常に革新的なアイテムを開発してきた「アークテリクス(ARC’TERYX)」から2016秋冬シーズン、新たなベースレイヤーが登場した。繊維から見直してリニューアルした「フェイズ(PHASE)」と、メリノウール採用の「サトロ(SATORO)」だ。秋冬シーズン、自分のアクティビティにピッタリのアイテムを探そう!

 「PHASE(フェイズ)」シリーズは、運動量の多いアクティビティにおける優れたパフォーマンスを発揮するため、2010年に登場したベースレイヤー。汗処理を考慮して、当初は水を含まない特性のポリプロピレンを採用し、ポリエステルを組み合わせて生地に使っていたが、着心地や染色の難しさが課題になっていた。

 そこでカナダ本国の開発担当者が、日本の繊維メーカーであるテイジンに相談し素材を一から見直し。原材料のポリマーの段階で撥水加工を施したポリエステル糸と、吸水性のあるポリエステル糸とを組み合わせた生地「PHASIC(ファジック)」を共同開発した。

 PHASICでは、水分を吸収しない繊維と吸収する繊維を1:2の割合で横に並べる(下記図版参照)。水を吸わない繊維の間に水を吸う繊維が2倍の量で並ぶことで吸汗を促すとともに、その拡散に方向性をもたせることができる。

 PHASE SLでは、この生地を一層で使用。吸った汗を素早く横方向に拡散させ、効率よく最短での乾燥を促していく。気温が比較的高い環境下での、発汗量の多いアクティビティに有効で、ベタつきを抑え、より速く乾く。

 PHASE ARでは組み合わせを変えて二層構造にした生地を採用。SLで使用した一層の生地に加え、性格の異なる2つのポリエステルの割合を1:1にしたもう一層を肌面側に配置。肌面の生地は吸水率が低いため、より吸水率の高い表側の層に汗を吸わせて拡散させる構造になっている。

ポリマーの段階で超耐久撥水加工を施したポリエステル糸(左)と従来からある吸水性のあるポリエステル糸
水滴を落としてから、拡散していく様子。通常の吸汗速乾生地では放射線状に丸く拡散していくが、PHASICでは横方向に優先的に素早く拡散していき乾燥を促す。(PHASE SLの肌面の生地を撮影)。これによって吸った汗が重力に沿って裾に溜まるという現象を防ぐ
PHASE SLでは、PHASICを一層で使用。吸った汗を素早く横方向に拡散させ、効率よく最短での乾燥を促していく。横方向に繊維が並ぶことで汗の拡散に方向性が出る。肌面のベタつきを抑え、より速く乾く。一層の生地で保温性よりも速乾性を重視。スーパーライト(SL)のコンセプトどおり、軽くミニマルに仕上がっている
PHASE ARでは、性格が異なる2つのポリエステルの組み合わせを変えて二層にして生地を構成。肌面の生地は吸水率が低く、表側の層が吸水率が高い。この構造で表の層に汗を吸わせて拡散させていく。速乾性を維持しつつ保温性も重視。オールラウンド(AR)の名前の通り、秋冬のアクティビティに汎用的に使える

PHASE SL ZIP NECK LS MEN’S
フェイズSLジップネックLS メンズ

価格:11,000円(税別)
サイズ:S、M、L、XL、XXL
カラー:Vermillion(写真)、Legion Blue、Black
重量:120g(Mサイズ)

MENS:クルー、ZIP、半袖、ボクサー、ボトム(タイツ)

WOMENS:クルー、ZIP、半袖、ボクサー



PHASE AR ZIP NECK LS MEN’S
フェイズARジップネックLS メンズ

価格:12,000円(税別)
サイズ:S、M、L、XL、XXL
カラー:Rohdei(写真)、Legion Blue、Vermillion、Black
重量:180g(Mサイズ)

MENS:クルー、ZIP、ボトム(タイツ)

WOMENS:クルー、ZIP、ボトム(タイツ)



 メリノウール採用のアンダーウェアが市場に増え、肌触りの良さ、暖かさ、吸湿、防臭など、天然繊維ならではの特性を、多くの人が知るところとなった。一方で、メリノウール100%の製品となると、摩耗に対する弱さ、使用・洗濯ごとに発生するよじれなど、そのデメリットも浮かび上がり、混紡という手段でデメリットを補うブランドも出てきている。

 アークテリクスでは、混紡ではそれぞれの繊維の特徴を生かせないと考え、「強度の高いナイロン繊維を軸に、その周囲をメリノウールの極細繊維で覆う」という「コアスパン(CORE SPUN) テクノロジー」で新たなメリノウール糸を開発。これによって肌触りの良さ、保温性、吸湿性、防臭性などのメリノウール本来の良さを活かしつつ、耐摩耗性を大幅にアップし、デメリットを克服することに成功。

 アウトドアウェアとしての強度を持ち、驚くほど極薄の生地で、高い保温性能を持つメリノウールベースレイヤーを実現した。SATOROシリーズは、BCスキー&スノーボードなどのウィンタースポーツほか、より低温下のアクティビティで活躍するだろう。

ナイロン繊維を軸に、その周囲をメリノウールの極細繊維で覆うという方法で、混紡(右)ではなしえない弱点を補いつつメリットを活かす繊維を生み出した

SATORO AR ZIP NECK LS MEN’S
サトロARジップネックLS メンズ

価格:22,000円(税別)
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:Macaw(写真)、Vermillion、Nautic Grey、Black
重量:220g(Mサイズ)

MMENS:クルー、ZIP、ボトム(タイツ)

WOMENS:クルー、ZIP、ボトム(タイツ)

 山、川、海の自然豊かなカナダのバンクーバーで、クライマー二人が、高品質なクライミングギアの製造を開始。1991年、羽根を進化させ爬虫類として最初に空を飛んだとされる始祖鳥(Archaeopteryx/アーケオプテリクス)からブランド名をARC’TERYX」と改め、本格的にスタート。その骨格化石をブランドロゴとした。

 以来、「デザイン」「職人技の製造品質」「ハイパフォーマンス」をブランドコンセプトとし、高い製造技術を駆使した、高品質、ハイパフォーマンスで、革新的なギア&ウェアを企画製造し、アウトドア業界に新たな価値を提案し続けている。

公式サイト ≫ http://arcteryx.com/Home.aspx?language=JP