はじめての登山
Step2 コース選びのポイント

往復、周回、縦走など、コースの取りはさまざま

山歩きのコース設定を知ろう!
山歩きでは、山頂を目的地として、登り下りのコースを計画しますが、めざす山頂へのコースや登山口が複数ある場合、コースはいくつかの組み合わせが可能になります。
コース設定の代表的なパターンとそれぞれの特徴とメリットを紹介します。

1往復型 登り下りとも同じコース。下山時も安心

 目的の山頂へ、登り下りとも同じコースを歩く、もっともシンプルなコース設計です。
往復型は、景色の変化という点では単調に思えますが、登りで歩いた登山道を下るので道に迷う心配も少なく安心して歩けるので、安全面でのメリットがあります。

2周回型 景観の変化が魅力。交通利用も便利

 登り下りのコースを変えて山頂をめぐるコース設定です。
登りと下りとで景色の変化が楽しめるのが、周回型コースの魅力です。
また、行き帰りの交通アクセスが計画しやすく、マイカー登山での利用にも向いています。
コースのどちらが登り下りに向いているか、地形やガイドブックの記載などから判断する必要があります。

3縦走型 アルプス夏山登山の代表的なコース設定。交通手段を計画的に。

山の大小に関係なく、稜線で結ばれた複数のピークをつないで踏破して行くのが縦走型登山のコース設定です。
数日を要するコースの場合、稜線に位置する山小屋やキャンプ地に宿泊しながら進みます。夏の日本アルプスは長い稜線歩きが楽しめ、縦走登山の醍醐味が味わえます。

縦走型の場合は、入山口(登山口)と下山口が異なるため、アクセスの交通手段が公共交通機関に限定されるケースがほとんどです。
帰りの交通手段まで念頭に入れて、しっかり計画しましょう。

縦走路のイメージ。入・下山口が異なるのが縦走型
4定着型 山麓や中腹の山小屋をベースにして、身軽に周辺のコースを歩く

縦走型のように、次々と山を踏破するのではなく、山麓や中腹の山小屋やキャンプ場をベースにして、周辺のピークを日帰りで往復または周回するコース設定です。

縦走型のようにすべての荷物を背負う必要はなく、その日の行動分の荷物のみで動ける、というメリットがあります。

注意

山歩きは、疲れの出てくる後半、下山時こそ慎重に行動しましょう。
道迷い遭難の原因は様々ですが、疲れが出る下山時、午後の時間帯に起きるケースが多くなっています。
上記の注意点を念頭にコースを選びましょう。

山を歩くイメージができましたか? 続いて、具体的なコース選びのポイントを紹介していきましょう。

Step1
Step2
Step3
Step4
Step5
Step6
Step6
Step6
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?