このエントリーをはてなブックマークに追加
写真 =水谷和政

 群馬県・新潟県境に位置する谷川岳は、首都圏からアプローチもよく、ロープウェイもかかり、日本百名山のなかでも登りやすい山とされています。

 谷川連峰は、主峰の谷川岳が標高わずか1,977mとはいえ、日本海からの風の流れを受けることで雪の多い地域。

 多様な地質と、多雪地帯ということがあいまって、樹木や草花も独特で、アルプスのような高山に近い景観をなしています。

 一ノ倉沢に代表される峻険な岩壁、その北から東にかけては「馬蹄形」に連なる一ノ倉岳、茂倉岳、朝日岳、白毛門が、谷川岳の西には万太郎山、仙ノ倉山、平標山が広がっています。

 ここでは谷川岳とその周辺の山々、自然の魅力を紹介するとともに、山麓の拠点であり、登山のほかにもさまざまなアクティビティを楽しめる「アウトドアの町」を掲げるみなかみ町の魅力を紹介していきます。


 「日本百名山」のひとつ谷川岳は、トマの耳、オキの耳のピークを持つことから「2つ耳」とも呼ばれ、南側の山麓から見上げるとネコのような姿をしている。

 日本海から吹き抜ける風が大量の雪を運ぶ多雪地帯で初夏まで雪が残る。また標高1,500m付近が森林限界となっているため、標高の割に高山植物も豊富で、ホソバヒナウスユキソウなど貴重な植物も見られる。

 山頂付近には、冬季以外は管理人が常駐する谷川岳肩ノ小屋があり、登山者への対応をしてくれる。

 登山道は、谷川岳ロープウェイを利用し初心者でも登りやすい天神尾根ルートのほか、標高差が大きく滑りやすい岩場もあり登りごたえのある西黒尾根ルート、巌剛新道ルートがある。

  • 谷川岳登山指導センター 
    2017年11月14日(火):11月20〜25日まで谷川岳ロープウェイが点検のため運休。登山指導センターは11月30日で本年の業務を終了します


    詳細を見る
 
 

 JR上越線土合駅から北側に直接登り出せる山が白毛門。湯桧曽川を挟んで、谷川岳や一ノ倉沢岩壁と対峙している。

 ほぼ直登の登山道は健脚向きだが、松ノ木沢の頭まで登れば、谷川岳東面の素晴らしい展望となる。

 山頂からも360度の展望が楽しめ、条件が良ければ富士山まで見える。 ここから北に笠ヶ岳、朝日岳を経て最後は谷川岳に至る「馬蹄形縦走路」がつながっている。

 

 湯桧曽川源流に位置する朝日岳は、白毛門からさらに北に、笠ヶ岳を超え、小烏帽子・大烏帽子のピークを超えた先にある。

 頂上北側には湿原や池塘があり、初夏まで雪が残る稜線は高山植物が豊富。

 白毛門から縦走するルートのほか、宝川温泉から沢沿いを登るルートもあるが、いずれも往復10時間以上を要し健脚向き。

 

 谷川岳・オキの耳の隣に位置するのが一ノ倉岳。山の名よりも、多くのクライマーが登攀に挑む一ノ倉沢岩壁で有名。

 さらに奥に連なるのが茂倉岳。2つの山は高低差もなく、鞍部には高山植物も数多く咲き、展望を楽しみながら歩くことができる。

 オキの耳から約1時間で一ノ倉岳の山頂に、さらに30分弱で茂倉岳に到着する。

 

 平標山は谷川連峰の最も西に位置する。山頂付近は広く平らで展望がよい。湿原や池塘もあり、高山植物が豊富で人気が高い。

 西側の国道17号の登山口から日帰りするのが一般的で、健脚な登山者はさらに仙ノ倉山(2,026m)も往復する。

 また、谷川岳から西へ、万太郎山、仙ノ倉山とつなぎ、谷川連峰を縦走することもできる。

 

 谷川岳登山の拠点となる山麓のみなかみ町は、登山だけでなく様々なアウトドアアクティビティが楽しめる「アウトドアの町」。

 豊富な水量を誇る利根川では、町内に多数のガイドカンパニーがあるラフティングや、ガイドカンパニー主催のキャニオニング、橋梁からのバンジージャンプなども新しい楽しみ。

 町内には、利根川周辺を中心にキャンプ場も豊富。いずれも道具の貸し出しサービスが利用できるので、手ぶらで気軽にチャレンジしてみよう。

 その土地に根ざした自然や文化を旅行者が自然の生態系に悪影響を及ぼすことなく楽しむことができるような取組。


 自然環境への配慮、観光振興・地域振興への寄与、環境教育への活用を基本理念としている。

 山岳ガイドと行く谷川岳・一ノ倉沢エコハイキングや、谷川岳天神平の自然散策ツアーなどより深く谷川岳を体験したい人にオススメのバラエティ豊かなツアーがラインナップされている。


 いずれも「谷川岳エコツーリズム推進協議会」のHPから簡単に申し込めるのでチェックしてみよう。

お問い合わせ

谷川岳エコツーリズム推進協議会
http://www.tanigawadake-eco.com/



 みなかみ町は、登山やアウトドアアクティビティだけでなく温泉の町としても知られる。町内には大小多くの温泉地が点在し、泉質もさまざま。谷川の自然を満喫したあとは、ゆっくり温泉で汗を流そう!

 みなかみ町の温泉情報はこちらをチェック