登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 9
奥穂高岳【上高地~涸沢ルート1泊2日】2017 奥穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ひろり さん
  • 日程

    2017年8月5日(土)~2017年8月6日(日)

  • 利用した登山口

    上高地バスターミナル  

  • パーティ

    5人 (ひろり さん 、ほか4名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往路:毎日アルペン号
    復路:車

  • 天候

    晴れ時々曇り

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(05:30)・・・河童橋(05:35)[休憩 5分]・・・明神(06:15)・・・徳沢(07:00)[休憩 5分]・・・横尾(08:00)[休憩 15分]・・・本谷橋(09:10)[休憩 20分]・・・涸沢(11:10)[休憩 20分]・・・ザイテングラート取付(12:55)[休憩 10分]・・・穂高岳山荘(14:10)

【2日目】
穂高岳山荘(04:15)・・・奥穂高岳(05:01)[休憩 20分]・・・穂高岳山荘(05:55)[休憩 15分]・・・ザイテングラート取付(07:02)[休憩 5分]・・・涸沢(07:42)[休憩 20分]・・・本谷橋(09:24)・・・横尾(10:07)[休憩 10分]・・・徳沢(11:03)[休憩 10分]・・・明神(11:53)・・・河童橋・・・上高地バスターミナル(12:34)

総距離 約36.0km 累積標高差 上り:約2,576m
下り:約2,576m
コースタイム 標準:16時間40分
自己:14時間24分
コースタイム倍率 0.86
2017年の目標であった奥穂高岳に1泊2日の日程での山行は、心配された台風5号の影響は全くなく2日間ほぼ快晴でした。
今回の行程は
1日目:上高地~横尾~涸沢~ザイテングラート~穂高岳山荘
2日目:穂高岳山荘~奥穂高岳~ザイテングラート~涸沢~横尾~上高地
歩行距離が長いため前半に如何に体力を温存して、ザイテングラートに取り付けるかが初日のポイントです。
2015年の槍ヶ岳山行の記憶が蘇ります。
前回の反省を活かして、メンバー全員が荷物の軽量化に取り組み今回の参考に挑みました。
初日
上高地から横尾までの平坦歩きは体力温存のためゆっくり歩くと決めていましたが、自然とペースが速くなり、女性陣に注意を受け、ペースを落とし気味に・・・それでも標準タイムより早い時間で横尾に到着。その分長めの休憩を取ります。
横尾から本谷橋までは、前半部分の樹林帯を過ぎると、氷壁の舞台である屏風岩を右に見ながら標高差400m弱の緩やかな登りとなります。本谷橋を過ぎるといよいよ、急登と言うほどではない急登が涸沢まで続きます。ここで体力を消耗してしまうと涸沢からの登りは非常に厳しいものとなってしまいます。
今回のメンバーではリーダーの奥様が体調不良のため、涸沢小屋で宿泊することになってしまいました。残念ですが、その後の行程を体験した今となっては、賢明な判断だったと思います。(流石は100名山制覇のベテランです)
ここまでの行程は数か所で落石の注意が必要でしたが、登山道の危険個所はありません。
涸沢ヒュッテからはパノラマコースを選択しました。
今年の冬は雪が多かったのでその影響からか分かりませんが、涸沢ヒュッテを出ると直ぐに雪渓歩きとなりました。雪渓部分は所々に赤い〇で目印があり迷うことはありませんが、真っすぐ登って行くと最終地点は雪渓をトラバースして登山道に戻らなければならず、雪渓歩きが苦手なメンバーはかなり苦戦していました。雪渓には大きな岩が点在しているので、滑り落ちて衝突すればケガにもつながるので注意が必要です。ただしアイゼン無でも全員無事雪渓をクリアしたので、慎重に歩けば問題ないと思います。(大部分の人はパノラマコースではなく、涸沢小屋経由の登山道を歩いていました)
雪渓から登山道に戻ると次に向かうはザイテングラートです。ザイテンの取り付きに向かう直前の登山道は上からの落石が非常に多い場所です。この日も2回ほどラク~の声が聞こえました。ザイテンを歩く際には滑落以外にも自ら起こす落石に十分注意して歩く必要があります。
いよいよ初日最大の難所である、ザイテングラートに取り掛かります。
毎年のように滑落事故が発生している箇所でもありやや緊張して登り始めました。
(滑落事故の大部分は下りに発生しているようです)
ザイテンの危険度、難易度は、7月に登った甲斐駒ケ岳の直登コースよりも難易度は低く感じました。ただし、ザイテンに取り付くまでの体力の消耗度が大きく、また、ザイテン自体の距離が長いため体力的に余裕はあまりありませんでした。
2日目
朝4時起床、4時30分から奥穂山頂に向けて行動開始の予定のため、前日は7時には就寝。十分な睡眠を取って体力の回復に努めたため2日目の朝も体調は万全です。
穂高岳山荘から奥穂山頂までの核心部は登り始めて直ぐやってきました。梯子と鎖場が数か所あります。標高3000mでの早朝の行動なため、体を馴染ませるためゆっくりと登る。とのリーダーからの指示で自分が先頭を行きます。
山頂までの道程途中には、富士山や槍ヶ岳、そして近くにジャンダルムが見渡すことができて気分も高揚、あっという間に山頂に到達しました。
山頂からの眺望は360℃のパノラマで最高です。やはり山頂には早朝に登るのが一番です。
景色を堪能したら来た道を引き返します。早い時間からの行動であったため、心配された梯子での渋滞もありませんでした。
下山時のザイテンも滑落、落石に注意を払います。下山は雪渓を通らず涸沢小屋に向かいます。涸沢小屋で朝食のお弁当休憩。その後は一気に横尾山荘へ。
途中、団体ツアーに遭遇。追い越すことが出来ずに難儀しましたが本谷橋でパス。
横尾からのなが~い平坦部にぶつぶつ文句を言いながら上高地には予定より1時間早く到着、涸沢泊のメンバーと合流しました。
帰路の交通手段はリーダーの車で東京まで。中央道の渋滞を避けるため出来るだけ早く出発したいのでお風呂なし。
しかし、結局は事故渋滞、小仏峠トンネルでの自然渋滞にハマってしまいましたが・・・

登山中の画像
  • 2回目の河童橋
  • 明神からの景色
  • 徳澤ロッジ
  • 徳澤園にあるテント場。 いつに日か家族でテント泊してみたい!
  • 氷壁の宿徳澤園 いつか泊まってみたい!
  • 横尾に到着 槍ヶ岳方面との分岐
  • ここからは初めての道 ワクワクします
  • 氷壁の舞台 屏風岩は迫力があります
  • 回り込んで眺める屏風岩
  • 本谷橋に架かる橋はかなり揺れます
  • 涸沢まであと2.4Km
  • 本谷橋を過ぎると傾斜がきつくなり始めます
  • 落石多発地帯
  • 遠くに涸沢が見えます
  • 涸沢が見えてからが遠い・・・
  • やっと涸沢ヒュッテに到着
  • 紅葉シーズンに一度は来てみたい景色です
  • 何も考えずにパノラマコースへ
  • 雪渓からガレバへ最後に雪渓をトラバース
  • 雪渓の途中にお花畑が
  • 上からの落石に注意!
  • いよいよザイテングラート
  • 慎重に登ればそれ程危険な個所はありませんでした
  • 振り返れば涸沢が下に
  • 穂高岳山荘まであと20分 最後まで慎重に!
  • 穂高岳山荘到着!
  • 2日目は早朝から行動 まだ暗いためライトを装着してスタート
  • 初めて見るジャンダルム あんなところに登るなんて凄いの一言です よく見ると青いテントが・・・まさかあそこで?
  • 早くもジャンダルムに向かう人がいました
  • 奥穂高岳山頂に到着!
  • 日本のシンボル富士山は今日も健在でした
  • 焼岳の噴煙が見えます
  • 西穂高岳から焼岳方面
  • 前穂高岳
  • 槍ヶ岳もハッキリと見えます
  • 穂高岳山荘に戻ってきました
  • 下りのザイテングラートも慎重に
  • ザイテンをおえて休憩しているとサルの親子がお出迎え
  • 雪渓を下っている人発見 雪渓下りは早いですねー
  • 今日も快晴 青と白のコントラストがきれいです
  • 振り返り景色を目に焼き付けます
  • 涸沢小屋で朝食タイム
参考になった 9

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ひろりさんの登山記録についてコメントする
  • Kプロジェクト さん
    往復高速バス利用の、たいへんに無難な、かつピンポイントで上高地を満喫するルートがよく分かりました。不意な雨や、慌てる要素がない8月上旬が最高ですね。

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    冬山雪山となりました。再度、雪山装備の確認を。夏山の状況ではありません。営業は10/24泊迄
    20年10月21日(水)
    涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    10/18涸沢の積雪は20cm。まだ残る箇所ありチェーンアイゼンあると安心。営業は10/24泊まで
    20年10月21日(水)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    10/17~18に積雪し、今も残るところがあります。アイゼン+判断+技術必要。営業10/24泊まで
    20年10月21日(水)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や弓折岳周辺、鏡平で紅葉の見頃を迎えています。双六小屋は11日(日)の宿泊まで営業
    20年10月07日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ひろり さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 9

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...