登山記録詳細

クライミング
参考になった 0
H29.8 立山、剱岳 剱岳 立山(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

tarky さん
  • 日程

    2017年8月10日(木)~2017年8月12日(土)

  • 利用した登山口

    室堂ターミナル  

  • パーティ

    2人 (tarky さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:扇沢周辺の駐車場に車を止め、
    トロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイ、またトロリーバスと乗り継いで室堂へ到着
    ちなみに運賃は片道5860円、往復券は5日間有効で9050円とだいぶお得

  • 天候

    初日:晴れのち曇り(富士の折立から先は霧の中)2日目:曇り(一服剣から先は視界100から300m) 3日目:曇りのち雨
    [2017年08月10日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
室堂ターミナル(08:55)・・・一ノ越(09:50)・・・雄山神社(11:05)[休憩 30分]・・・大汝山(11:45)[休憩 5分]・・・富士ノ折立(12:00)[休憩 30分]・・・大走り分岐・・・真砂岳(13:05)[休憩 5分]・・・南峰(14:00)[休憩 5分]・・・北峰(14:13)[休憩 5分]・・・南峰(14:25)[休憩 10分]・・・別山乗越(15:00)・・・剱澤小屋(15:35)

【2日目】
剱澤小屋(05:25)・・・剣山荘・・・一服剱(06:30)[休憩 7分]・・・前剱(07:15)[休憩 5分]・・・平蔵のコル・・・剱岳(08:40)[休憩 30分]・・・平蔵のコル・・・前剱・・・一服剱(10:55)[休憩 10分]・・・剣山荘(11:35)[休憩 25分]・・・剱澤小屋(12:25)

【3日目】
剱澤小屋(05:15)・・・別山乗越(06:05)・・・雷鳥平(07:15)[休憩 5分]・・・エンマ台・・・ミクリガ池・・・室堂ターミナル(07:58)

総距離 約19.3km 累積標高差 上り:約2,307m
下り:約2,307m
コースタイム 標準:16時間35分
自己:13時間31分
コースタイム倍率 0.82
初日:スタートは超いい天気、一の越から雄山神社までは大行列。前の人が進んだ分だけ自分も進めるという状態。止まっている間は、深呼吸して高山病対策。
 雄山を過ぎると人の数はガクッと減る。ゆっくり写真を撮りながら進む。大汝山あたりで雲が多くなってきて、富士の折立で完全に霧(雲?)の中。
 そこから先は視界100~300mの霧の中進み劔御前小屋まで進む(別山では実際30mくらい先しか見えない状態)。ここから劔沢小屋までの下りは非常にクリアな中歩けました。
2日目:劔沢小屋で5時に朝食、30分位前に起きて身支度をして食べたら出発と考えていたが、3時頃から早や出発の人たちがゴソゴソやっていて目が覚める。お互い様なので特に文句も言わず。予定通りに動き5時半頃出発。
 ずっと曇り、一服剣から上は雲の中。前後ともに見えるところにグループで登っている人がいるという程度で、混むというには程遠い状態の中テンポよく進む。鉄橋のところと、カニのタテバイところだけ、少し人がつまっているといったところ。どちらも3分以内の待ちで、待ちとは言えないレベル。(劔沢小屋では、カニのタテバイと、カニのヨコバイのところではともに1時間待ちと聞いていた)
 山頂は霧の中。正直、達成感は1/3位か。「ちゃんと上りました」と証拠写真を撮り、それでも、ちらっとでも晴れないかと、しばらく粘ってみるも寒くなってきたので諦めて下り始める。カニのヨコバイは怖そうなので、下りだけでもとハーネスを装着してかかる。
 上りよりも下りでの事故が多いと聞くので要所要所で休憩をはさみ下山。
途中、剣山荘によってビールとおでんをいただき、気力の充実を図ってから劔沢小屋へ帰る。
 劔沢小屋は時間制ながらシャワーが使えるので、しっかり汗を流してから昼寝。めちゃめちゃ熟睡。
3日目:昨日の天気予報では雨と出ていたが、朝起きるといつ降り出してもおかしくないくらいの曇りながらも雨は降っっていなかった。できれば、Dryの状態で雷鳥沢まで行きたいので予定を繰り上げて出発。するも残念ながら、雷鳥沢の下りを折りきる少し手前で雨が落ちてくる。急いでレインウェアを着こみ再出発。
 自分のレインウェアは安物で非常に蒸れるためえらく汗をかく。絶景ポイントごとにベンチが設置されていて、いろいろな所で休憩ができるようになっているのはわかるが、この雨の中では座って休む気になれず一気に階段を進み室堂到着。
 室堂到着後、もう雨でなのか汗なのかわからないが、全身ぐっしょりだったので玉殿の湧水をがぶ飲み。うまかったです。
 

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、環付きカラビナ、スリング(シュリンゲ)、ハーネス、ヘルメット
【その他】 歯ブラシ スマホ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

tarkyさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    雪融け進んできました。室堂平でも一部地表が見えています。ミヤマキンバイなど咲き始め
    20年06月25日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

tarky さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月4日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!