伊豆ヶ岳いずがたけ

伊豆ヶ岳

写真:池田弘和  小高山からの伊豆ヶ岳
 奥武蔵を代表する山で、休日には山頂で腰をおろすこともできないくらいの賑わいだ。
 登山コースは正丸峠から大蔵山の山村を通ってゆくのが一般的だが、名栗川奥の山伏峠から登るコースも捨てがたい。山頂北側には100mほどの鎖が取り付けられた岩場があるが、岩の崩壊により通行できなくなってしまった。右手の女坂を登り、山頂を目指すことになる。山頂からの風景は灌木があってあまりよくない。1つ南方の御岳(みたけ)の方が若干よい。休憩舎もあって昼食にはよいが、お昼ごろにはここも登山者でいっぱいになる。
 伊豆ヶ岳から子ノ権現までは山稜歩きとなるが、起伏の多い長いコースなので、秋から冬にかけては途中で日没になる恐れがある。充分時間に余裕をもって歩きたいものである。
 正丸峠駅から大蔵山、伊豆ヶ岳を経て、子ノ権現から吾野駅まで約6時間。

DATA

山域: 奥武蔵
都道府県: 埼玉県
標高: 851m
2万5千図: 正丸峠・原市場

※ 伊豆ヶ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

伊豆ヶ岳に行くモデルコース

伊豆ヶ岳周辺の最新情報

周辺にある山小屋

  • 休暇村奥武蔵 

  • 【休暇村奥武蔵】
    その他
    場所: 西武池袋線吾野駅から送迎バス5分
    電話: 042-978-2888
    FAX: 042-978-2880
    営業期間: 通年

伊豆ヶ岳に関連する登山記録

伊豆ヶ岳の近くの山

伊豆ヶ岳に関連する登山ツアー

伊豆ヶ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

雨のち晴
(日本気象協会提供:2017年3月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 北欧生まれ SWIXのトレッキングポール
北欧生まれ SWIXのトレッキングポール ノルディックスキーで実績のSWIXからトレッキングポール登場。カーボンとコルクグリップで驚きの軽さ。モニター5名募集!
NEW 雪山でも! JVCエブリオR モニターレポート
雪山でも! JVCエブリオR モニターレポート JVCのビデオ「エブリオR GZ-RX670」をテスト。低温でも撮れる、電池もバッチリなど、レポートと動画をチェック!
NEW 登山技術の学びと遭難の実際は?
登山技術の学びと遭難の実際は? 登山の技術は知識を学ぶ方法は? 山岳遭難やヒヤリ・ハットとの相関関係は? 日本大学工学部嶌田研究室との共同アンケートの結...
NEW 安全登山は足元から!アウトドアソックス特集
安全登山は足元から!アウトドアソックス特集 たかが靴下、されど靴下。自分に合うアウトドアソックスを見つけて、快適に登山を楽しみましょう。最新ソックスカタログ公開中!
NEW 花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
NEW 下山の大敵! 膝の痛み対策アイテム
下山の大敵! 膝の痛み対策アイテム 山での膝の痛み、嫌ですよね。サポーターと塗り薬で不安を払拭しましょう! 山アイテムレコメン堂特別企画第1弾!
カリマーの定番「クーガー」がリニューアル!
カリマーの定番「クーガー」がリニューアル! カリマーの中・大型リュックサック「クーガー」がリニューアル。さらに背負いやすさが増したという、その秘密をチェックしよう。
独自の設計でこだわりの登山靴
独自の設計でこだわりの登山靴 独創的ウェアで有名な「モンチュラ」が登山靴を発表して2年。随所に工夫が施された「Yaru Tekno GTX」をチェック...
NEW 冬に嬉しい保温カップ。お湯を入れて15分、その結果は!?
冬に嬉しい保温カップ。お湯を入れて15分、その結果は!? 高橋庄太郎さんが、雪が残る石老山で2種類の保温カップの性能をテスト!
冬はみなかみ町でスノーシューイング
冬はみなかみ町でスノーシューイング 首都圏から近く積雪量の多いみなかみ町では、1月にイベントが開かれるなど、スノーシューが人気。詳しくはこちら!
雪が降ったらスノーシューで雪山を楽しもう!
雪が降ったらスノーシューで雪山を楽しもう! 雪が期待できそうな今シーズンは、スノーシューで極上の雪山散歩へ! おすすめエリア&ツアーをチェック!!
美しい富士山を見るオススメの場所
美しい富士山を見るオススメの場所 冬に見る富士山は空気が澄んでいるうえに、純白の衣をまとっていて特に美しい。とっておきの富士見ポイントの山を紹介