美しい秋を歩こう! 『秋山JOY』が厳選チョイスの紅葉の山
2017年09月07日(木)
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
全国40以上の紅葉登山コース掲載! 紅葉登山をぎゅーっと一冊に!

街でも風が冷たくなり、朝晩は肌寒さを感じてきた9月。山は着々と秋に向かっている。早いところでは初霜の便りも届き、草木の葉の色に変化が出てきたという声も聞かれる。

そんな秋の山のいちばんの楽しみといえば紅葉。山と溪谷社では、秋山ガイド・紅葉登山ガイドの決定版『秋山JOY 2017』を刊行した。今回は、その中から、とっておきの紅葉登山コースを6コース紹介する。

少しだけ本の紹介をさせていただくと――、秋山JOYでは全国40ヶ所以上の紅葉の山と登山コースを詳細まで紹介している。

登山中の紅葉ビューポイントはもちろん、コース中にある危険箇所・難所のアドバイス、さらにはアクセスや立ち寄り情報も満載。

加えて、紅葉時期の登山に関するさまざまなノウハウから雑学までを紹介。本ならではの美しく・迫力ある写真と懇切丁寧な登山ガイドを、ぜひ楽しんで欲しい。紅葉登山の計画はもちろん、詳しい登山地図付きなので登山中にも参考になる情報満載だ。

今年は、夏の日照時間が圧倒的に少ないので、草木の紅葉の色づきは心配な点が多い。それでも、山が最も美しく彩られる時期。短い秋の山を楽しむための一助として携行したい一冊だ。

⇒秋山JOYの詳細はコチラ!

 

紅葉登山のノウハウや雑学も掲載。これ一冊で紅葉期の登山を10倍楽しめます!

 

 

 

Vol.1 秘湯の温泉と極上の紅葉登山が楽しめる焼石岳

東北・奥羽山脈の中央部に位置する焼石山は、夏の花の季節も魅力タップリだが、秋山も夏に勝るとも劣らない魅力がある。

ブナ、カエデ、草紅葉と、豊富な紅葉の草木たちがどこまでも広がり、その紅葉が点在する池に映り込む様子は、まさに極上の登山となる。

写真:秋山JOY2017より。金明水から見上げる焼石山

紹介するコースは秘湯・夏油温泉を楽しめるコース。夏油温泉からのコースは時間はかかるが、温泉も加わり楽しみはさらに広がる。

なお紅葉適期は9月下旬から10月中旬となる。

 

■行程
【1日目】中沼登山口から銀明水避難小屋へ
■総コースタイム 1時間50分、標高差445m(+467m、-21m)
中沼登山口(08:00)・・・中沼(08:40)・・・分岐(09:20)・・・銀明水避難小屋(09:50)
【2日目】焼石岳~東焼石岳~金明水避難小屋~経塚山~夏油温泉
■総コースタイム  8時間45分、標高差-978m(+1272m、-1876m)
銀明水避難小屋(07:00)・・・姥石平分岐(08:10)・・・焼石岳(08:30)・・・九合目(08:50)・・・分岐(09:10)・・・六沢山(09:40)・・・金明水避難小屋(10:40)・・・経塚山(12:20)・・・御坪ノ松(八合目)(13:20)・・・林道終点(14:40)・・・林道出合(15:30)・・・夏油温泉(15:45)
関連する登山記録


Vol.2 立山室堂の紅葉と、見下ろす草紅葉を楽しむコース

北アルプス・立山周辺の紅葉を贅沢に楽しむのが本コースだ。初日は立山に登り、翌日は室堂から天狗平、弥陀ヶ原、称名滝へと下るコースは、上からも下からも紅葉が楽しめる。

室堂、弥陀ヶ原、称名滝、いずれも絶景紅葉ポイントだ。標高差が大きいので、それぞれの最適期は若干ずれるが、さまざまな紅葉が一挙に楽しめるコースだ。

紅葉適期は9月中旬から10月初旬だ。

(写真:称名滝周辺の紅葉/tacさんの登山記録より)

■行程
【日帰り】弥陀ヶ原から八郎坂を下る
■総コースタイム 2時間50分、標高差+59m、-1021m
弥陀ヶ原(08:00)・・・追分(08:20)・・・弘法(09:00)・・・八郎坂下り口(09:20)・・・八郎坂登山口(10:30)・・・大日岳登山口(10:35)・・・称名滝(10:55)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 立山室堂山荘
    2017年11月16日(木)

    吹雪が続いています。平均1mの積雪予報。降雪後は雪崩に要注意。すでに山荘前は埋もれています。11/25泊まで営業。



Vol.3 美しい三角錐の山・岩手山、大地獄付近の紅葉がオススメ!

三角錐の美しい山容が特徴の岩手山。登山コースは東西南北から6コースあり、それぞれ紅葉が楽しめる。

紹介しているのは、北側・八幡平温泉郷から登る七滝コースからのコース。七滝コースは火山活動の見られる大地獄や、外輪山となる鬼ヶ城当たりの紅葉が美しい。

紅葉適期は9月下旬から10月初旬となる。

(写真:大地獄分岐付近の紅葉/ピーナツさんの登山記録より

■行程
【日帰り】七滝コース
■総コースタイム 8時間05分
七滝登山口(07:00)・・・大地獄(09:25)・・・分岐(09:55)・・・不動平避難小屋(10:55)・・・岩手山(薬師岳)(11:45)・・・不動平避難小屋(12:15)・・・分岐(12:55)・・・大地獄(13:25)・・・七滝登山口(15:05)

関連する登山記録


Vol.4 広く鮮やかな紅葉が楽しめる、日光男体山

中禅寺湖からそそり立つようにそびえる、日光男体山。山肌では中禅寺湖側はカエデ類が、北側・西側はミズナラやカラマツの紅葉が楽しめる。

また湖畔の紅葉や、湖越しの山々の紅葉、さらには眼下には戦場ヶ原の草紅葉も広がるので、長い期間紅葉を楽しめる場所となる。

紅葉適期は9月下旬~10月中旬頃まで。

(写真:chikutareo さんの登山記録より)

 

 

■行程
【日帰り】中禅寺湖畔から男体山を周回
■総コースタイム 6時間55分、標高差+約1,343m、-約1,223m
二荒山神社前(08:00)・・・三合目(08:50)・・・四合目(09:10)・・・八合目(10:30)・・・男体山(11:20)・・・志津峠(12:50)・・・湯殿橋(13:20)・・・梵字飯場跡(14:15)・・・裏男体山林道起点(14:40)・・・三本松(14:55)

関連する登山記録


Vol.5 ナナカマドの赤色と槍ヶ岳の穂先のコントラストが絶景!

北アルプスの紅葉といえば涸沢と穂高連峰が有名だが、槍ヶ岳と槍沢の紅葉も引けを取らない。とくに、天狗原分岐付近のナナカマドの紅葉と、それをバックにそびえる穂先は、絶好の紅葉スポットとなっている。

ナナカマドの他にも、槍沢小屋付近のダケカンバの黄色の紅葉も美しく、色とりどりの紅葉を楽しめる。

紅葉適期は9月中旬~10月中旬。

(写真:槍沢・天狗原分岐付近からの紅葉/酔う子 さん

 

■行程
【1日目】上高地から槍沢ロッヂへ
■総コースタイム 4時間45分、標高差320m(+472m、-158m)
上高地バスターミナル(08:00)・・・河童橋(08:05)・・・明神(08:55)・・・徳沢(09:55)・・・横尾(11:05)・・・一ノ俣(12:05)・・・槍沢ロッヂ(12:45)
【2日目】槍沢ロッヂから槍ヶ岳を登頂
■総コースタイム 5時間30分、標高差1360m(+1342m、-84m)
槍沢ロッヂ(07:00)・・・ババ平(07:30)・・・水俣乗越分岐(08:00)・・・天狗原分岐(08:50)・・・グリーンバンド(09:50)・・・槍ヶ岳殺生ヒュッテ(10:30)・・・槍ヶ岳山荘(11:30)・・・槍ヶ岳(12:00)・・・槍ヶ岳山荘(12:30)
【3日目】槍ヶ岳山荘から氷河公園経由で槍沢ロッヂへ
■総コースタイム 5時間、標高差51m(+213m、-1459m)
槍ヶ岳山荘(07:00)・・・中岳(08:15)・・・天狗原稜線分岐(09:05)・・・天狗原(10:15)・・・天狗原分岐(10:45)・・・水俣乗越分岐(11:20)・・・ババ平(11:40)・・・槍沢ロッヂ(12:00)
【4日目】槍沢ロッヂから上高地バスターミナルへ
■総コースタイム 4時間25分、標高差-320m(+158m、-472m)
槍沢ロッヂ(07:00)・・・一ノ俣(07:30)・・・横尾(08:20)・・・徳沢(09:30)・・・明神(10:30)・・・河童橋(11:20)・・・上高地バスターミナル(11:25)

関連する登山記録


Vol.6 空に続くような草紅葉が楽しめる苗場山

山頂に広大な湿原が広がる苗場山は、湿原の草紅葉が美しい山として、紅葉期は人気の山だ。

赤茶色に染まった湿原の周囲に広がる山々を眺めながらの景色は、他ではなかなか味わえない。山頂ヒュッテに宿泊し、朝焼け・夕焼けに染まり、一層赤く染まる湿原を眺めるのも興味深い。

紹介している小赤沢からのコースは、登山口付近はミズナラやブナの林が広がり、樹木の紅葉も美しい。

紅葉適期は10月中旬~下旬となる。

(写真:山ちゃん さんの登山記録より)

■行程
【1日目】小赤沢から苗場山へ
■総コースタイム 8時間、標高差+1540m、-1540m)
小赤沢(06:00)・・・登山口(06:40)・・・三合目(07:40)・・・九合目坪場(10:20)・・・苗場山(11:10)・・・九合目坪場(11:50)・・・三合目(13:50)・・・登山口(14:30)・・・小赤沢(15:00)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 和田小屋
    2017年10月23日(月)

    林道(町道苗場線)が落石の危険のため通行止めとなり、苗場山祓川ルートは登山シーズン終了となりました。



Vol.7 紅葉に染まる山々と山中の温泉を楽しめる九重山

初夏のミヤマキリシマの季節も有名だが、九重連山は紅葉期も美しい。ナナカマド、ドウダンツツジなどの赤色に染まる樹木が多く、最盛期は山肌は赤く染まり、湿原は草紅葉がゆらめきススキの穂が輝く絶景となる。

どのコース・山に行っても、たいがいは紅葉を楽しめるが、御池付近の紅葉や、三俣山、星生山などの紅葉はとくに美しい。

紅葉適期は10月中旬~11月中旬頃となる。

(写真:九鷹 さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】長者原から久住山に登り、赤川温泉に下る
■総コースタイム 5時間35分、標高差752m(+820m、-920m)
九重登山口(08:00)・・・雨ヶ池分岐(08:10)・・・分岐(08:40)・・・雨ヶ池越(09:20)・・・吉部分岐(09:50)・・・法華院温泉(10:05)・・・北千里浜(10:25)・・・諏峨守越下(10:50)・・・久住分かれ(11:40)・・・久住山(12:00)・・・赤川登山口(13:30)

関連する登山記録

おすすめの記事



[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年11月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報