登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
火打山。妙高山テント泊縦走 火打山、妙高山(上信越)
img

記録したユーザー

山旅人 さん

この登山記録の行程

2日
笹ヶ峰登山口(8:20)・・・黒沢(橋)(9:22)・・・富士見平(11:30)・・・高谷池ヒュッテ(12:30)・・・テント設営後スタート(13:00)・・・天狗の庭(13:23)・・・ライチョウ平(14:00)・・・火打山(14:40~15:00)・・・高谷池ヒュッテ(16:30)
3日
高谷池テント場(6:20)・・・茶臼山(6:53)・・・黒沢ヒュッテ(7:20)・・・大倉乗り越し(7:52)・・・長助分岐(8:50)・・・火打山(10:15~10:31)・・・長助分岐(11:33)・・・大倉乗り越し(12:30)・・・黒沢ヒュッテ(12:55~13:20)・・・富士見平(14:00)・・・黒沢(橋)(15:24~15:35)・・・登山口(16:15)


総距離 約23.1km 累積標高差 上り:約2,162m
下り:約2,168m
当初、火打山単独を考えていたが、妙高山を縦走することにした。
先月、妙高山(燕温泉からの日帰り)2454mに登っている。
そのこともありついでに北側の山頂2445mをも登ることにした。
初日は
笹ヶ峰の登山口から木道を辿り高谷池ヒュッテへ。テント設営後サブザックで火打山へ。途中の天狗の庭はガスっていたが、高層湿原の中に木道が延々と山裾まで続きワタスゲの白い綿毛が一面に草原を彩っていて見事だった。池に映る山影と残雪もよいコントラストだった。山頂2461,7mでは眺望に恵まれなかったこともあり。また山頂と言うよりは単なる岩くずの広場だったので苦労して登頂した感慨に浸れなかった。

テント場に戻ると5張りのテントがあり。それぞれ単独の男性が食事の用をしていた。
テント場は粘土質の平地。雨が降るとドロドロになるが今回は乾いていた。それでも夜間の霜で汚れた。水は自由に取れた(煮沸が必要)。トイレも仮設が新設されて快適だった。

翌日は快晴で黒沢池ヒュッテまで行く。茶臼山を越えて黒沢池へ下り始めると、黒沢池周辺の湿原が見事に眺められた。小屋に荷物をデポして軽装で妙高山を往復。大倉乗り越しから妙高山が望まれたがあまりの遠さに気持ちが萎えそうだった。出るのが遅かったせいもあり帰宅を考えると迷いもあった。さらに急激な下りを体験するに、さらに弱気の虫に襲われた。帰りの登り返しが大きく心を支配していた。弱気を振り払って下り始めると次第に気力も戻って来た。結果は思っていたより体が動いた。時間にしては短いので体力的にはまだ余裕があった。山頂直下のダケカンバ林の急登にも疲れは感じなかった。
巨岩や絶壁の脇に白山シャジンの淡いブルーが群れとなって咲いていて励まされ癒された。
山頂下にある祠に手を合わせてから山頂2445.8mへ。山頂では広場があり20人位の登山者が憩いでいる。残念なことに眺望がない。近くの岩山に登っている人もいる。
少し休憩して下る。やはり水分の持参が気になった。余分に持ってきたが思っていた以上に消費がある。大倉乗り越しへ戻りついたが案外早かった。
昼食に小屋でラーメンを注文したが、外国人の小屋番だった。出てきたのはラーメンの形をした別物だった。出汁は肉の缶詰をそのまま使ったのだろう甘かった。水も出ないので500円でペットボトルを買って飲んだのでした。期待したことが裏目に出た。
こうして下山の道へ。帰りの木道はそのいやな気分を一掃して余りあった。黒沢池の広い草原と多くの花々、吹き渡る風に心を洗われた思いだった。


登山中の画像
登山画像
黒沢。最初の休憩。水が冷たくて美味しかった
登山画像
富士見平
登山画像
高谷ヒュッテキャンプ場小屋との間に水場があり…
登山画像
高谷池ヒュッテの全景
登山画像
天狗の庭高層湿原の広大な草原。池に映る山影と…
登山画像
ライチョウ平尾根に出ると残雪があった。
登山画像
火打山2461.7m山頂。眺望がないので今一感動が…
登山画像
木道と広い草原は癒しの空間だった。
登山画像
池塘と草原、ワタスゲの白い色が一面
登山画像
テント場は雨でなくて良かった。しかし夜露で朝…
登山画像
茶臼山
登山画像
黒沢へ下る途中の風景
登山画像
黒沢ヒュッテテーブルが4台ほどあって休憩できる…
登山画像
大倉乗り越し(峠)ここからガクンと下る。
登山画像
長助池分岐 ベンチもある。ここから登りが始ま…
登山画像
山頂直下の岸壁横を登る。周囲はダケカンバの林…
登山画像
山頂下の祠
登山画像
妙高山2445.8mこの先は妙高大神2454mに繋がる…
登山画像
長助池分岐
登山画像
大倉乗り越し
登山画像
黒沢池ヒュウッテ
登山画像
黒沢池ヒュッテからの戻りの草原風景木道歩き
登山画像
黒沢に戻る。二津が大変冷たくて美味しい。
登山画像
長い木道を淡々と下った。
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山旅人さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山旅人 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年7月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。