はじめての登山
Step2 コース選びのポイント

やさしいコース、むずかしいコースの違いって?

コース選びのポイント

 山歩きは、やさしいコースから、経験を要するコースへと段階的にステップアップしていくことが大切です。そのため山のガイドブックでは、コースを初心者向き、中級者向き、上級者向きといったグレード(難易度)区分しています。
では、どんな点でグレードが変わってくるのでしょうか。チェックポイントをあげてみましょう。

1登山口までのアクセスで選ぶ

 自宅から登山口までの交通手段や経路は、山歩きの計画を立てるうえで重要な要素のひとつです。初心者向きの日帰りコースであっても、登山口に着いて実際に歩きはじめる時刻によっては、行動時間のゆとりが変わってくるからです。

 コースの所要時間を前提に、ゆとりのあるスケジュールが組めるかどうか、交通機関のダイヤを調べ、アクセスをよく検討することが大切です。

 山にロープウェーやケーブルカーがあってコースタイムを短縮できることもあります。

◇鉄道・バスを利用する
  • メリット
    • 運行ダイヤによって移動時間が読める。
  • デメリット
    • 運行ダイヤに縛られる。
  • 注意点
    • 登山地のバスは季節運行の路線も多い。
    • 下山時刻が前後した時の余裕を見ておこう。
◇タクシーを利用する
  • メリット
    • 登山口までのバス路線がなかったり、ダイヤが合わなかったりする場合に都合よく利用できる。
    • 人数がまとまるとバスと大差ないこともある。
    • 下山場所と時刻を伝えると予約もできる。
  • デメリット
    • 運賃が高めである。
◇マイカーを利用する
  • メリット
    • 自由にアクセスのスケジュールが組める。
    • 途中に温泉や食事などの立ち寄りプランも組める。
    • 人数がまとまれば、割安になる。
  • デメリット
    • 交通事情により混雑時には予定通りの移動ができない。
    • 登山前、下山後の運転の負担がある。
    • 入下山口が同一でなるようなコース取りが必要でコースが限定される。
  • 注意点
    • 駐車場の有無を事前に確認しておこう。また混雑時の対応も検討しておこう。
    • 入下山口が違う場合は、下山後の移動手段や、車回送サービスなども検討しよう。
    • 下山後は疲れもあるので、安全運転に注意しよう。
2コースタイムからコースを選ぶ

 ガイドブックや登山雑誌のガイドページに書かれているコースの歩行時間を「コースタイム」いいます。コースタイムは3~4時間までが初級者向き、6~7時間が中級者向き、8時間を超えると上級者向きと考えましょう。

 ガイドブックに記載されているコースタイムは「成人男性が10kgほどの荷物を背負って無理なく歩ける、休憩を含まない所要時間」というのが基準ですが、読者想定によって、初心者向きの書籍では割増して記載される場合があるなど、コースタイムは厳密なものではなく、目安として考えましょう。

 雪が積もっていたために予定より時間がかかった、草木が多い茂っていたなど、登山時期や気象条件によっても左右されます。

 なお、ヤマケイオンラインでは、この登山地図を無料で閲覧可能なサービス「ヤマタイム」を公開しています。ぜひご利用ください。

登山用のガイドブックには、地図にコースタイムが掲載されている
注意

コースタイムには、休憩時間は含まれていません。登山中は休憩はもちろん、途中で食事を取ったり、トイレに立ち寄ったりして、予想以上に時間がかかるものです。こうした休憩時間を計算して、ガイドブックのコースタイムより、時間がかかるものとして計画を立てましょう。
 また、下山の時間も忘れずに計算しておきましょう。登山は下山中のほうが事故が多いものです。疲労や日没を考えて、余裕を持ったスケジュールを立てるのが基本です。

3標高差からコースを選ぶ

 標高差とは、上昇、下降する高さのことで、傾斜の緩急ともいえます。平面の地図上では距離が短くても、傾斜が強くなると体力的な負担が大きくなり、歩行時間も大きくなります。

 コース全体で、登山口から、山頂、下山口まで、上昇・下降する標高差が大きいコースほど、それだけ体力を要求され、コースのグレードも高くなります。

 標高差は地形図から判読することも可能ですが、初心者の方には、高低図(断面図)が記載されているガイドブックがよいでしょう。

 目安として、山頂の高さから登山口の標高の引き算で、1日分のコースが、標高差600m以内なら初心者向き、600~1200mになると中級者向き、1200m以上は体力面も含めて上級者向きと言えるでしょう。

⇒登山用のガイドブックには、標高差を示しているものもあるので参考にしよう
登山届を出そう

登山計画を立てたら、行動予定を登山計画書にまとめ、自分と同行者だけでなく、家族や周囲の人々(職場の同僚など)に共有しておくことも大切です。

また主要な登山口には登山届ポストがあり、登山計画書を投函するように推奨しています。これは万が一アクシデントが生じたときに、所管の警察や山岳救助隊が捜索する際の資料となります。

なお、ヤマケイオンラインでは、一般的な登山届を作成するサービスを提供しています。ぜひ、ご利用ください(※会員登録が必要です。登録は無料です)。
また、以下にはPDF形式のフォーマットも置いておきましたので、ご利用ください。

⇒ ヤマケイオンライン登山届作成サービス      おすすめリンク 登山届PDF

Step1
Step2
Step3
Step4
Step5
Step6
Step6
Step6
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?