登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
塩見岳(鳥倉林道)~農鳥岳(野呂川) 塩見岳、農鳥岳、間ノ岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

フジミタロウ さん
  • 日程

    2017年8月2日(水)~2017年8月3日(木)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:マイカーを鳥倉林道ゲートに駐車。下山後、野呂川→北沢峠→仙流荘→伊那市駅までバス、翌日、伊那大島までJR、伊那大島から鳥倉林道ゲート(越路)までバスで、車を取りに戻りました。

  • 天候

    初日:ガス(少しだけ雨) 2日目:晴天
    [2017年08月02日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
鳥倉林道ゲート(04:00)・・・鳥倉登山口(04:34)・・・三伏峠(06:42)・・・本谷山(07:43)・・・塩見小屋(09:19)・・・塩見岳(10:34)・・・北俣岳分岐(11:02)・・・北荒川岳(12:16)・・・熊ノ平小屋(14:42)

【2日目】
熊ノ平小屋(03:52)・・・三国平(04:32)・・・農鳥小屋(06:11)・・・西農鳥岳(07:04)・・・農鳥岳(07:40)・・・西農鳥岳(08:23)・・・農鳥小屋(08:52)・・・間ノ岳(10:22)・・・三峰岳(10:52)・・・野呂川越(12:45)・・・両俣小屋(13:08)・・・野呂川出合(14:40)


総距離 約42.5km 累積標高差 上り:約4,033m
下り:約3,895m
南アルプスには魅力的な3000m峰が多くありますが、南部に足を伸ばしたことがなかったので、今回まず塩見岳に登る計画を立てました。併せて農鳥岳にも登ることにしました。
いろいろプランを検討して、結局、夜に鳥倉林道終点まで車で入り、仮眠後、山に入り、北沢峠から下山後、バスで車を取りに戻ることにしました。
夜の鳥倉林道は、小雨と霧で運転に注意しました。途中で狸も目撃。8月初旬とは言え、週中の林道終点の車は10数台でした。

1日目
4時から登山口にむかってスタートしましたが、4時半にはライトを消して歩くことができました。登山口には架設トイレがあるので非常に助かります。三伏小屋までは快適な登山でした。が…三伏小屋を過ぎると、なだらかになりますが、前日の雨のためか、登山道がやたらマッディになりました。
道幅いっぱい、長いところは3m位のマッドが頻発します。よけたりあきらめたり、靴やらなんやらも結局マッディになりました。
この日は天気が悪く時折小雨。終始ガスってり、残念ながら塩見岳の姿はあまり見えませんでした。
塩見岳の北側は結構なザレた斜面で気を遣いました。その他はマッド以外は歩きやすいコースです。熊ノ平までは、随所で右手に農鳥の絶景が望めるの素晴らしいコースです。アップダウンはさほどでもないですが、距離が長いので忍耐力?は必要です。
途中でクラブツーリズムの方々をお見かけしましたが、人影はほとんどありませんでした。あと、自分の持っていた地理院地図と北荒川岳周辺のルートがずれていました。山岳地図が正解でした。
熊ノ平小屋は平日でもあり宿泊者が多くなかったので一つ飛ばしの寝具でゆっくりできました。トイレと水場は少しはなれています。水は豊富です。
翌日のお弁当には、きなこ餅が入って、餅米のおだんごにまぶして食べると疲れが吹き飛びました。おかずも少しあってお薦めのお弁当です。

2日目
2日目は農鳥への登り、間ノ岳への登りがあるので、朝2L持って出ました。。農鳥までのトラバースで給水可能。給水して2.5L持ちます。間ノ岳と農鳥岳の間の稜線への取り付き位置も地理院地図は旧道で実際は1ピーク間ノ岳側でした。間ノ岳と農鳥岳の間の稜線に出ると気温は12℃くらいで少し寒い。西農鳥へまず登りますが、農鳥岳が案外遠くに見えてめげます。歩けばそれほどでもありませんでした。間ノ岳ではガスが出て残念ながら北岳の勇姿は見ることができませんでした。その後、三峰岳をかすめて下山しますが、コースマップの間ノ岳・三峰岳間30分はかなり厳しいように思いました。野呂川越えまでの120分も厳しい。小屋までのルートは、倒木が多く、南アルプスにしては、やや歩きにくいルートでした。

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

フジミタロウさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

フジミタロウ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!