登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
大キレット 201708 南岳、北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ホワイトマウンテン さん
  • 日程

    2017年8月12日(土)~2017年8月14日(月)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉駅  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:8/11 21:54 自宅発、8/12 2:30 道の駅「奥飛騨温泉郷上宝」車中泊。(奥飛騨温泉郷栃尾・新穂高間土砂崩れ工事夜間通行止め~AM5:00)
    8/12 4:30発、5:28 鍋平無料駐車場着、徒歩20分で新穂高温泉着。登山届提出、下山届カードもらう。

  • 天候

    8/12:曇り 8/13:曇/霧一時晴れ、8/14 曇/霧時々晴れ午後3時頃一時雨 
    [2017年08月12日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
新穂高温泉(06:21)・・・新穂高温泉駅(06:25)・・・穂高平小屋(07:25)[休憩 25分]・・・奥穂高岳登山口(09:00)[休憩 5分]・・・滝谷出合(10:00)[休憩 10分]・・・槍平小屋(11:00)

【2日目】
槍平小屋(04:40)・・・西尾根のコル(07:00)[休憩 15分]・・・南岳小屋(09:20)[休憩 10分]・・・天狗原稜線分岐(09:30)[休憩 10分]・・・南岳小屋(09:44)[休憩 5分]・・・A沢のコル(11:58)・・・北穂高岳(14:00)

【3日目】
北穂高岳(05:50)・・・涸沢のコル・・・涸沢岳(08:04)・・・穂高岳山荘(08:20)[休憩 10分]・・・奥穂高岳(09:08)[休憩 40分]・・・穂高岳山荘(10:25)[休憩 10分]・・・荷継小屋跡(12:18)[休憩 10分]・・・重太郎橋(13:20)・・・奥穂高岳登山口(14:10)[休憩 10分]・・・穂高平小屋・・・新穂高温泉駅(15:35)・・・ロープウェイ(15:55-16:03)・・・鍋平無料駐車場(16:20)[準備 20分]・・・深山荘入浴(16:55-18:10)・・・自宅(22:45)

総距離 約26.0km 累積標高差 上り:約3,329m
下り:約3,309m
コースタイム 標準:22時間10分
自己:21時間4分
コースタイム倍率 0.95
2017年盆は天候が不順で、8/12-13のみ晴れ間の予報なので、11日テニス後、夜出発、夜行3泊4日のテント泊で計画した。ザックは冬より5kgほど軽量の17kgとなった。松本ICに向け圏央道から中央道長野道と進んだが、塩尻の先で事故通行止めで一般道となる。栃尾から新穂高に向かうと土砂崩れ工事の為朝5時まで通行止め。指定の道の駅「奥飛騨温泉郷上宝」車中泊(2:30)。

8/12  4:30開通待ちに並び、運良く無料駐車場の空きに駐車。準備し、20分下り新穂高温泉登山指導センターに届を
提出し6:21出発。途中から東京の方と同行し、槍平に11:00到着、受付(¥1000)後テント設営。(小屋で南岳へのルートは橋が壊れていて通り難いので、飛騨乗越回りを勧められた) 食事とビール小2本(¥1000)で憩う。前日よりの寝不足で疲労し20:00頃就寝。

8/13 3:40起床、4:40出発。 20分程で2100m付近の雪渓下方でルートと橋が壊れた沢を慎重に渡った。樹林帯尾根の急登が続くと2700mの岩場から左にトラバースすると南岳小屋に着いた
。小屋前にザックをデポし5分で頂上着、後、9:55ヘルメットを装着し大キレットから北穂に向け出発。
いよいよ難所の始まりであるが不安感はなく寧ろ楽しみであった。延々と続く高度感のある梯子や難所には鎖やボルトが設置されているが浮石も多く気が抜けない。曇りがちであり展望は利かないが暑過ぎずこの時期としては条件が良かった。長谷川ピーク、飛騨泣きと難所をクリアしたが所々ザックが引っ掛かり苦労した。北穂の最後の登りは、以前とは違い左に回り込んで小屋の正面からとなっていた。テント(¥700)の受付をし、ビール/水1L(¥500/¥200)を購入し、頂上へ。頂上は展望がガスで得られなかったが、証拠写真を撮り、5分程下って斜面のテント場に着く。(14:30頃) トイレや水場は小屋まで行くが中々辛い。(夕食後、20:00就寝)

8/14 3:40起床、朝食後、小屋に寄り水1L購入し、頂上展望満喫し5:50出発。北穂、涸沢岳間も岩稜続きで大キレットと難易度は変わらない。富士山を始め北アルプス全体や加賀の名峰白山も雲海に浮かび、この山行を充実させる。やがて突然岩場が無くなり緊張から解放され涸沢岳の頂上に着く。奥穂やジャンダルムを眺め、程なく穂高岳山荘着。(8:20)
 サブザックで40分程登ると3190mの奥穂高岳頂上に着いた。頂上で記念写真撮りで10人程順番を待ってポーズをとる。9:25山荘前に戻りザックを整えながら、隣の女性登山者と歓談後、
白出沢(しらだしさわ)を下山開始。足に痛みが出て早くは歩けなかったが休みながら下り、白出出合の奥穂高岳登山口に着いた。(14:10) 途中降雨があり雨具を付けたが直に止んだ。林道入口ゲートで下山届カードをポストに入れ15:35新穂高ロープウェイ駅に着き、荷物代を含め切符を購入。(¥400/¥100)15:55発臨時便で鍋平駅着後、15分程で車に着いた。
 17:00頃から深山荘に寄り内風呂をもらい、露天風呂に入浴し、雲ノ平山行の中年3人組の山談義を楽しみつつノンアルコール2本を楽しむ。(ビールが飲みたかったなぁー)
湯上がり後、上宝道の駅で夕食を摂り、安房トンネルを抜け、小仏トンネル付近で5k程の渋滞はあったものの22:45帰宅。

  

登山中の画像
  • チビ谷通過
  • 滝谷出合
  • 槍平のテント場(この日は約70張程となった)
  • my tent
  • 槍平小屋のトイレが新しい。水は豊富。
  • 南岳新道の2100m付近の沢が、雪渓が例年より多く、橋が流されているため通過が困難。(初心者のみでは厳しい)
  • 槍平小屋は、売店と素泊まりができるが、軽食もある。
  • クルマユリ
  • 夜明け前出発。
  • 橋の無くなったこの雪渓の下部を通過する。
  • ばら野イチゴが旨い。
  • ニッコウキスゲ
  • ハクサンフウロ?
  • 2600m
  • 2600m付近に救急箱あり。非常に心強い。
  • 2700m
  • キバナシャクナゲ
  • ヨツガシオガマ
  • 2800m付近 南岳小屋が近い
  • ミヤマダイコンソウ
  • 南岳頂上 3033m
  • 南岳小屋
  • ウサギギクとヨツバシオガマ
  • 大キレット 1
  • 大キレット 2
  • 大キレット 3
  • 大キレット 4
  • 長谷川ピーク付近
  • 長谷川ピーク 2841m
  • 2818m
  • 矢印や〇で確認しながら行けば迷うことはない。
  • ナイフリッジが続く
  • 飛騨泣き
  • 黄世永(ハンセヨン)さんと
  • 北穂頂上 3106m
  • 右:北穂頂上と小屋 左手前:テント場 往復がつらい
  • 常念岳 2857m
  • テント場(21番)
  • 8/14朝 常念岳にご来光も雲間
  • 槍ヶ岳と右奥に後立山連峰(鹿島槍)
  • 右:前穂高岳3090m 中央右:奥穂高岳3190m
  • 中央右:常念岳2857m 左:横通岳2767m
  • 北穂、涸沢、奥穂分岐(奥穂に進む)
  • 北穂南岳を背に、槍ヶ岳
  • 険しい稜線が続く1
  • 険しい稜線が続く2
  • 涸沢岳頂上3110m
  • 涸沢岳頂上より 右:ジャンダルム3163m 左:ロバの耳
  • 前穂3090mの鋸歯 奥に南アと左端に富士
  • 穂高岳山荘着 サブザックで奥穂へ
  • 奥穂高岳山頂3190m(日本3位)
  • 2200mまで下った
  • 穂高岳小屋夏道(近道)入口 後30分で登山口着
  • 新穂高ロープウェイ駅にて(値上げされてる!!)
  • 深山荘の湯、いつものようにお世話になり、さっぱりしました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、テント、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ホワイトマウンテンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ホワイトマウンテン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年3月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...