登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
八ヶ岳全山縦走 八ヶ岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

Koh39 さん
  • 日程

    2017年7月27日(木)~2017年7月29日(土)

  • 利用した登山口

    観音平   麦草峠   蓼科山登山口  

  • 登山口へのアクセス

    タクシー
    その他:小淵沢駅のタクシーは台数が少ないので事前予約したほうが良いです(平日の朝なので大丈夫と思っていったら約30分待つ羽目に)

  • 天候

    1日目:曇り一時雨、2日目:曇り一時雨、3日目:曇りのち雨
    [2017年07月27日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
観音平(07:47)・・・雲海(08:31)・・・押手川(09:08)[休憩 10分]・・・編笠山(10:24)[休憩 12分]・・・青年小屋(10:56)・・・権現岳(12:07)[休憩 46分]・・・キレット小屋(14:01)

【2日目】
キレット小屋(05:09)・・・赤岳(06:29)[休憩 10分]・・・赤岳天望荘(07:00)・・・横岳(07:56)・・・大ダルミ(08:23)[休憩 6分]・・・硫黄岳(08:49)[休憩 15分]・・・夏沢峠(09:38)・・・箕冠山(10:09)・・・根石岳(10:21)[休憩 32分]・・・東天狗(11:16)[休憩 7分]・・・中山峠(12:08)・・・にゅう分岐(12:21)・・・中山(12:33)[休憩 5分]・・・高見石(13:33)[休憩 5分]・・・丸山(14:01)・・・麦草峠(14:50)

【3日目】
麦草峠(06:26)・・・大石峠(06:39)・・・茶臼山(07:13)[休憩 2分]・・・縞枯山(07:44)[休憩 12分]・・・雨池峠(08:11)[休憩 2分]・・・雨池山(08:26)[休憩 5分]・・・三ツ岳(09:08)[休憩 16分]・・・北横岳ヒュッテ(09:55)・・・北横岳(10:10)[休憩 8分]・・・亀甲池(11:00)[休憩 30分]・・・亀甲池分岐(11:44)・・・将軍平分岐(11:52)[休憩 10分]・・・蓼科山荘(13:16)[休憩 5分]・・・蓼科山(13:40)[休憩 6分]・・・標高2113m地点(14:45)[休憩 15分]・・・蓼科山登山口(15:55)

水平移動距離 約32.9km 積算標高差 上り:約4,095m
下り:約3,940m
コースタイム 標準:1,700分
自己:1,265分
コースタイム倍率 0.74
天気予報も今ひとつの中、兼ねてよりやってみたかった八ヶ岳全山縦走に挑戦。初日:観音平をスタートした直後は一瞬太陽光も指し期待したが雲海で早くも一時時雨。その後は振られはしないものの、ほぼガスの中を登ることに。コース上、ツルネ周辺のコマクサ群落に癒されて、キレット小屋に。その日はテント泊2名と小屋泊は私一人。夕食まで小屋番さんとダベリながら過ごしました。2日目は小屋からも一応、富士山が見える状態で出発。赤岳山頂も今ひとつの展望のせいもあり、閑散とした状態で展望荘まで下るとあとはまたガスの中の歩行。根石岳で早めの昼食準備中に雨となりあとは高見石まで足場の悪い中の歩行を強いられることに。麦草ヒュッテはお風呂があるので一心地。夏山シーズンの金曜なのにずっと天気予報がすぐれないせいなのか、宿泊は10人のみ。夕方より激しい雨となり、翌日を心配。最終日:うっすらと晴れ間も覗く中を出発。しかし登るとガスの中でほとんど展望なしで縞枯山~雨池山へその難所の三ッ岳の岩場をクリアして北横岳へ。一気に亀甲池へ下り、早めの昼食。とまた雨模様に。一旦やむものの蓼科山への上りから雨に蓼科山荘~山頂間は幸いにガスの中でしたが、下山でついに本格的な雨に。川のようになった登山道を注意しながら下山しました。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、コッヘル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Koh39さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    先週末に15~20cmの降雪ありました。しばらく先までまとまった降雪の予報はありません。ほとんどのルートにトレース、もしくはトレースの痕跡があります。
    18年02月17日(土)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    今朝の気温は-16℃、天気は快晴です。明日から崩れる予報あり。防寒対策をしっかりと
    18年02月09日(金)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    本日は快晴で気温も高いです。休日の駐車場は混雑しますので、乗り合わせか公共交通機関の利用も検討を
    18年02月09日(金)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    積雪は平均100㎝、吹き溜まり200㎝以上。例年よりもやや少ない。トレースが無い、天気が良くなければ歩けないという方は、雪山経験豊富な知人と同行のこと。
    18年01月31日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Koh39 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年2月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場!
「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場! 【モニタープレゼント企画】防水・防塵・耐衝撃・耐低温が魅力のJVC「エブリオR」に、4K対応モデルのGZ-RY980が登...
NEW 『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催!
『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催! 『山と溪谷』3月号と連動の「膝を痛めない、疲れない歩き方講座」。3月に机上・実践の計3回開催。詳細はこちらから
NEW 雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す
雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す 山岳ライター・高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はスカルパのゲイター付きブーツを、長野県・御座山でチェック!
NEW 紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表
紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表 紅葉写真コンテスト2017に沢山のご応募をありがとうございました。361枚の写真から受賞作品が決定!!
NEW 梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び!
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び! 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 雪が降った後は、雪山登山を楽しめるかも!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報