登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
大阪~比良山系を結ぶ第8回 途中~権現山~霊山山~途中 権現山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん

この登山記録の行程

09:15 出発
12:19 荒木峠到着 3時間もかかった
13:24 権現山到着
14:23 下山開始
15:23 霊山山到着 1時間もかかった
16:33 途中バス亭に到着


総距離 約9.7km 累積標高差 上り:約1,318m
下り:約1,332m
大阪―比良山系を繋ぐトレッキング
今回は8回目/全8行程 途中~権現山~霊仙山~途中を登った。

9.7Km 7時間25分 計画では5時間 2時間半も遅れてしまった。

こんなことになるとは予想もしなかったので、余裕のある行程を時間つぶしながらいかないとな?なんて考えながのんびり歩き始めた

最初の登山口になんの標識もなかったので見過ごして、どん詰まりまで進んでしまった。目を凝らしてみたが、登山道はないようなので、引き返し、ダウンロードした履歴の場所で確認したが、登山道らしいものはなかった。

それでも、履歴はここを示しているので行ってみると、わずかに人が踏んだ跡がまばらにある。やっぱりみんな迷ってるんだな?
それにしても急斜面であぶないし、道がないので、よじ登らなければならない。うろうろして引き返して、先ほどは引き返すときに確認した下山口から登ろうか?と思ったが、ふと見ると、テーピングが埋まっている、さらによく見るとうっすらと踏み跡が続いている。じっと見ると、登山道見つけた!

木で整備された幅30cmほどの登山道、もう10年以上前に朽ちてしまっているようだ、ただの腐った木にしか見えない。
それが分かると、九十九折れで登山道が続いているのがなんとなく見えてくる。
それでも朽ちて道とは言えない状態なので、何度も踏み外して転げそうになりながら、登りの稜線に出ると、斜度が緩くなって登りやすくなった。

登り詰めると、稜線の道(多分)しばらくは進みやすかったが、直ぐに道は無くなった。斜度がきつく真っすぐ登れない。権現山の方向を目指して、歩き易い道を見つけて登っていくが、かなりしんどいので、次第に遅れていく。
ピークのあたりから歩き易い道に変わった、多分アラキ峠から登る人が多いんだな
アラキ峠に到着。ここからひときわきつい登りが待っている。登るのに1時間もかかってしまった。

権現山到着、景色は素晴らしい。風も冷たくてひんやりしている。
昼飯に最高だと思ったが、ガスが発火しない。壊れているようだ。
仕方ないので、しばらく涼んで下山することにした。14:00 次のバスは16:08 平に降りると1時間ほどで下山するので、時間が余るし、予定通り霊仙山経由で降りることにした。これが間違いだった。
14:23 下山開始。

霊仙山までは途中広い道に出るがずっと、道が続いている。広い道は後で付けた道の様で、その間に登山道がある。途中この道は別の方角へ延びて、霊仙山へ行っていない。仕方ないので、旧登山道を登って、霊仙山の登山道に移った。

霊仙山はやっぱり、登りがきつかったが、藪の隙間から見える景色はいい。
方角はこっちかな?と思う方向に木の通おせんぼ、まあいいやと思いながら降りていくと、100mほど進んだところで、間違っていることに気が付く。もどって、履歴ルートを確認して入っていく。道がありません。

斜度はちょっと危険なレベルなので、気を付ければ降りられなくはない。前週の途中超えよりはましか・・・
ルートは歩ける方へ道を取ったため、履歴とは離れていく、軌道修正しながら、履歴に合流。見ると歩き易い稜線に出た。地形図にも乗っている。なんだ、最初からこの道降りてくればよかったと後悔。

谷へずり落ちながら降りたって、前に進むと林道に出た。既に16:00を回っているので、バスに間に合わない。小川が冷たくて気持ちいいので、上半身汗を拭き取り、さっぱりした。

途中バス停で、堅田第一タクシーに電話して、迎えに来てもらった。

斜度がきついのはわかっていたが、ここまで道がないとは思わなかった。

今日は、計画より2時間半も遅れたコース。自分の体力に見合った、登山計画を立てられる様にと最近始めた自動計算プログラムの検証をしてみるまでもないが、傾斜によって遅れが大きくなっていることと、道が無いので、うろうろした時間が遅れの原因であることは分かっている。
しかし、数年前に平から登った権現山の時と、明らかに体力が落ちていることを痛感した。

一応、結果を掲載しておくが、実績から休憩時間を抜くと、2時間半の内1時間半が休憩だった。権現山では1時間程休憩したが、遅れのほとんどは権現山までの登りで発生している。

この斜度ではもっと時間がかかる様実力テーブルを修正した方が良いと思い、変更してみたが、フラットにはならない・・・何故か?
少し原因を探った方が良さそうだ

登山中の画像
  • アマゴ釣り堀
  • 登山道入り口の標識がなかったので、どん詰まりまで行ってしまった。どう見ても登山道はないので引き返す。
  • 下山口はこれかな?
  • 登山口・・・ダウンロード履歴ではここだが
  • 入ってみる。踏み跡もない
  • 急斜面、かなり危ない 僅かに人の歩いた後がまばらにある
  • おや、テーピングがある
  • それにしても、急斜面で危ない
  • 登山道見つけた・・・朽ちてる
  • 登山道みたいなものをのぼって、歩き易い尾根道にでる
  • 稜線に到着。道に見えるかな
  • 唯一、道に見える場所
  • 道がなくなった
  • それでも、ピーク564にたどり着く 人気がないのか、まったく標識なし
  • 至る所木々の通せんぼ
  • なんだこの木は
  • ピークに到着 木漏れ日が涼しい、ここから荒木峠までは下りだが、道はしっかりしている。
  • 荒木峠、ここからきつい登りが待っている
  • 権現山到着 風が冷たくて気持ちがいい
  • 景色も最高
  • バーナー故障で昼飯食べられず、いろいろ思案したが、霊仙山経由で降りることにした。4.5Kmあるが、下りなので、1時間50分あればいいか?と考えたが甘かった。
  • 前方の霊仙山めがけて下る
  • 下りは道がはっきり見える
  • 広い道に出た
  • あれ、道がなくなってしまった。
  • うろうろしたら、旧登山道を見つけた
  • 霊仙山への登山道に合流
  • きつかった。景色はいい
  • さて、あと45分しかないが・・・急がないと
  • さて降りようとする方向に木で通せんぼ。 降りてみたが間違ってるので引き返してきた
  • ここかな?道がない、斜度も相当な物。 場所によっては、まっすぐ降りられない
  • 谷に降り立った
  • 振り返るが、 道は当然ない
  • 谷からすぐに出口がある
  • バスには間に合わないし、荷物を下ろして、
  • 小川の水で汗を拭き、さっぱり 気持ちがいい
  • 今日の歩きの結果
  • 計画との差分、 2時間半遅れ
  • 斜度の移動平均
  • 計画との差分から休憩時間を自動的に削除した結果。権現山までの登りで1時間の遅れ(休憩時間を除いて)が発生している。 体力的に今の方法では、正確な計画はできないんだろうか?
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。