体力を消耗するだけ!? 雪山で雪を食べるといろいろとまずい話

北海道では早くも山スキーの報告もちらほら聞こえるようになりました。今回は雪のお話です。真っ白な雪が一面に降り積もり、日差しがまぶしく、とても天気のいい日に思わず雪を食べたくなることってありませんか。かき氷シロップを持ってきて思う存分かき氷を食べたいと思ったことはありませんか? 私だったら定番の赤のイチゴを選びます!

でも、雪って空気中のチリやゴミを核にしてできたものなんですよね。あんなに真っ白にみえるのに実はちょっと汚いのです。酸性雨などが問題になっていますが場所によっては環境汚染物質が含まれていることもあると言われています。見た目では判断できませんよね。

雪を食べると・・・

行動中、水が飲みたくて雪を口に入れてごまかしたことってありませんか。これって逆に喉が乾く原因にもなるし、身体の体温を下げることになり、あまり誉められた行動ではないのです。雪を食べることによって身体の熱が奪われますし、雪を食べて、口の中が荒れる原因ともなってしまいます。雪を融かして水にするのにたくさんのエネルギーを消耗するのです。1グラムの水の温度を1度上げるのに要するエネルギーは1calですが、1グラムの0度の氷を0度の水にするのには約80cal必要と言われています。雪を食べても思ったほどの水分摂取にはならず、身体の熱が奪われるだけで、体力が消耗するだけということがおわかりでしょう。お腹を壊してしまうこともあるのでなるべく雪を食べるのはやめましょう。

雪山での水はどうすれば?

雪は思ったよりも汚いと書きましたが、雪山では水がないので目の前にたくさんあるその雪を集め、融かして水作りから始めなければなりません。水作りにはコツがあって、コッフェルの裏側をこまめに拭くことでコンロからの熱を効率よく利用することが出来ます。またコッフェルの雪の中に水を入れるよりは、ふたをするほうが効果的と言われています。ですが、人それぞれに好みのやり方があるので実際に試してみると良いと思います。水作りの際、ガーゼなどで作った茶こしを用意すると意外に雪の中に埋もれていたゴミが取れます。特に残雪期の雪は、いろいろな不純物が混じっています。小さな砂や木の葉が混じったご飯を食べないようにしましょう。冬の富士山でジャリジャリのご飯を食べたことがありますが、食べるのも一苦労でした。

雪山では、温かいものを

たとえ日帰りであってもきちんとテルモス(保温水筒)に入れた温かい飲み物を用意しておき、こまめに摂取することが低体温症を予防することにもつながります。また荷物や時間に余裕があるならば休憩時にガスバーナーとコッフェルを使用して温かい食事を作るのも楽しい山の時間になりますよ。雄大な景色を眺めながら食べるだけでどんな食べ物よりも美味しく感じるのではないでしょうか。

やっぱり一面の雪の中でシロップを用意して思う存分かき氷を食べることは、夢の中だけにしておいたほうがいいですね。

教えてくれた山センパイ

高柳 昌央さん(たかやなぎ・まさお)

登山ガイド資格を持つサラリーマン。北海道への移住をめざして活動中。植村直己帯広野外学校所属で北海道山岳ガイド協会会員。ひたすら長い距離をとにかく歩くのが好き。今年の夏は縦走にチャレンジです! ロングトレイルにも興味を持っています。