登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
奥穂高  重太郎新道  吊尾根 (北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

風(ふう) さん

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(12:55)・・・河童橋(13:00)・・・岳沢小屋(15:00)

【2日目】
岳沢小屋(06:00)・・・岳沢パノラマ(08:00)・・・紀美子平(08:50)・・・前穂高岳(09:30)[休憩 5分]・・・紀美子平(10:00)[休憩 20分]・・・最低コル(10:30)・・・奥穂高岳(12:00)[休憩 5分]・・・穂高岳山荘(13:00)[休憩 10分]・・・涸沢岳(13:35)[休憩 5分]・・・穂高岳山荘(14:05)

【3日目】
穂高岳山荘(04:15)・・・涸沢岳(04:40)[休憩 15分]・・・穂高岳山荘(05:15)[休憩 45分]・・・奥穂高岳(06:50)[休憩 5分]・・・最低コル(08:05)・・・紀美子平(08:20)[休憩 10分]・・・岳沢パノラマ(09:00)・・・岳沢小屋(10:55)[休憩 35分]・・・河童橋(13:25)・・・上高地バスターミナル(13:30)

総距離 約17.5km 累積標高差 上り:約2,581m
下り:約2,581m
コースタイム 標準:17時間
自己:16時間50分
コースタイム倍率 0.99
6日に、重太郎新道から前穂高、吊尾根から奥穂高、穂高岳山荘から涸沢岳と、
3000メートルを超える山を三つ登りましたが、
すべて霧がかかって視界10メートルくらいの状況で、かろうじて登頂記念の写真を撮っただけで、周囲の景色は全く見えませんでした。

その日は、穂高岳山荘に泊まりました。
受付の横にある「気象情報」によると、明日の午前中は晴れで、昼頃から大雨とのことでした。
明日の午前中がチャンスだと思い、早々に寝ようとしましたが、なかなか寝付けません。
ウトウトしたかと思うと、部屋の周囲でゴソゴソと支度をする気配で目が覚めたので、外へ出てみました。

午前3時頃です。満天の星空です。月の光で歩けるくらいの薄暗さです。
山荘から西の方角を見に裏手に行ったところ、ジャンダルムの上に満月が煌々と輝いています。ゴツゴツした岩のシルエットの上に、まん丸い月が浮かんいます。
素晴らしい景色です。この景色を見られただけでも、ここまで登って良かったと思いました。
「穂高の月」の著者である井上靖が見たかった月は、おそらく、こんな月だったのだろうと思いました。

午前4時ころ、月に励まされて、ヘッドライトをつけて涸沢岳に登りはじめました。
頂上にはすでに数人が、ご来光を見るために待機していました。

涸沢岳の頂上からは、360度の眺望の素晴らしい景色が見えました。
朝焼けの槍ヶ岳が見えました。山荘のすぐ上の急斜面を登る、ヘッドライトが列になって見えました。
前穂高と北尾根の連山の向こうに、富士山が、雲の彼方にかすかにではなく、はっきり見えました。風が強かったので、素晴らしくよく晴れてます。

常念岳の方角からご来光が見えました。
常念岳は姿が良いので、ご来光の風景がとても絵になりますね。

涸沢岳の次に、もう一度、奥穂高に登りました。
素晴らしい眺望でした。
河童橋が見えます。
あそこから、このあたりを見上げていたんだなーと、感慨深く眺めました。
河童橋から見上げる、その神々しいまでの存在感がある穂高連峰の尾根。その美しい穂高連峰の尾根に、今、自分が立っている。その感動。素晴らしい体験ができた。

晴れた日の吊尾根はいいですね。
奥穂やジャンダルムや西穂高の雄大な尾根を眺め、上高地を眺め、とても気持ちよく歩きました。
しかし、高度感のある緊張する場所も沢山ありますね。
でも、また、ここを歩きたいと思いました。

11時には、岳沢小屋について、上高地に着いた頃に雨が降り始めました。
その後の台風の影響は、テレビ報道の通りです。

松本から、新宿方面に向かう人達は、あずさの全面運休のため、
ローカル線で長野に出て、長野から新幹線で東京を経由しました。

無事に帰れましたが疲れました。

以上、念願の奥穂高でした。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、ストーブ、燃料、カップ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

風(ふう)さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    季節外れの暖かさが続いています。雪崩の発生しやすい斜面では十分な注意を
    20年02月16日(日)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

風(ふう) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年2月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ