白山はくさん

百名山 花の百名山

白山

 白山(御前峰・剣ヶ峰)~大倉尾根(平瀬道)。2011年07月17日撮影
 石川県と岐阜にまたがる白山は、主峰・御前峰、大汝峰、剣ガ峰の3峰から構成され、17世紀中ごろまで噴火していた跡に翠(みどり)ガ池や千蛇ガ池などの7つの火口湖がある。
 白山はその名のとおり雪の多い山である。昔から水源の山としてあがめられ、加賀、越前、美濃の三馬場より多くの登拝者が登った。
 開山は養老元年(717)、越前の泰澄大師による。ゆえに越前禅定(ぜんじよう)道をたどる白山登拝者が多かったようだ。
 白山の石川県側は、全国に三千社余りある白山神社の総本社・白山比咩(しらやまひめ)神社の境内で、頂上には奥宮がある。眺望はよく、北アルプスはもとより東海や近畿地方まで見渡せる。
 都から近い高峰ということと、日本三名山として名が通っていることもあって、白山を詠んだ歌が『万葉集』などに数多く収められている。また近代文学では、登山家で作家の深田久弥が石川県出身ということもあって、白山を書いた作品がたくさんある。最近では高橋治が山麓の石川県白山市(旧、白峰村)に滞留することが多く、白山や山麓を舞台にした作品を書いている。
 また、白山は高山植物の宝庫としても有名だ。和名や学名に白山にちなんだ名をつけられたものは30種ほどを数える。白山ならではの特産種がないのは残念だが、群落は見ごたえがある。またハイマツの樹海やブナなどの原生林には目を見張る。国有林地域は白山森林生態系保護地域に指定され、一時は伐採が進められたが今後は保護の方針と聞く。
 登山道は石川、岐阜、福井3県より12コースある。最短で最も利用者の多い別当谷出合からの砂防新道は室堂(むろどう)まで4時間30分。同登山口からの観光新道は5時間、登りより下山に利用されている。名古屋方面の登山者がよく利用する大白川ダムからの平瀬道は室堂まで4時間30分あまり。以上が一般ルートである。
 健脚者向の市ノ瀬からの別山・市ノ瀬道は室堂まで9時間30分。白山一里野温泉からの加賀禅定道は室堂まで13時間。岩間温泉からの岩間道と楽々新道は室堂まで12時間。中宮温泉からの中宮道は室堂まで16時間。鳩ガ湯からの鳩ガ湯新道は室堂まで12時間。以上は、登りよりも下山コースとして一部の登山者に利用されている。
 石徹白(いとしろ)からの南縦走路は室堂まで14時間。白川村荻町からの北縦走路は室堂まで22時間。となると山岳会や大学クラブの独壇場である。これらのコースのうち、釈迦新道を除く各コースに避難小屋が配置されているのも白山の特色といえる。

DATA

正式名称: 白山・御前峰
別名: 加賀白山(かがはくさん)
山域: 白山
都道府県: 石川県 岐阜県
標高: 2,702m
2万5千図: 白山・加賀市ノ瀬

※ 白山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

白山に行くモデルコース

  • 平瀬道 前夜泊1泊2日
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 9時間25分 1泊2日
    【1日目】大白川ダム(平瀬道登山口)・・・大倉山避難小屋・・・カンクラ雪渓・・・展望歩道分岐・・・白...
  • 日本三名山の霊峰、高山植物の宝庫
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 9時間35分 1泊2日
    別当出合・・・中飯場・・・甚之助避難小屋・・・南竜分岐・・・黒ボコ岩・・・室堂・・・白山・御前峰・・...
  • 御前峰・砂防新道・観光新道 前夜泊1泊2日
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 9時間35分 1泊2日
    【1日目】別当出合・・・中飯場・・・別当覗・・・甚之助避難小屋・・・南竜道分岐・・・黒ボコ岩・・・エ...
  • エコーラインを経由して室堂へ 1泊2日
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 9時間45分 1泊2日
    【1日目】別当出合・・・中飯場・・・別当覗・・・甚之助避難小屋・・・南竜道分岐・・・エコーライン分岐...
  • 花と展望の名山へ、ブナ林の尾根をたどる
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 10時間5分 1泊2日
    登山口・・・大倉山避難小屋・・・大倉尾根分岐・・・室堂・・・白山御前峰・・・室堂・・・大倉尾根分岐・...
  • 越前禅定道を市ノ瀬へ下る 1泊2日
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 11時間40分 1泊2日
    【1日目】別当出合・・・中飯場・・・別当覗・・・甚之助避難小屋・・・南竜道分岐・・・黒ボコ岩・・・エ...

登山口情報

  • 市ノ瀬 
  • 別当出合 
  • 大白川ダム(平瀬道登山口) 
  • 一里野 
  • 中宮温泉 
  • 白川郷 
  • 鳩ヶ湯・上小池公園 

  • 【市ノ瀬】
    市ノ瀬は別山への市ノ瀬道白山釈迦岳への釈迦新道などの起点で、ビジターセンターや一軒宿の白山温泉永井旅館などが建ち、野営場もある。
    市ノ瀬ビジターセンターにはトイレや水場、登山届ポストがあり、登山に関する情報提供や指導を行っている。また別当出合へのシャトルバスが建物前から発着する。

  • 【別当出合】
    市ノ瀬から東へ6kmの別当出合は室堂や白山の主峰・御前峰への登山口。バス停の近くには、トイレ、水場、登山届ポストを備えた別当出合休憩舎がある。

  • 【大白川ダム(平瀬道登山口)】
    大白川ダムは岐阜県白川村平瀬地区から西へ約14kmに位置し、周囲にはロッジやキャンプ場、露天風呂がある。その一角に平瀬道の登山口が設けられている。東京方面からは白山主峰の御前峰へ最も近い登山口となる。
    平瀬道登山口はダムの北側に位置し、室堂へはここから4時間30分ほど。登山口近くにかつて日本三大名瀑のひとつだった白水滝が懸かる。
    ロッジの横にトイレあり。

  • 【一里野】
    加賀禅定道や岩間道の入口となる一里野は、白山北麓に広がる小さな高原。宿泊施設が多く、温泉もあるだけに白山登山のベースとして利用価値が高い。
    白山一里野バス停近くには、トイレや、立ち寄り湯である一里野温泉センター天領が建つ。

  • 【中宮温泉】
    中宮温泉は湯谷沿いに3軒の旅館が建ち並ぶ山間のいで湯で、中宮道の登山口。中宮温泉バス停の前には駐車場とトイレがある。

  • 【白川郷】
    世界遺産、白川郷からの登山口。日本有数の観光地として、アクセス方法は豊富だが、観光シーズンは混み合うので注意が必要。


  • 【鳩ヶ湯・上小池公園】
    秘湯として知られる鳩ヶ湯温泉からの登山口。一軒宿の鳩ケ湯温泉旅館は2016年9月より、宿泊施設も再開した。
    アクセスはJR越前大野駅からの便があるが、利用しずらいのでマイカーまたはタクシーが便利。
    マイカーの場合、鳩ヶ湯よりさらに先の、上小池公園周辺の駐車場が利用できる。

周辺にある山小屋

  • 白山室堂 
  • 白山南竜山荘 
  • 大倉山避難小屋 
  • 殿ヶ池避難小屋 
  • 甚之助避難小屋 
  • 白水湖畔ロッジ 
  • チブリ尾根避難小屋 
  • 小桜平避難小屋 
  • ゴマ平避難小屋 

  • 【白山室堂】
    営業小屋
    場所: 白山室堂平
    電話: 076-273-1001
    FAX: 076-273-4852
    営業期間: 5/1~10/15頃

  • 【白山南竜山荘】
    営業小屋
    場所: 南竜ヶ馬場
    電話: 076-259-2022
    FAX: 076-259-2023
    営業期間: 7/1~10/15

  • 【大倉山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 平瀬道、大倉山西肩
    電話: 05769-6-1311
    FAX: 05769-6-2016
    営業期間: 通年(無人)

  • 【殿ヶ池避難小屋】
    無人小屋
    場所: 観光新道
    電話: 076-259-2902
    FAX: 076-259-2085
    営業期間: 通年(無人)

  • 【甚之助避難小屋】
    無人小屋
    場所: 砂防新道
    電話: 076-259-2502
    FAX: 076-259-2085
    営業期間: 通年(無人)

  • 【白水湖畔ロッジ】
    営業小屋
    場所: 大白川ダム湖畔(白水湖畔)
    電話: 052-683-9248
    FAX: 052-683-9251
    営業期間: 6/初~11/初 降雪などにより営業期間短縮の場合あり

  • 【チブリ尾根避難小屋】
    無人小屋
    場所: 別山市ノ瀬道チブリ尾根
    電話: 076-255-5321
    FAX: 076-255-5323
    営業期間: 通年(無人)

  • 【小桜平避難小屋】
    無人小屋
    場所: 楽々新道・岩間道分岐点付近、小桜平
    電話: 076-255-5321
    FAX: 076-255-5323
    営業期間: 通年(無人)

  • 【ゴマ平避難小屋】
    無人小屋
    場所: 中宮道北縦走路分岐点、ゴマ平
    電話: 076-255-5321
    FAX: 076-255-5323
    営業期間: 通年(無人)

白山に関連する登山記録

白山の近くの山

白山に関連する登山ツアー

白山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2017年7月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山から帰ったら… 「ジップロック」で洗濯上手!
山から帰ったら… 「ジップロック」で洗濯上手! 山から帰ったら洗濯物の山。洗濯表示に合わせた分類、持ち帰り、つけおき洗いまで、今週のテーマは洗濯上手!
NEW いざという時、探し出せる 捜索ヘリサービス
いざという時、探し出せる 捜索ヘリサービス 登山者に何か起こった時、端末が電波を発信し、位置を特定できるという「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。詳しくはこちら
NEW 8月開催 EPSONモニター登山 参加者募集
8月開催 EPSONモニター登山 参加者募集 EPSONのGPSデバイスMZ-500シリーズ。日本製で扱いやすく高精度。8月にモニター登山会実施、参加者募集中!
NEW 温泉施設新設! 日本百名山の日光白根山へ
温泉施設新設! 日本百名山の日光白根山へ 日本百名山&関東最高峰の日光白根山は山麓からゴンドラで一気に標高2000mへ。山麓に温泉施設が新設され、さらに便利に! ...
NEW ミステリーランチから、こだわりの軽量モデルが登場
ミステリーランチから、こだわりの軽量モデルが登場 米軍特殊部隊など、プロご用達の製品としても名高いミステリーランチから「スタイン62」が登場! モニター募集!
NEW ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
NEW 乗鞍岳へ! 岐阜・高山から始まる山旅
乗鞍岳へ! 岐阜・高山から始まる山旅 在日台湾人2人が、高山からの山旅で乗鞍岳へ。初めての3000m、温泉も街も自然も堪能した岐阜県の山旅レポートを再掲載
NEW カリマーの人気レインウェアはバランスが絶妙
カリマーの人気レインウェアはバランスが絶妙 カリマーの人気レインウェア「ビューフォート 3L jkt」をモニタープレゼント! 軽さと快適性の絶妙なバランスを体感しよ...
NEW GPS搭載のSUUNTO「TRAVERSE」が新登場
GPS搭載のSUUNTO「TRAVERSE」が新登場 「アルティマックス」を愛用しているというライター・笹倉さんがスントの「トラバース」をフィールドテスト!
NEW 軽さだけじゃない。カリマー「SL35」、レポート到着!
軽さだけじゃない。カリマー「SL35」、レポート到着! 軽すぎず、快適で、背負いやすい! カリマー「SL35」のモニターレポートが到着。いろんな環境で使っていただきました。
日本百名山、谷川岳に登ろう!
日本百名山、谷川岳に登ろう! 深田久弥氏が「近くていい山」と記した谷川岳。ロープウェイから登れ、周囲にも魅力的な山が連なっています!
NEW リニューアルした定番テントを徹底チェック
リニューアルした定番テントを徹底チェック 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」はプロモンテのVL-16をチェック。降らない雨の代わりには水もかける徹底ぶり!
NEW 進化したスマートウォッチをフィールドテスト!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト! カシオのスマートウォッチが進化しGPS搭載に! ギア好きライター礒村真介氏がフィールドテスト。その使い勝手は…。
NEW ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々 ファミリー、初心者でも短時間で絶景を堪能! ロープウェイ、ゴンドラを使ってアクセスできる5つの山を紹介!
NEW サロモン、人気モデルの最新作! その実力は…?
サロモン、人気モデルの最新作! その実力は…? 約30gの軽量化! 新「XA プロ 3D ゴアテックス」のモニターレポートが届きました! フィット感や快適性もチェック!
NEW 富士山シーズン、いよいよ幕開け!
富士山シーズン、いよいよ幕開け! 今年も富士登山シーズンが始まります。写真家・小岩井大輔さんの「山頂日記」もスタートした「富士山ナビ」をチェック!
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW 尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開!
尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開! 尾瀬ってどんなところ? なにがあるの? そんな疑問にお答えします!尾瀬の魅力を紹介するサイト「尾瀬ナビ」!
NEW 著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
緑が広がる天上の湿原へ・・・
緑が広がる天上の湿原へ・・・ 山上に広がる幻想的な景色、湿原に生きる草花や生き物。雪が消え始めた今、天上の楽園・山上の湿原を目指しましょう