登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
立山、剱岳 立山、剱岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

バード さん
  • 日程

    2017年8月10日(木)~2017年8月11日(金)

  • 利用した登山口

    室堂ターミナル  

  • パーティ

    2人 (バード さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:扇沢駐車場(12時間1000円)

  • 天候

    2日間曇り時々晴れ。山上部はガスのため、雄山からの尾根道、剱岳は視界利かず。2日目の室堂付近で、雲がはれ、立山連峰の雄大な眺めを見ることができた。
    [2017年08月10日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
室堂ターミナル(09:26)・・・立山室堂(09:36)・・・一ノ越(10:27)[休憩 7分]・・・雄山神社(11:31)[休憩 44分]・・・大汝山(12:35)・・・富士ノ折立(12:52)・・・大走り分岐(13:21)・・・真砂岳(13:31)・・・南峰(14:23)・・・別山乗越(14:46)・・・剱澤小屋(15:26)・・・剣山荘(15:54)

【2日目】
剣山荘(04:50)・・・一服剱(05:16)[休憩 5分]・・・前剱(06:12)[休憩 5分]・・・平蔵のコル(07:00)[休憩 10分]・・・剱岳(07:50)[休憩 20分]・・・平蔵のコル(08:40)・・・前剱(09:24)[休憩 5分]・・・一服剱(10:02)・・・剣山荘(10:27)[休憩 50分]・・・剱澤小屋(11:45)・・・別山乗越(12:50)[休憩 8分]・・・雷鳥平(14:19)[休憩 5分]・・・エンマ台(15:00)・・・ミクリガ池(15:07)・・・室堂ターミナル(15:33)

総距離 約18.7km 累積標高差 上り:約2,285m
下り:約2,285m
コースタイム 標準:16時間17分
自己:14時間32分
コースタイム倍率 0.89
初日(立山)
最初は石畳、一部に雪渓が残るが、軽アイゼン不要。一ノ越までは登りやすい。一ノ越からははガレ場の急登。
雄山の山頂の立山頂上雄山神社は拝観料500円で入場、周囲が絶壁の神社前で座って神主さんのお祓いを受け、お神酒ももらう。
立山連峰最高峰大汝山(3015m)山頂は大きな岩になっている。少し降りたところに山荘。ここからは、最初は細い切り立った尾根道だが、途中からは広い歩きやすい尾根道となる。
別山手前のまき道は「残雪時危険」とあったが、残雪なく少し危険な場所あったが、難なく通過。
別山乗越、テント地、剱澤小屋を通過した後、雪渓を4か所程度通過し剱山荘到着。
剱山荘は、水洗トイレ、温水シャワー、スペース畳一畳程度と設備充実、朝食5:30~のためその前出発の人は弁当であったが、食道にお茶とスープの用意があり、非常い良い山小屋であった。
二日目(剱岳)
一服剱までも鎖場あり。一服剱を超えると鎖場とアップダウンの連続。鎖場は登りと降りが別ルートとなっているところあり。
前剱を過ぎてすぐ、深い谷にかかる幅40cm×長さ5mぐらいの橋、その直後に鎖場と緊張の連続。平蔵の頭の鎖場は鉄の棒を刺した足場を足掛かりに登る。
そのあとに待っているのがかにのたてばい、10分程度渋滞した。最初は、鉄の棒を足掛かりとするが体重移動が難しかった。かにのたてばいを超えて一安心したが、そのあと山頂まで以外とあった。
山頂は到着時(7:50)はそれほど混んでなかったが、すぐに混んできた。残念ながら視界は全くなし。
下山でしばらく行くと、かにのよこばい。前の人が最初の足掛かりを見つけられず、一度戻っていた。足掛かりは、チェーンを持ちながら下をのぞき込むと、赤いマーカーがしてあるので、確認可能。ただ、後ろ向きになると少し混乱し、降り立つのに苦労した。また、降り立った後、左足を次の足場にかける際、その足場が少し遠かった。かにのこよばいの後にあるのが、垂直の鉄梯子、最初のステップを乗り越えるのが怖いが、はしごを支えるチェーンを手がかりとした。降りたところには携帯トイレ用の小屋。
前剱までは鎖場が数か所、前剱はまき道にて通過。前剱を過ぎると少し視界が開ける。
宿泊した剱山荘にて昼食(カレー1000円)、外のベンチにて食べる。
剱山荘から別山乗越えまでは、300mぐらいの登り。別山乗越えから雷鳥平までは長い下り。雷鳥平から室堂まではまた、200mぐらいの登り。
これまでで一番ハードだった。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、ライター、カップ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

バードさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    室堂はまだ全体的に雪に覆われていますが、一部夏道が出てきました。稜線で高山植物開花
    19年06月13日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

バード さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年6月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...