THE NORTH FACE

THE NORTH FACEのニュース

2012 Badwater Ultramarathon 稲垣寿美恵 優勝

2012年07月27日(金)
THE NORTH FACE News
THE NORTH FACE ATHLETE/稲垣寿美恵(Sumie Inagaki)

米国カリフォルニア州で開催された走行距離 217km、累積標高差 3,962m、最高気温 50度超の世界一過酷な耐久マラソン「バッドウォーター・ウルトラマラソン2012」に参戦。

29時間53分09秒でゴールし、見事女子1位 総合11位の栄光に輝きました。昨年に引き続き女子2連覇を達成です。

稲垣選手によるレースレポートご覧ください。

「2012 Badwater Ultramarathon Report」

昨年のレース終了後「もう絶対に参加しない」と言っていたバッドウォーターウルトラマラソン2012に再び参加しました。
「バッドウォーター・ウルトラマラソン2012」http://www.badwater.com/
デス・バレーという50度近くまで気温が上がる標高-87m地点から、アメリカ最高峰のホイットニー・ポータルまで135マイル走るレースです。
昨年は7月に入ってすぐ体調を崩してしまい現地に行く事が精一杯の状態でした。
レース中「もう止めたい。いやだ。」と文句を言いながら歩いてしまった事が心残りだと呟いていたら、
友人からサポートしてくれるという力強い言葉をもらい、今年も参加する事にしました。
レース前半100kmは、暑く強い日差しの中を山に向かって走ります。
昨年は、景色を見る余裕はなかったが、今年は見る事ができました。
一面砂漠の景色で、時折竜巻もいくつか目撃しました。
そんな中、手には必ず飲み物入りのペットボトルを持ち、サポートからは大きな霧吹きのようなもので水を吹きかけてもらいながら走りました。希望するなら1マイル毎にエイド可能なのですが、1マイルでも水分持参じゃないと不安になる程の暑さが続きます。
昨年は、大きなドライヤーのような熱風に立ち向かい進んだ70~90km地点。
今年は、熱風はなく少し涼しかった気がします。
中間地点まではトイレにも行くことなく進みましたが、後半はトイレが続き2マイルもたない。
レース中は、トイレとの戦いやブラジルチームに応援してもらったり、
月明かりも無く真っ暗の中、星だけは綺麗でした。
ローンパインの街に到着するまではなんとか走っていましたが、山に入り標高が上がるにつれ、
予期せぬ高山病になり苦しくて歩いてしか進めなくなりました。
通常歩行よりかなり遅い速度だが、なんとかゴールにたどり着く事が出来ました。
29時間53分09秒 総合11位(女子1位)

素敵なクルーとの135マイルの旅。
とっても楽しい時間でした。


稲垣寿美恵

関連イメージ

その他のTHE NORTH FACEのニュース一覧

1966年、米国のカリフォルニア州バークレーで創業。
高品質のグースダウンを惜しげもなく使用したクオリティの高いスリーピングバッグから始まった同ブランドは、ダウンパーカの原形のシェラ・パーカ、世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」など、一切の妥協を許さず高機能を追求し、テクノロジーの限界に挑戦し続けているアウトドア・ブランド。