間で絶景を堪能! ロープウェイ、ゴンドラを使ってアクセスできる5つの山を紹介!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!
山に咲く花の名前、知っていますか?
山に咲く花の名前、知っていますか? 山をさまざまな色に染める花たの名前を、どれだけ知っていますか? 山でよく見る、ぜひ覚えておいて欲しい山の花を紹介
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目 山岳会に入っていたり、登山専門店で働いたりしている「山センパイ」が、安全に山を楽しむコツをレクチャー!